注目のスタートアップ

鏡型デバイス「Fitness Mirror」を提供する「One Third Residence」が6,000万円調達

company

2022年6月9日、株式会社One Third Residenceは、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、既存投資家のHUAI I PRECISION TECHNOLOGY CO., LTDです。

HUAI I PRECISION TECHNOLOGYは、台湾の液晶パネル大手・友達光電(AUO Group)の子会社で、モニター事業、スイッチング電源・フィルタ回路器などの電子部品や、大型ゲーム機の生産などを行っています。

One Third Residenceは、等身大の鏡(姿見)型のオンラインデバイス「Fitness Mirror」を提供しています。

姿見にモニターが内蔵されており、映像と自分の姿を同時に映すことで、正しい姿勢でのトレーニングをサポートします。

35種類・400本以上のフィットネス・ウェルネスコンテンツの提供や、毎週35本以上の講師による生配信での動画レッスンの提供を行っています。

2022年4月から、「Fitness Mirror」本体とフィットネス・ウェルネスコンテンツの使い放題サービスを月額9,350円(税込)で利用できるレンタルプランを開始しています。

HUAI I PRECISION TECHNOLOGYからの出資を「Fitness Mirror」の製造・生産、アプリ開発に至るまでの包括的な目的で受託することで、安定的なサプライチェーンと製品クオリティの確保し、高機能を追求します。

新型コロナウイルスの流行により以前のように気軽に外に出られなくなりました。

自宅で過ごす人が増えたことで、運動やフィットネスの需要が高まりました。しかし、密な空間であるジムやフィットネスクラブに通うことは憚られるため、自宅でできるオンラインフィットネスが急激に注目されたのです。

これまでフィットネスサービスの多くはジムなどの施設で提供されていました。

しかし入会や体験などのハードルが高く、続けられるかどうかも定かではないため、潜在的なニーズはあっても利用者が急激に拡大することはありませんでした。

コロナ禍によって増加したオンラインでのフィットネスサービスは、自宅でフィットネスを行えますし、入会や退会も気軽に行うことができます。そのため、その市場を大きく拡大しているのです。

一方でオンラインフィットネスのクオリティについては、オフラインでのフィットネスには及ばないことがあります。

オンラインフィットネスではマンツーマンでインストラクターが指導してくれるサービスもありますが、スマートフォンやタブレットといった小さな画面ではよく見えず、もどかしい気持ちを抱くことも少なくないでしょう。

また、スマートフォンやタブレットを床においてレッスンを受ける場合、目線が下がってしまいます。こうした環境では姿勢が悪くなり、フィットネスやトレーニングのパフォーマンスが悪くなります。オンラインフィットネスの効果を最大化させるには、正しい姿勢を促すような専用のデバイスが必要となるのです。

ミラー型のトレーニングデバイスは、コロナ禍による自宅でのフィットネス需要の高まりを受けてアメリカで登場したサービスです。

トレーニングの映像を見ながら自分の全身を確認できることが大きな特徴で、他のトレーニングマシンとは違い、使わない時には鏡として利用でき場所を取らないことがメリットです。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレス・チェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AUO Group Fitness Mirror HUAI I PRECISION TECHNOLOGY One Third Residence ウェルネス オンライン コンテンツ スマート・ミラー デバイス トレーニング フィットネス フィットネスミラー レッスン レンタル 動画 姿見 映像 株式会社 講師 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業のDXを支援する「東京ファクトリー」が1億円調達
2021年1月25日、株式会社東京ファクトリーは、約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ANRIです。 また、製造業の生産現場向けSaaS「Proceedクラウド(プロシードクラ…
不動産オーナーと管理会社をつなぐ業務支援システム「WealthParkビジネス」など提供の「WealthPark」が25億円調達
2021年3月22日、WealthPark株式会社は、25億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社です。 不動産オーナーと管理会社を…
顧客紹介マッチングサービス提供の「Saleshub」が1億円調達
2021年7月14日、株式会社Saleshubは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 顧客紹介マッチングサービス「Saleshub」を運営しています。 知り合いと企業をつなぐことで成長…
民間の世界銀行を目指す「五常・アンド・カンパニー」が42.2億円調達
2019年10月17日、五常・アンド・カンパニー株式会社は、総額42億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 世界中の新興国で、低価格・高品質な金融サービスの提供を目指しています。 2…
中小企業のDXを促進する小規模システム特化型クラウドソーシング「RUNTEQ WORKS」がリリース
2020年5月12日、株式会社スタートアップテクノロジーは、「RUNTEQ WORKS」の提供を開始したことを発表しました。 「RUNTEQ WORKS」は、企業のDXをサポートする小規模システム特化…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ