ビジネス・カードで創業時の資金繰りと経費管理を円滑にしよう

創業時をサポートしてくれるアメリカン・エキスプレスのビジネス・カード

2020年から2021年にかけ、コロナ禍の影響もあり世界的に経済活動が低調になりました。
そんな中でも果敢に創業を志している方たちの悩みのTOP3が「資金繰り」「経営知識」「集客」です。(創業手帳調べ)

法人・個人事業主の資金繰りというと、銀行融資や国や自治体の補助金活用などの資金調達が真っ先に浮かぶ方が多いかもしれません。
しかし、決算を迎えていない創業間もない企業への融資は慎重に行われますし、補助金は対象や条件が限られており申請フローが複雑なことも多くあります。
融資・補助金共に申請してすぐに振り込まれる訳ではなく、審査から振込まで1ヶ月以上かかってしまうことも

そんな中で創業間もない方を強力にバックアップしてくれるツールがビジネス・カードです。

ビジネス・カードを利用することで、利用日から支払いまで猶予ができ、手元に現金を残しキャッシュフローにゆとりを持つことができます
また、支出のデータがアプリなどですぐに確認できるため、キャッシュマネジメントも可能になります。
急な接待などの支出があった時にも、現金の持ち合わせがなくてもカードがあれば安心です。

今回は、創業時の心強い味方である「アメリカン・エキスプレスのビジネス・カード」をご紹介します。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

 

創業時のビジネスを助けてくれる嬉しい機能

アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードには、多彩な魅力があります。
中でも創業時に嬉しいポイントを見ていきましょう。

一律の利用可能額の上限がなく柔軟な対応

多くのビジネス・カードでは、上限額が定められており、利用可能額の範囲内で使用することができます。
しかしアメリカン・エキスプレスのビジネス・カードには、いずれの種類のカードでも利用可能額に一律な制限が設けられていません
例えば設備投資や広告費など、急に訪れるビジネスチャンスなど、通常よりも高額のカード決済が必要な場合には、電話で相談し事前承認を得ることで利用できます。
創業時の思いがけない出費に対して、資金の借り入れをすることなく、カード決済で迅速に対応できるのは嬉しいポイントです。

ただし事前承認を受ける際には、所定の条件を満たしている必要があるのでご注意ください。
事前承認については、入会後にカードと一緒に届く「ご利用の手引き」に詳しく記載されていますので、そちらもあわせてご確認ください。

追加カードは利用限度額の設定が可能

社員に追加カードを発行することで、決済フローを通さずに必要なモノを購入することができます。
誰が・いつ・いくら利用したか把握しコントロールが可能なので、経費管理の効率化に役立ちます
また、追加カードは利用限度額の設定が可能です。
さらに、利用限度額はいつでもスマホのアプリなどで設定や変更することができるので、経費の流れをコントロールしたい方や社内になるべく現金を置いておきたくない方にもピッタリです。

魅力的なオンライン・サービス

アメリカン・エキスプレスのオンライン・サービスでは、最新のカード利用額だけではなく、過去の利用代金明細書をWebサイトやスマホアプリでいつでも好きな時に確認することができます。
利用明細はCSVやExcelなどでダウンロード可能です。
利用・購入履歴を一括で管理することができ、経理の効率化にも役立ちます。

「クラウド会計ソフト freee会計」と連携できる

クラウド会計ソフト freee会計」との連携で経理や事務工数の削減により効果的になります

カードの利用情報を自動で取り込むことで、経理業務をよりスムーズに進めることができます。
事前登録制の有料オプションなので、カ―ド会員になったらお申し込みをお忘れなく。

リボ払いサービスあり

創業期には予定外の出費が多く、返済額が想定よりも高額になってしまうことは珍しくありません。
そんな時に利用したいのが、「ペイフレックス あとリボ® for Business」というリボ払いサービスです。

リボ払いを利用することで、返済金額をコントロールできるので、創業期の貴重なビジネスチャンスを逃さず済みます
まとまった出費をなるべく抑えたいスタートアップ時の資金繰りにもピッタリです。

コンサルティングチームのサポートが充実

アメリカン・エキスプレスには、ビジネスの業種ごとに特有な経費の種類を熟知しており、どのようなタイミングでビジネス・カードを適切に使えば会社の成長を後押しできるかに関して深い知見と経験を持つコンサルタントチームがあります。
コンサルティングチームは、お客様とマンツーマンでヒアリングをおこない、アドバイスを実施しています。
必要に応じて、担当者がカードの利活用だけではなくビジネスの課題を解決するソリューションを持っている企業間決済(BtoB)加盟店を紹介してくれるのも魅力のひとつです。
創業期には、工数削減や資金繰り、組織構築に人材採用など、多彩なノウハウや経験が必要ですよね。
アメリカン・エキスプレスには、BtoB・BtoCを問わず、多彩な企業が加盟店として名を連ねています。
コンサルティングチームから適切な加盟店の紹介を受けることで、より円滑に、よりスピーディーにビジネスの成長を進めることができます

補助金・助成金検索サービス

創業期に利活用したい補助金・助成金ですが、条件か細かく決められており、国や観光庁だけではなく自治体独自の制度もあり、情報をキャッチアップするだけでも一苦労
そんなときには、「補助金・助成金検索」がとても便利です。

個人事業主・中小企業経営者を対象に補助金・助成金をWebサイトの自動診断を提供しており、一部会員には割引があるのでとても使いやすいです。

例えば、補助金や助成金の申請書作成および申請代行を希望する場合には、要件や必要な書類などを検索をするだけで膨大な時間がかかります。
創業期、特に人や時間のリソースの無い中、とても頼りになるサポートといえるでしょう。

キャリアアップ助成金の場合には、コンサルティング費用が通常36万円(税抜)ですが、30万円(税抜)の割引価格で利用可能です。

※サービス運営会社は、株式会社ライトアップです

その他の利点―不正利用や盗難があっても安心

クレジットカードを利用する上で気になるのが、不正使用の対策です。

アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードにはオンライン・プロテクション機能があります。
第三者によるカードの不正使用が判明した取引は、原則として利用金額を負担する必要がありません
オンライン購入でも安心してカードを利用できるのは嬉しいポイントです。

また、ショッピングプロテクション機能があり、国内外を問わずカードで購入したほとんどの商品は、破損・盗難などの損害を購入日から90日、1名で最高500万円まで補償されます。
1事故につき1万円が免責金額です。

さらにカードで購入した商品の返品を購入店が受け付けてくれない場合、リターン・プロテクションを利用できます。
購入後90日以内であれば、1商品につき最高3万円相当、1会員口座につき年間最高15万円相当まで購入金額の払い戻しを受けられるので安心です。

不正利用や商品の盗難のリスクマネジメントがしっかりとできるのも、アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードの魅力のひとつ。
補償内容の詳細は、カードが届いた際の同封文書、もしくはお知らせに記載のリンクから確認することができます。

出張時に役に立つ便利なサービス

また、アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードには、買い物だけではなく出張時にも役立つサービスがあります。
出張先で万が一事故が起きたり、カードを紛失したり、航空機が遅延するなどのトラブルの際にもアメリカン・エキスプレスのビジネス・カードなら安心です。

紛失・盗難の際には、無料で新しいカードの再発行を受けることができますが、滞在地域などによって対応が異なるのでご注意ください。

国内旅行・海外旅行傷害保険付帯

事故は思いがけない時に起きるものです。
アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードを使うことで、国内外の出張が多い創業者の方やスタートアップ企業の方、中小企業の代表の方でも、出張時に保険の心配や手配をすることなく出張に出かけることができます

アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードでチケットを購入した公共交通機関に搭乗中の事故や、予約をしたうえでカードで宿泊料金を支払う旨を伝えた宿泊施設で事故があった場合には、傷害を受けてしまった時に役立つ、最高5,000万円の国内旅行と海外旅行の傷害保険が付帯しています。

アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードの種類


アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードには3つの種類があります。
いずれも申し込み対象は法人代表もしくは個人事業主で、申し込みの際に登記簿や決算書などの提出が不要です。
そのため、創業まもない時期でも申し込むことができます
全てのカードが、支払いの際に100円で1ポイントが貯まるポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」の対象です。
ポイントプログラムでは、加算対象外の加盟店やポイント加算の計算が違う加盟店、年会費などがポイント加算対象外となる加盟店が一部あります。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カード


アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カードは、年会費13,200円(税込)、追加カード1 枚につき6,600円(税込)です。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カードの注目ポイント

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・カードは、ご紹介した多彩な独自サービスを利活用できるクレジットカードです。
まずはアメリカン・エキスプレスのビジネス・カードを所有し、魅力に触れてみたい方におすすめです。

例えば、公共料金や税金を含む物品の購入を全てカード決済した場合、年間132万円(月平均11万円)利用すると13,200円分のポイントが付与されます。
ポイント還元分で年会費を賄うことができ、その上多彩なサービスを利活用できるのは嬉しいポイントです。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールドカード


アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードは年会費36,300円(税込)、追加カードは1枚につき13,200円(税込)で発行可能です。
基本カードはメタル製で、追加カードも1枚までメタル製のカードを発行することができます

予定していた出張へ行くことができなくなった場合、カード決済をしたチケットやホテルのキャンセル費用などの損害を年間最高50万円まで保証してくれる「キャンセル・プロテクション」サービスがあります。

さらに、プロに仕事を依頼できるクラウドソーシングサービスLancers」の有料オプション通常8,800円(税込)が初回無料です。
DELL Technologiesの優待特典や、ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポンの優待サービスもあり、接待などにも利活用できます。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードが人気の理由

ご紹介したように、ビジネス・ゴールド・カードにはより多彩な特典があります。
さらに、特典やサービスを利活用すれば、カード利用金額にかかわらず年会費の元を取ることができるのも嬉しいポイントです。

ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポンでは、2名以上で利用すると1名のコース料金が無料になります。
ランチタイムだけではなくディナータイムも利用でき、レストランによっては1回利用するだけでおひとり様31,000円(税サ込)なので、年会費の元がほぼ取れてしまいます。

さらに、アメリカン・エキスプレス・ビジネス®・ゴールド・カードなら、福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料で、国内の宿泊施設約20,000ヶ所が最大90%OFF、全国の遊園地やテーマパークが最大75%OFFで利用できるのも魅力のひとつです。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード


年会費143,000円(税込)、追加カードは4枚まで無料です。
5枚目以上は1枚につき年会費13,200円(税込)で発行できます。
基本カードはメタル製です。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カードの魅力

ビジネス・プラチナ・カードは、ビジネス・ゴールド・カードの各種サービスに加えて、より多くの特典を受けることができます。
ポイントをマイル移行や支払いに利用する「メンバーシップ・リワード」の交換レートがアップするので、よりお得になります。
また、国内外で1,000ヶ所以上ものラグジュアリーなホテルやリゾートの優待特典があり、「秘書」のようなサービスデスクに24時間365日電話で相談することができるのも魅力のひとつです。

さらに、忙しくなかなか自分の時間が取れない経営者用に、「メディカル・コンサルテーション」というサービスがあり、健康維持のサポートを行ってくれます。
健康管理と医療に関する無料電話相談や、疾患の治療に適した医療機関を紹介してくれる無料電話案内サービスがあり、各種検診も優待料金で利用可能です。

追加カードの発行が4枚まで無料なだけではなく、魅力的な特典やサービスを多く受けられるビジネス・プラチナ・カード。
ビジネス・ゴールド・カードをお考えの方で追加カードの発行をご希望の方は、ビジネス・プラチナ・カードも選択肢に入れても良いかもしれません。

創業期のビジネス・カードなら「アメリカン・エキスプレスのビジネス・カード」

ご紹介したように、アメリカン・エキスプレスのビジネス・カードは、資金繰りを改善するだけではなく、コンサルタントチームがビジネスを円滑に進めるためのサポートをしてくれるので、ビジネスに関する知識や経験を補いたい創業期にピッタリです。

創業期の資金繰りを支えるだけではなく、多彩なサービスでサポートしてくれるアメリカン・エキスプレスのビジネス・カード。
お申し込みは以下からどうぞ。

(監修: アメリカン・エキスプレス・ジャパン株式会社
(編集: 創業手帳編集部)

補助金ガイド
このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ