注目のスタートアップ

オルタナティブ投資プラットフォーム「LUCA」を開発する「LUCAジャパン」が資金調達

company

2022年7月25日、LUCAジャパン株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

これにより、累計調達金額は2億5,150万円となっています。

LUCAジャパンは、オルタナティブ投資プラットフォーム「LUCA」を開発しています。

ヘッジファンド、プライベートエクイティ、ベンチャーキャピタル、プライベートクレジットファンド、不動産・道路・鉄道などのインフラへの投資などであるオルタナティブ投資を、幅広い日本の投資家にもアクセスできるようにすることを目的としています。

2022年7月現在、適格機関投資家特例業務を利用した初の1号ファンドを設立し、ファンド投資家との対話、情報発信を進めています。

今回の資金は、チームの拡大、情報発信の強化の加速に充当する予定です。

オルタナティブ投資とは、株式や債券といった伝統的資産と呼ばれる資産以外への投資のことです。

オルタナティブ投資の対象として代表的なものは、不動産、ヘッジファンド、未上場株式、コモディティ、インフラ資産の5つです。

オルタナティブ投資の対象は、株式や債券といった伝統的資産の値動きとの相関が弱く、さらにさまざまな投資先があるため、オルタナティブ投資をポートフォリオに含めることで投資リスクを分散できます。

このような特徴から、多くの機関投資家によって利用されている投資方法となっています。

一方でオルタナティブ投資には、大口の投資でないと投資できないものが多い、投資プロセスが複雑、情報が少なく不透明といった特徴があるため、個人投資家が手を出しにくい投資手法でもあります。

LUCAは、より広範な投資家がオルタナティブ投資にアクセスできるよう、オルタナティブ投資プラットフォーム「LUCA」を開発しています。

起業後、法人の口座で資産を運用する場合があると思います。しかし資産運用は専門的な知識が必要となり、また法人として行う場合の注意点もあります。創業手帳は無料で専門家を紹介していますので、ぜひご活用ください。また、起業に必要なノウハウをまとめた「冊子版創業手帳」も無料で送付しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LUCA LUCAジャパン インフラ投資 オルタナティブ投資 ファンド プライベート・エクイティ プライベート・デット プラットフォーム ヘッジファンド 投資 投資家 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「GMOクリエイターズネットワーク」と「GMOあおぞらネット銀行」 個人事業主への金融支援分野で協業
2021年8月2日、GMOクリエイターズネットワーク株式会社は、GMOあおぞらネット銀行株式会社と協業することを発表しました。 この協業は、個人事業主向けに金融支援を行うことを目的としたものです。 G…
マンガに特化した機械翻訳技術サービス開発の「Mantra」が8,000万円調達
2020年6月8日、Mantra株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マンガに特化した機械翻訳技術を保有しており、マンガの高速な多言語展開を可能にする法人向けサービ…
SNS営業自動化の「チャットブック」が1億円調達
2019年12月17日、株式会社チャットブックは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SNS営業を自動化してくれる顧客獲得システム「ChatBook」を運営しています。 国内外有数のC…
医療機関向け臨床現場即時検査(POCT)機器など提供の「ジーニアルライト」が2.4億円調達
2020年7月6日、ジーニアルライト株式会社は、総額2億4,030万円の資金調達を実施したことを発表しました。 小型・高感度・低ノイズの光センサーの研究開発・製造技術を持ち、医療機関向け臨床現場即時検…
マルチ・チャネル・コマース・プラットフォーム「Shopify」で様々な新機能の提供が開始
2020年9月29日、Shopify Japan株式会社は、「Shopify(ショッピファイ)」において、日本向け新サービスを2020年9月29日(火)から順次開始することを発表しました。 「Shop…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ