注目のスタートアップ

スタートアップと投資家間のやり取りを効率化するデータ作成・共有プラットフォーム「smartround」を運営する「スマートラウンド」が資金調達

company

2022年9月6日、株式会社スマートラウンドは、1倍非参加型の優先株式で資金調達を実施したことを発表しました。

スマートラウンドは、スタートアップと投資家間のやり取りを効率化するデータ作成・共有プラットフォーム「smartround」を開発・提供しています。

スタートアップ向けサービスでは、株主総会・資本政策・経営管理・優待特典など、スタートアップ特有の管理業務を効率化できます。

投資家向けサービスでは、投資先や検討先から、資本政策・招集通知・会社情報・財務情報を統一フォーマットで共有されるため、管理業務を効率化できます。

VCなどスタートアップを支援する企業が「smartround」のパートナーとなることで、投資先・関係先スタートアップへの特典として、「smartround」スタンダードプランの基本料金を無料にできます。

今後、スタートアップが利用したくなる未上場株式のセカンダリーマーケットの実現や、海外展開を進めていきます。

今回の資金は、事業開発、プロダクト開発、組織開発に充当します。

国内のスタートアップの資金調達手段としては、VC(ベンチャーキャピタル)などの投資家を引受先とした株式発行による資金調達が主流なものとなっています。

事業を展開するためには資金調達は必要なもののひとつですが、多くの起業家はファイナンスに関して詳しいわけではないため、資金調達の実務に時間がかかったり、思わぬトラブルに見舞われたりといった課題を抱えています。

また、スタートアップを支援するVC側も、これまで投資案件や投資先企業の情報管理は表計算ソフトで行うことが一般的であるため、業務が非効率的となっているほか、人的ミスが生じることもあります。

「smartround」は、スタートアップと投資家の両方の課題を解決するプラットフォームです。

スタートアップ向けには、簡単に資本政策を運営できる機能や投資家とのコミュニケーション機能など資金調達実務を効率化するサービスを提供しています。

投資家向けには、投資先管理機能や、登録されているスタートアップ閲覧・共有機能など、必要な情報を簡単に集計・管理できるサービスを提供しています。

スタートアップの成長には資金調達が欠かせません。累計200万部を発行する起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなどを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ smartround スタートアップ スマートラウンド 効率化 投資家 株主総会 株式会社 業務 管理 資本政策 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

シニア向け暮らしサポートサービス「もっとメイト」提供の「MIHARU」が6,000万円調達
2021年8月4日、株式会社MIHARUは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シニア向け暮らしサポートサービス「もっとメイト」を提供しています。 孫世代の若いスタッフがシニア…
「R.ホールディングス」と「Tranzax」が共同で電子記録債権ファクタリングサービスの提供を開始
2022年6月20日、R.ホールディングス株式会社は、Tranzax株式会社と共同で、電子記録債権ファクタリング(継続的な都度買取)サービスの提供を開始したことを発表しました。 R.ホールディングスは…
サブスクリプション事業者向けLTV/解約率改善サービス「KiZUKAI」が正式リリース
2021年2月8日、株式会社KiZUKAIは、「KiZUKAI」を正式リリースしたことを発表しました。 「KiZUKAI」は、サブスクリプション事業者向けの、LTV/解約率改善サービスです。 収集・蓄…
「農業後継者育成システム」提供の「AGRI SMILE」が4,000万円調達
2020年1月23日、株式会社 AGRI SMILEは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「農業後継者育成システム」をJA蒲郡市に導入したことも併せて発表しました。 「…
モバイル・オーダー・サービス「LOOP」提供の「ShockTech」とメニュー・ブック制作の「メニューデザイン研究所」が業務資本提携
2020年10月28日、株式会社ShockTechは、株式会社メニューデザイン研究所と業務資本提携契約を締結したことを発表しました。 ShockTechは、オーダー・データ・プラットフォーム・サービス…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ