注目のスタートアップ

鏡型デバイス「Fitness Mirror」を提供する「One Third Residence」が6,000万円調達

company

2022年6月9日、株式会社One Third Residenceは、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、既存投資家のHUAI I PRECISION TECHNOLOGY CO., LTDです。

HUAI I PRECISION TECHNOLOGYは、台湾の液晶パネル大手・友達光電(AUO Group)の子会社で、モニター事業、スイッチング電源・フィルタ回路器などの電子部品や、大型ゲーム機の生産などを行っています。

One Third Residenceは、等身大の鏡(姿見)型のオンラインデバイス「Fitness Mirror」を提供しています。

姿見にモニターが内蔵されており、映像と自分の姿を同時に映すことで、正しい姿勢でのトレーニングをサポートします。

35種類・400本以上のフィットネス・ウェルネスコンテンツの提供や、毎週35本以上の講師による生配信での動画レッスンの提供を行っています。

2022年4月から、「Fitness Mirror」本体とフィットネス・ウェルネスコンテンツの使い放題サービスを月額9,350円(税込)で利用できるレンタルプランを開始しています。

HUAI I PRECISION TECHNOLOGYからの出資を「Fitness Mirror」の製造・生産、アプリ開発に至るまでの包括的な目的で受託することで、安定的なサプライチェーンと製品クオリティの確保し、高機能を追求します。

新型コロナウイルスの流行により以前のように気軽に外に出られなくなりました。

自宅で過ごす人が増えたことで、運動やフィットネスの需要が高まりました。しかし、密な空間であるジムやフィットネスクラブに通うことは憚られるため、自宅でできるオンラインフィットネスが急激に注目されたのです。

これまでフィットネスサービスの多くはジムなどの施設で提供されていました。

しかし入会や体験などのハードルが高く、続けられるかどうかも定かではないため、潜在的なニーズはあっても利用者が急激に拡大することはありませんでした。

コロナ禍によって増加したオンラインでのフィットネスサービスは、自宅でフィットネスを行えますし、入会や退会も気軽に行うことができます。そのため、その市場を大きく拡大しているのです。

一方でオンラインフィットネスのクオリティについては、オフラインでのフィットネスには及ばないことがあります。

オンラインフィットネスではマンツーマンでインストラクターが指導してくれるサービスもありますが、スマートフォンやタブレットといった小さな画面ではよく見えず、もどかしい気持ちを抱くことも少なくないでしょう。

また、スマートフォンやタブレットを床においてレッスンを受ける場合、目線が下がってしまいます。こうした環境では姿勢が悪くなり、フィットネスやトレーニングのパフォーマンスが悪くなります。オンラインフィットネスの効果を最大化させるには、正しい姿勢を促すような専用のデバイスが必要となるのです。

ミラー型のトレーニングデバイスは、コロナ禍による自宅でのフィットネス需要の高まりを受けてアメリカで登場したサービスです。

トレーニングの映像を見ながら自分の全身を確認できることが大きな特徴で、他のトレーニングマシンとは違い、使わない時には鏡として利用でき場所を取らないことがメリットです。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレス・チェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AUO Group Fitness Mirror HUAI I PRECISION TECHNOLOGY One Third Residence ウェルネス オンライン コンテンツ スマート・ミラー デバイス トレーニング フィットネス フィットネスミラー レッスン レンタル 動画 姿見 映像 株式会社 講師 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「BetaMind」が8,000万円調達 BtoB特化の動画マーケティングクラウド「Vidbase」β版を提供開始
2022年10月13日、株式会社BetaMindは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Vidbase」β版の提供を開始したことも併せて発表しています。 「Vidbas…
会員制捜索ヘリ・サービス「ココヘリ」運営の「AUTHENTIC JAPAN」が2.2億円調達
2021年3月5日、AUTHENTIC JAPAN株式会社は、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 会員制捜索ヘリ・サービス「ココヘリ」を運営しています。 災害や遭難などでの…
建設業マッチング・アプリ運営の「助太刀」が7億円調達
2019年7月2日、株式会社助太刀は、総額約7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 建設現場と大工や左官などの現場職人をマッチングするアプリ「助太刀」を運営しています。 ほかには、その日の稼ぎ…
双方向データ伝送プラットフォーム「intdash」などを展開する「アプトポッド」が「マクニカ」「ヨコオ」と資本業務提携
2023年1月23日、株式会社アプトポッドは、株式会社マクニカ、株式会社ヨコオと第三者割当増資による資本業務提携を実施したことを発表しました。 アプトポッドは、双方向データ伝送プラットフォーム「int…
電子機器の放熱性の課題を解決する新素材「Thermalnite」を開発した「U-MAP」が3億円調達
2020年6月19日、株式会社U-MAPは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 名古屋大学 宇治原研究室(未来材料・システム研究所)の研究成果である繊維状窒化アルミニウム単結晶(「T…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ