注目のスタートアップ

オーディオ機器のサブスクリプションレンタルサービス運営の「ONZO」が1,500万円調達

company

2021年5月17日、株式会社ONZOは、総額1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

オーディオ機器のサブスクリプションレンタルサービス「ONZO」を運営しています。

ヘッドホンやイヤホンなどのオーディオ機器を月額2,046円~14,080円(税込)でレンタルできるサービスです。

プランによって料金は代わり、レンタルできる機器の種類・数が異なります。

最大3台まで同時にレンタルできること、自由な環境で試聴できることを特徴としています。

ヘッドホンやイヤホンは高価な機器でありながら、機器ごとに個性があったり装着感が重要であるため、試聴してから購入するユーザーが多くいます。

しかしオーディオ機器の視聴環境は都市部に集中しており地方に環境が少ないこと、店舗での試聴環境が自身の環境と違うことなどが大きな課題となっています。

「ONZO」はサブスクリプションレンタルによってこの課題を解決し、オーディオ業界の活性化を目指しています。

レンタルサービスなどは資金に制限のある創業期において便利な存在です。「冊子版創業手帳」では、創業期にとって大きな投資となるオフィスについて、レンタルやコワーキングスペースのメリット・デメリットを比較し、おすすめの形態を解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ONZO イヤホンh オーディオ サブスクリプション ヘッドホン レンタル 株式会社 機器 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

会話サマリーAI電話「ピクポン」を提供する「pickupon」が2.4億円調達
2022年6月15日、pickupon株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 pickuponは、会話サマリーAI電話「pickupon(ピクポン)」を開発・提供し…
中古車のC2Cプラットフォーム「Ancar」が手洗い洗車サブスクを10月リリース
2019年9月16日、株式会社Ancarは、2019年10月にリリースを予定している、手洗い洗車のサブスクリプション型サービスの事前登録キャンペーンを開始したことを発表しました。 このサービスは、月額…
データ生成現場にてAI処理し活用するエッジAI事業の「EDGEMATRIX」が9億円調達
2019年8月29日、EDGEMATRIX株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また引受先である、株式会社NTTドコモ、清水建設株式会社、日本郵政キャピタル株式会社とは、協業…
Web3事業をマーケティングの観点から支援する「Pacific Meta」が1.5億円調達
2022年11月16日、株式会社Pacific Metaは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Pacific Metaは、Web3事業をマーケティングの観点から支援してい…
BtoB受発注システム運営の「CO-NECT」が2.1億円調達
2020年12月22日、CO-NECT株式会社は、2億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 BtoB受発注システム「CO-NECT」を運営しています。 FAX・電話などのアナログな受…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ