注目のスタートアップ

アフリカ最大の小売店プラットフォームの構築を目指す「WASSHA」が11.4億円調達

company

2022年6月10日、WASSHA株式会社は、総額11億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

WASSHAは、アフリカ現地の購買行動の起点である小売店(キオスク)を活用したプラットフォーム事業に取り組んでいます。

2022年6月現在、未電化地域向けの電力サービス事業(Energy as a Service, EaaS)を展開しています。

自社開発した太陽光充電式のLEDランタンを、未電化地域の所得の安定しない一般消費者に向けて貸し出しています。

このLEDランタンの電源はAndroidアプリから制御でき、現地で普及してる電子マネー送金サービスで利用料金を支払った場合のみ1泊分利用できる仕組みです。

キオスクの与信判断を自動化するアプリケーションや、キオスクでの在庫管理を効率するアプリケーションを自社開発し、オペレーションで活用しています。

2023年内には、タンザニア・ウガンダ・モザンビーク・西アフリカへの進出を予定しています。

今回の資金は、新規事業や、既存事業のアフリカ域内での他国展開、IPOに向けた人材獲得、組織強化に充当する予定です。

独立行政法人国際協力機構の資料「JICAによるアフリカ電力開発支援」によると、2014年の時点では、サブ・サハラアフリカ全体の電化率は35%程度で、農村部に限ると19%と低い電化率になっています。人口でいうと6億人を超える人びとが電気のない生活を送っています。

こういった地域では固定電話もまったく普及していません。一方でフィーチャーフォンやスマートフォンは2000年あたりから普及し、2021年時点で携帯電話の普及率が90%を超えている国も多く、またモバイルブロードバンドにアクセスできる人口も50%前後となっています。

アフリカで携帯電話が急速に普及したのは、固定電話回線の線での整備よりも、基地局の点での整備のほうが手間もコストもかからないからです。

未電化地域も多いのですが、携帯電話であれば電気のある場所に行って充電をすればいいですし、太陽光発電といったものもあります。

こういった事情から、アフリカでは電話番号でお金のやり取りが行えるモバイル送金サービスが爆発的に普及しています。アフリカでは銀行口座も持っていない人が多く、クレジットカードも普及していないのですが、このモバイル送金サービスが銀行口座やクレジットカードの代わりを果たしています。

アフリカはインフラや法律の整備が遅れていますが、この状況を新たなビジネスを試すことができるとプラスに捉える企業も多く、携帯電話といったテクノロジーを軸としたサービスを展開する企業が増えているのです。

社会課題の解決は、ビジネスとして行えるものもあります。しかしビジネスとして成立させるためにハードルがあることも少なくなく、継続的に資金を必要とする企業もあるでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EaaS Energy as a Service LED WASSHA アフリカ キオスク ランタン レンタル 小売店 未電化地域
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

株式会社バンブーケミカル研究所 鶴羽正幸|コロナウイルス対策 深紫外LEDハンドドライヤーの事業開発が注目の企業
コロナウイルス対策に最適な深紫外LEDを応用したハンドドライヤーの事業展開で注目されているのが、鶴羽正幸さんが2010年10月に創業した株式会社バンブーケミカル研究所です。 コロナが蔓延しだして以来、…
「Tangerine」が小売店の来店分析・顧客エンゲージメントプラットフォーム「STORE360」のベータ版をリリース
2022年2月14日、Tangerine株式会社は、「STORE360」(β版)をリリースしたことを発表しました。 「STORE360」は、小売店向けの来店分析・顧客エンゲージメントプラットフォームで…
ハワイでのフォト・ウェディング専門店「アメリカンホリデーズ」が造花ブーケなどのレンタル・サービスを開始
2020年8月13日、株式会社アメリカンホリデーズは、株式会社LORANS.とパートナーシップを組み、アート・フラワー・アイテムのレンタル・プロジェクトを開始することを発表しました。 アメリカンホリデ…
ケニア発のマイクロ・ファイナンス・スタートアップ「HAKKI AFRICA」が資金調達
2020年4月16日、株式会社HAKKI AFRICAは、資金調達を実施したことを発表しました。 信用情報の存在しない貧困層の小規模事業者にも積極的に少額から融資を行う、マイクロ・ファイナンス事業を展…
企業向けの働くサードプレイスポートフォリオ「テレスペ」がリリース
2022年6月9日、テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、「テレスペ」を提供開始したことを発表しました。 「テレスペ」は、従量課金制のサテライトオフィスのポートフォリオを組むサービスです。 社員の居住…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ