スペース・デブリ除去サービスに取り組む「アストロスケールホールディングス」が55億円調達

company

2020年10月13日、株式会社アストロスケールホールディングスは、総額約55億円の資金調達を実施したことを発表しました。

持続可能な宇宙環境を目指し、スペース・デブリ(宇宙ゴミ)除去サービスに取り組んでいます。

英国では、軌道上でのサービス業務を行うミッションの運用基盤として、最先端の国立軌道上サービス管制センターをオックスフォードシャー州ハーウェルに構えています。また、今年度打ち上げを予定している大型デブリ除去実証衛星機「ELSA-d(エルサディー)」の運用に向け準備を進めているようです。

また、2019年に開設した米国拠点では、デブリ問題に対し、事業開発や法規制の面から取り組んでいます。

2020年6月から、子会社のイスラエル拠点を設け、衛星寿命サービス(LEX)技術の発展を担っています。

人類は数多くの人工衛星を宇宙に打ち上げており、これらのロケットの上段や運用を終えた衛星などは、スペース・デブリとして地球の周囲を漂っています。

JAXAによると、その数は年々増え続けており、10cm以上のスペース・デブリだけでも17,000個を超えるそうです。

スペース・デブリは超高速で飛翔しているため、わずか数cmのものでも宇宙機に衝突してしまうと甚大な被害をもたらします。

また、近年宇宙ビジネスは注目されており、世界市場は2030年までには70兆円以上になると予想されています。

中でも、宇宙ビジネスで大きな割合を占めているのが、衛星を打ち上げ、それにより得たデータを販売したり活用したりするサービスである衛星サービスです。宇宙ビジネスの発展のためにもスペース・デブリ対策は急がれています。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャー・キャピタルから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アストロスケールホールディングス スペース・デブリ 宇宙 宇宙ゴミ 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ