日本の創業後全ての会社に必ず届く「会社の母子手帳」創業手帳。
創業手帳の中でも資金調達に特化した創業手帳が別冊・資金調達手帳です。

資金調達手帳

起業家・経営者のみなさまへ

こんなお悩みありませんか?

  • やりたい事業はあるけど資金が足りなくてスタートできない。
  • とにかくキャッシュを確保したい!何か良い方法はない?
  • 補助金って?どこに行けば資金調達ができるの?
  • 出資をうけたい。どんなポイントを見られるの?
  • 上場したい!資金調達のために何を準備すれば良いの?
  • クラウドファンディングで成功するコツを知りたい

資金調達の疑問は無料の資金調達手帳が解決します!

今回の改訂のポイント

ポイント1

無料はそのまま!2倍のページボリュームで内容充実

無料でありながら、使える情報が掲載されているとご好評をいただいておりましたが、別冊であるがゆえに情報掲載量に限度があるのが問題でした。しかしながら今回の改訂ではスポンサー企業様のご協力もあり、クオリティーも情報量も2倍にすることが可能となりました。内容充実でもちろん無料のままです。他の媒体ではなかなか掲載できないリアルな情報でボリュームアップしているところが今回の改訂の最重要ポイントとなっています。
ポイント2

エンジェルやVC出資担当者など現場の生の声を反映

これまでの創業融資や補助金・助成金などの基本情報に加えて、今回の改訂では資金調達現場の生の声を重点的に集めて編集しました。そのため現役のエンジェル投資家やベンチャー・キャピタル(VC)出資担当者などのキーマンに直接インタビューし、どのような起業家に資金提供しているのか率直に聞いた情報をまとめました。合わせて弊社が保有する起業家データベースを元に、裏付けのあるよりリアルな資金調達情報を掲載しています。
ポイント3

クラウドファンディングなど新しい資金調達手段にも完全対応

テクノロジーやサービスの進化と共に資金調達の手段も多様化しています。中でも昨今注目を浴びているクラウドファンディングは聞いたことはあっても、どう始めればよいかわからないという声も聞こえてきます。今回の改訂ではクラウドファンディングで成功するためには何を始めればよいのか、またどのように事業をPRしていけばよいのかなど資金調達成功者、サービス運営者双方から実際にいただいた情報を元に分析し掲載しました。

資金調達の「どんな」「どこで」「どうやって」に完全対応!

「資金調達手帳」とは?

資金調達の方法や創業計画書の書き方を解説した書籍は多いですが、資金調達手帳の情報はそれだけに留まりません。資金調達手帳は、私たちが実際に起業家コンサルティングをおこなう中で溜まった知見とビッグデータに基づく生きた資金調達に関する情報を集約した一冊です。
日本政策金融公庫の創業融資を始めとしたベーシックな情報はもちろん、ベンチャーキャピタル(VC)による出資ポイントや、クラウドファンディング成功のコツ、上場を目指す場合の管理体制についてまで、どなたにも理解しやすいように噛み砕いて解説しています。

特徴1

内容充実の大幅改訂。
業界最大級の質とボリューム

最新の資金調達手段に対応

創業コンサルティングによる最新データを追加し、質はそのまま2倍の情報量に改訂しました。資金調達の種類・手段はもとより、どうすれば、どういう行動が資金調達を成功に導くのか。データから導き出された資金調達成功者の共通点とは?業界最大級のスピードとボリューム感で最新の資金調達情報をご提供します。

特徴2

会社創業期から上場まで
成長に応じた資金調達を紹介!

会社の成長期に応じた調達手段に対応

資金調達手帳なら創業期から上場狙いまで会社の成長に応じた資金調達手段が一目瞭然です。VCが出資するうえで見ているポイントや近年注目されているクラウドファンディングで成功するコツなどの情報も。知識や情報がないことで最新の資金調達手段を知らずに逃してしまわないようにしっかり知識をインプットできます。

特徴3

補助金・助成金だけじゃない。
資金調達の本質に迫る!

最新の資金調達手段に対応

資金調達の手段としてリスクの少ない補助金・助成金を最初に考える経営者は多いです。しかし実は最初に融資を検討することで、補助金や出資、次の融資実行の確率が格段に上がります。このような実務ノウハウに加え、共同起業の持株シェア問題やキャッシュフロー改善など実践的な内容を徹底解説しています。

創業から上場まで対応。融資を成功させたいなら!

例えばこんな情報が無料で手に入ります。
資金調達手帳で得られる情報5選

会社のお金を回すべし!資金繰りに詰まれば倒産する。

経営において最も重要なのは資金繰り(キャッシュフロー)です。たとえ損益が黒字でも資金繰りがショートすれば会社は倒産します。資金繰りを回すためには資金調達を「知っている」ことが必要です。資金調達手帳では公的・民間融資をはじめ、補助金、VC出資や、クラウドファンディングや私募債など、資金調達のあらゆる内容を扱っています。

VCの出資をねらう!ベンチャーキャピタルの本音とは?

スタートアップ市場の盛り上がりで、出資が身近になりつつあります。通常は滅多に聞くことのできないベンチャーキャピタリストの本音を掲載しました。出資で余裕資金を確保するのもキャッシュフロー健全化の選択肢の一つです。IPOなどのスケールを狙う場合は視野に入れておきたい選択肢です。

キャッシュフロー改善のマル秘テクニックとは?

情報を得て頭で理解できてもなかなか行動に移せないこともあります。資金調達手帳を使えばチェックシートにそって知識を確認しながら具体的にキャッシュフロー改善に着手できます。資金調達はもちろん、キャッシュイン・キャッシュアウトの見直し、管理体制の見直しなど、実行できているか振り返りながら進捗管理しましょう。

創業計画書の書き方も充実。資金調達のためにやるべきこと。

どの資金調達方法でも重要なのは資金調達を成功させること。資金調達手帳では融資、出資を成功させるというスタンスで、重要なポイントを明確にして、揃えるべき書類、書き方を解説しています。単なるマニュアルとは違う、資金調達を成功させるための必須アイテムに仕上げました。

1週間で借り入れ可能な融資も。

金融機関の融資は公的融資、銀行、信用金庫・組合それぞれに難易度や利率、スピード感に違いがあります。地域密着型の信用組合では1週間で借り入れできるサービスもあります。資金調達手帳ではただやみくもにサービスを羅列するようなことはしません。本当に利用できる融資制度を厳選してお届けします。

資金調達の疑問は無料の資金調達手帳が解決します!

資金調達手帳 特別インタビュー

株式会社グロービス マネージング・パートナー 仮屋薗 聡一

株式会社グロービス マネージング・パートナー 仮屋薗 聡一

ベンチャーキャピタル「出資のポイント」

ベンチャーキャピタル(VC) とは、創業間もないベンチャー企業に出資をする会社のこと。株式会社グロービスは、ベンチャーキャピタリストのランキングで1 位とされることも多く、ベンチャーキャピタル業界でも一目置かれる存在だ。今回は、そのグロービスのマネージングパートナーであり、GREE やユーザベースなどへの投資実績を持つ仮屋薗さんに、「出資」か「融資」かを決める際の判断基準や、資金調達のタイミングなどについてうかがった。

Fenox Venture Capital CEO アニス・ウッザマン

Fenox Venture Capital CEO アニス・ウッザマン

日本の若者は世界にチャレンジして欲しい。そのための架け橋になる!

日本のみならず、世界各国でも投資活動をしているFenox Venture Capital(以下フェノックス)。2016年からは、全世界のスタートアップを対象に、スタートアップ企業世界一を決める「スタートアップワールドカップ」を開催させるなど、世界中の起業家や投資家にその活動を注目されているベンチャーキャピタル(以下VC)だ。今回はフェノックスのCEO であるアニス・ウッザマンさんに、投資家から見た「投資したい企業のポイント」や、スタートアップワールドカップに込めた想いをうかがった。

リアルテックファンド代表 永田 暁彦

リアルテックファンド代表 永田 暁彦

テクノロジーのプロが集結した「リアルテックファンド」

リアルテックベンチャー企業に投資するファンドの代表者であり、ミドリムシを主力事業とするベンチャー企業・ユーグレナの取締役でもある、永田暁彦氏。ファンド的視点と、ベンチャー企業的視点の2つを持つようになった経緯、さらにベンチャー企業に投資する際にチェックしているポイントや、ミドリムシを世間に広めていった経営戦略などについてうかがった。

ランサーズ株式会社 代表取締役社長 秋好 陽介

READYFOR株式会社 代表取締役 米良 はるか

クラウドファンディング成功の3 つのコツ

起業家の中には、公的融資、出資などと並びクラウドファンディングで資金を集めようという方も多く、資金調達の手段として一般化されつつある。国内の代表的なクラウドファンディングであり、サービス運営たけでなく、プロジェクトの立ち上げ方、成功の仕方まで一貫してアドバイスまで行うREADYFOR 株式会社の米良社長にクラウドファンディングを成功させるコツを聞いた。

もらわなきゃ損! 創業手帳 無料配送キャンペーン

無料!

本体・送料 完全無料でお届け!

さらにお得

創業手帳だけの割引サービスも!

支援!

コンサル・セミナー、起業家交流会などの情報満載!すべて無料でうけられます!

さらに

Special特典

「選べる起業応援パック」と同時プレゼント

【起業応援パック】数あるツール、サービスの中から創業手帳が「本当に起業時に役立つ!」と判断したサービス資料・クーポンのみを集めました。 数多くの起業家が実際に使っている、スタートアップに必要なものばかり、もちろんすべて無料です!

スポンサー

資金調達の疑問は無料の資金調達手帳が解決します!

よくあるご質問

これだけの内容の資金調達手帳を無料配布できる理由とは?

これだけのクオリティを保ったまま創業手帳及び資金調達手帳を無料で起業家の皆様の元へお届けできるのは、創業支援に力を入れている多くの企業様や支援団体様からのご協賛・ご協力により作成・配布することが可能となっているからです。

創業手帳

「会社の母子手帳」創業手帳について

創業手帳とは日本の「創業の成功率を上げる」ために、全国の公的機関・大手企業が協賛して「創業直後の全ての会社」に無料で送付している「会社の母子手帳」です。
毎月15000部発行し創業に必要なノウハウを掲載しています。日本における創業の成功率を上げることで日本経済を活性化することが創業手帳のミッションです。

創業手帳を発行している創業手帳株式会社とは?

日本の創業成功率アップを目的として、日本で初めて会社設立後に届く創業ガイドブック「創業手帳」を始めた会社です。
他に「飲食開業手帳」「創業手帳woman」など創業に関わる14のメディアを運営し、海外でもメディア展開を行っています。国内では東京・大阪・福岡に拠点があり創業フリーダイヤルでの無料相談、創業アドバイザーによる対面での無料アドバイスも行っている日本を代表する創業の総合サポート企業です。

実績は?

創業手帳は月間15,000部が無料で配布されており、全国の金融機関や官公庁や士業・インキュベーションなど創業支援業界で多く利用されています。
創業手帳の読者からの問い合わせは月間1000件、創業アドバイザーによる対面の創業相談は月間100社に上り、創業手帳では編集部とアドバイザーが一件一件対応しています。取材や、実際に体験した記事だけでなく、起業家からの膨大な相談を元に生きたリアルタイムの創業ノウハウを創業手帳に反映し、毎月改訂し続けているのが創業手帳が多くの起業家や専門家に支持されている理由です。

どの頻度で改訂されているの?

毎月改訂しています。創業に関わるノウハウは変化が激しいです。そのため創業手帳では毎月、最新の情報に内容をアップデートしています。全ての内容が変わるわけではありませんが、細かい点を常に更新し、最新の状態でお届けしています。

申し込みから到着までどのくらいかかりますか?

基本的に受付の翌営業日までにメール便で発送し、到着まで数日かかります。

パートナーや知り合いの起業家の分も欲しいんですがもらえますか?

はい。必要な冊数をコメント欄にご記入頂けましたらご対応致します。

資金調達の疑問は無料の資金調達手帳が解決します!

資金調達手帳お申込みフォーム

送付依頼お申込みフォーム

STEP1
資金調達手帳とご希望の特典や資料にチェックを入れてください必須
※ご希望のツールはすべて無料でお届けいたします。

STEP2

必要事項をご記入ください

法人格必須

会社設立月(※起業予定の方は設立予定月)必須


会社名(※起業予定の方は未定、個人の方は個人とご記入ください。)必須
郵便番号(半角数字)必須
都道府県必須

市区郡町村必須
番地(建物名等)必須

役職必須
お名前必須
お名前 (ふりがな)必須
性別任意

電話必須
メールアドレス(半角英数字)必須
業種(※起業予定の方は予定の業種)必須

業種(詳細な事業内容、又は前問で「その他」を選択した方)
従業員数(※起業予定の方は起業予定時の従業員数)必須

創業コンサルティング(無料)必須
※創業コンサルティングとは、創業手帳のアドバイザーが個別であなたのお悩みをお伺いする完全無料の個別相談です。特に創業融資などの資金調達、補助金、助成金についてや税務や労務、会社を立ち上げる際に必要最低限な知識やノウハウをお伝えします。

創業にあたりお悩みがあればご記入ください
STEP3

ここからはアンケート項目になります

1. 探している専門家・興味のあるサービス

2.「資金調達手帳」を知った経緯

3. 創業手帳を知った経緯 (前問で「その他」を選択した方のみ)
4. 創業手帳の利用目的
5. その他、コメントやご意見等がございましたらお聞かせ下さい
※複数冊の送付をご希望されるされる場合は必要な冊数をコメント欄にご記入ください
referrer
  • ご送付には「プライバシーポリシー(http://sogyotecho.jp/privacy_policy/)」へのご同意が必要となります。 ご同意の上、お進みください。
  • 在庫、利用目的によりお送りできないケースがございますので、あらかじめご了承ください。
  • 創業手帳編集部より到着確認やアンケートのご連絡をすることがあります。

※1 こちらの資料は飲食業及び関連業種の方のみにお送りいたします。 ※2 こちらの試供品は飲食店のみの提供となります。

起業に役立つツール、テンプレ、創業手帳・最新版や別冊の無料再発送も簡単、使い放題。 会員パスワード登録 会員登録ログイン時に必要です(登録する場合は必須)

■創業手帳ご送付に関するお問い合わせ

0120-689-486
  • 創業手帳を運営する株式会社創業手帳は、日本を代表する大手企業・官公庁・団体等に協賛・後援頂き、創業者には無料で運営しています。
  • みずほキャピタル・第一勧業信用組合・フューチャーベンチャーキャピタルなど大手金融機関・VCからも出資頂いており安心なサービスを提供しています。
  • 創業手帳は会社設立時に配布される創業のガイドブックで全国の金融機関や官公庁でも利用されています。
  • メール便で配送しています。送料も含めて一切無料です。

運営会社情報

  • 創業手帳編集部・創業手帳株式会社
  • 東京本社 東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル6階
  • 大阪営業所 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町 2-3-4 アソルティ本町 4階
  • 福岡営業所 〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目15-5 天神明治通りビル 2階
このエントリーをはてなブックマークに追加