注目のスタートアップ

NFTレンタルプラットフォーム「EXA」を開発する「Tavern」が3,450万円調達

company

2022年8月10日、Tavern株式会社は、総額3,450万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Tavernは、NFTをワンクリックで簡単かつ安全にレンタルできるプラットフォーム「EXA(エクサ)」を開発しています。

NFTゲームをプレイするにあたってはキャラクターやアイテムの購入、つまりNFTゲームへの参加権としてNFTの購入が必要となります。

このNFTは高額であることが多く、経済的な理由で遊ぶことができないプレイヤーが存在します。

そこで、NFTを買うことができないゲーマーにNFTを貸し出し、NFTゲームのプレイで得た報酬を分け合う、スカラーシップ制度というものが登場しています。

「EXA」は、このNFTゲームにおけるNFTの貸し借りの利便性を高めることを目的としたプラットフォームです。

「EXA」には「EXA for Scholarships(スカラーシップ)」と「EXA for Rentals(レンタル)」の2バージョンがあります。

「EXA for Scholarships」は、NFTホルダーが保有するNFTゲーム用のNFTの貸し借りを安全かつ効率的にするDAppです。将来的にはNFTホルダーはNFTを貸し出すことで収益を得ることが可能となります。

「EXA for Rentals」は、レンタル料を支払うことで、ユーティリティ(実用性)を持ったNFTをレンタルできるDAppです。ユーティリティを持ったNFTとは、NFTゲームをプレイすることや特定のコミュニティに参加する際に必要となるNFTのことです。

NFT(Non-Fungible Token, 非代替性トークン)とは、ブロックチェーン技術を活用することにより、改竄されていないことを証明する証明書のようなデータが記録されたデジタルデータのことです。

これまでのデジタルデータはコピーや改竄が容易だったため、漫画や音楽などのデジタルな著作物は海賊版といった不正な流通に悩まされていました。

しかしNFTはコピーや改竄がされていないことを証明できるため、デジタルデータの健全な流通を実現します。

たとえばゲーム業界においては、ゲーム内のアイテムと通貨の取引(売買)を健全に実装することができます。このNFTを活用したゲームをNFTゲームと呼び、NFTの流行と共に注目が高まっています。

NFTゲームでは、暗号資産を活用したゲーム内アイテムの流通が実装されており、ゲームをプレイすることでアイテムを手に入れることができ、またそのアイテムを売って暗号資産を入手することができます。

この仕組みをPlay to Earn(遊んで稼ぐ)と呼び、新たなゲームのトレンドとして今後のゲーム業界を変えるものとして注目されています。

一方で、人気となっているNFTゲームではアイテムなどの価格が高騰しているため、新たにはじめるには経済的に難しい場合があります。

この課題を解決するのがNFTの貸し借りとスカラーシップ制度なのですが、現状はNFTの貸し借りにあたってはSNSなどのアナログな手法か、スカラーシップ仲介業者を介したやり取りによって運用されています。

Tavernは、スカラーシップ制度を安全かつ効率的に実施できる環境を整備するため「EXA」を開発しています。

Tavern株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Tavern株式会社 代表取締役 小路真矢氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的

ブロックチェーン基盤とNFTを介した新たな経済活動及び雇用の創出・普及、並びに機会の平等に向けて挑戦することになります。さらには、数年後メタバース空間でNFTを簡単かつ安全にレンタルするために弊社の機能を広く使っていただくことを目標にしており、それに見合う優れたプロダクトを開発・普及するために資金を活用します。

・今後の展望

NFTゲーム、DAOを中心とするDAppsと協業体制を築き、メタバース実現の未来を想定しWeb3を一緒に作り上げていく。その中でも弊社は特に、NFTのレンタルの領域で第一想起を獲得することを目指しております。

・読者へのメッセージ

現在、NFT及び暗号資産の市況は不安定な状況にあると思います。しかし、数年後メタバースが実現し、広く普及することは確かだと考えており、弊社はその中でユーザーが使うようになるNFT、特にそのレンタルを可能にするプロダクトを開発しています。長期的な戦いになると思いますが、今回調達した資金を上手く活用し、事業をより加速させて参ります。

新たなビジネスの創出には資金が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DApps EXA GameFi NFT NFTゲーム Play to Earn Tavern エクサ プラットフォーム レンタル 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートホームやIoTヘルスケアの「リンクジャパン」が光回線「eo光」展開の「オプテージ」と資本業務提携
2022年6月1日、株式会社リンクジャパンは、株式会社オプテージと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 リンクジャパンは、不動産業界・ISP業界向けスマートホームサービス「eLife」や、…
女性向けメンタリティ教育サービス提供の「LiLi」が1億円調達
2021年7月27日、LiLi株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 女性向けのキャリアスクール「LiLi」、女子学生向け就活サポートコミュニティ「LiLiキャンパス」、女性メ…
不動産業向け管理・編集SaaS「Forest」運営の「オープンルーム」が2,500万円調達
2020年2月27日、株式会社オープンルームは、2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 不動産業向け管理・編集SaaS「Forest(フォレスト)」を開発・運営しています。 物件図面の…
アフリカ最大の小売店プラットフォームの構築を目指す「WASSHA」が11.4億円調達
2022年6月10日、WASSHA株式会社は、総額11億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 WASSHAは、アフリカ現地の購買行動の起点である小売店(キオスク)を活用したプラットフ…
著名人からのビデオメッセージを依頼できるサービス提供の「レターファン」が資金調達 サービスを正式ローンチ
2022年3月2日、株式会社レターファンは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「レターファン」の正式サービス提供を開始したことも併せて発表しました。 「レターファン」は、スポーツ選手やお笑…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ