eスポーツ大会に特化したプラットフォーム「GameTector」運営の「RIM」が3,500万円調達

2020年6月18日、RIM株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

eスポーツ大会に特会したプラットフォーム「GameTector(ゲームテクター)」を運営しています。

エントリー選手管理、対戦表作成、結果報告システムにより、eスポーツ大会の円滑な開始・運営・参加を支援します。

また、戦績が蓄積されていくため、選手は自身の分析を行うことができます。

2019年1月にスタートし、これまで約9,000大会を開催しています。

今後、ゲーム会社と協力し、eスポーツ市場への進出を考えている企業や自治体への支援や、eスポーツ大会の文化として定着、コミュニティづくりなどを推進していく予定です。

2018年に開催された「League of Legends」の世界大会では、23,000枚のチケットが瞬時に売り切れたほか、平均同時視聴者数は4,700万人を突破しました。

eスポーツ・ビジネスも野球などのスポーツ・ビジネスと同様に、ファン・視聴者からコンテンツの対価(グッズや視聴料など)を受け取るか、広告主から広告費を受け取るビジネス・モデルとなっています。

選手が使う機材には様々なもの(PC、マウス、モニタなどの周辺機器や、エナジー・ドリンクなどの飲食物などなど)があり、そのメーカーがスポンサーとなります。日本のeスポーツの市場規模は、2019年において61.2億円で、そのうちの75.7%をスポンサーが占めています。また、2022年には市場規模が倍になることも予測されています。

5Gの普及でネット環境が整うことでゲームのプレイング人口がさらに増えることが考えられるため、eスポーツ市場もそれに合わせて爆発的に拡大していく可能性があります。

このようなプラットフォーム・ビジネスは、利用者やコンテンツの拡充がビジネスの成長に直結するため、営業が重要となってきます。「冊子版創業手帳」では、リソースが足りない創業期において、営業を支援してくれるツールの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eスポーツ GameTector RIM ゲーム プラットフォーム 大会 支援 株式会社 管理 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ