注目のスタートアップ

知育玩具サブスク「トイサブ!」運営の「トラーナ」が3.7億円調達

company

2022年4月21日、株式会社トラーナは、総額3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

トラーナは、乳幼児向けおもちゃ・知育玩具サブスクリプションサービス「トイサブ!」を運営しています。

0歳~5歳以上の年齢別の玩具を用意し、月齢に応じて定期的に届けるサービスです。

木製おもちゃや、英語のおもちゃ、プログラミング思考を養うおもちゃ、学習おもちゃなど、様々なジャンル・種類の知育玩具・おもちゃを提供しています。

今回の資金は、効率的なオペレーションや快適な顧客体験をより高い水準で実現するためのシステムの構築、「トイサブ!」の魅力を高めるためのプロジェクト推進、マーケティング、人材採用に充当します。

乳幼児の発達のためにはおもちゃが非常に大きな役割を果たすことがわかっています。

しかし乳幼児の急激な成長に合わせてその都度おもちゃを購入しないといけないため、経済的な負担が大きいことが乳幼児を持つ家庭の課題となっています。また、おもちゃを購入してからでないと気に入るかどうかがわからず、最初は気に入っていたのにすぐに飽きてしまったという場合もあります。

こういうことからおもちゃを気軽に購入することは躊躇われます。また、経済的に余裕のある家庭であっても、おもちゃがどんどんと増えていき、家のスペースを占領してしまうという問題が発生するでしょう。

サブスクリプションサービスは、こういった問題を一挙に解決してくれます。特に成長の早い乳幼児には相性が良く、幼児服や、ベビーカー・ベビーチェアなどのサブスクリプションサービスも登場しています。

新規事業の開発には、自社の強み・弱み、市場の機会・驚異を分析することが重要です。「冊子版創業手帳」では、事業を分析するためのフレームワークを掲載しています。自社の強みや市場の機会を明らかにすることで、ブルー・オーシャンを見つけだすことができるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ おもちゃ サブスク サブスクリプション トイサブ! トラーナ 乳幼児 子ども 子供 教育 株式会社 玩具 知育玩具 資金調達 赤ちゃん
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

地域SNSアプリ運営の「PIAZZA」が1.4億円調達
2019年12月5日、PIAZZA株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 地域SNSアプリ「PIAZZA(ピアッツァ)」を運営しています。 地域密着イベントや、保育…
つけっぱなしが可能な配管減肉モニタリングシステム展開の「CAST」が4,000万円調達
2022年4月4日、株式会社CASTは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CASTは、熊本大学の研究成果である「ゾルゲル複合体圧電デバイス」技術を活用した耐熱性とフレキシブル…
D2Cアパレル「SOÉJU」運営の「モデラート」 D2Cビューティブランド「IMAI」を3月以降にローンチへ
2022年3月15日、モデラート株式会社は、2022年3月下旬以降、新たにビューティ事業に参入しD2Cビューティブランド「IMAI(アイマイ)」をローンチすることを発表しました。 モデラートは、シーズ…
地域ビジネスのための顧客データ収集・連携・活用プラットフォーム「Horai」提供の「scheme verge」が資金調達
2022年5月10日、scheme verge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サンケイビルと、三菱UFJキャピタル株式会社が運営するファンド(三菱UFJキャピタル…
点検業務に関連するロボットやAIを開発する「オングリットホールディングス」が8,000万円調達
2022年4月25日、オングリットホールディングス株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 点検業務に関連するロボットや人工知能システム(AI)の開発や、インフラ点検事…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ