注目のスタートアップ

LINEアプリ開発サービス展開の「on」が資金調達 コンテンツプロバイダー事業展開の「DoersTokyo」と業務提携

company

2021年12月14日、on株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、DoersTokyo株式会社と業務提携契約を締結したこともあわせて発表しました。

onは、LINEアプリ受託開発事業や、LINEミニアプリを活用した店舗受取や受注生産を可能にする予約注文サービス「onLINE for プレオーダー」を展開しています。

DoersTokyoは、IPコンテンツを、通信キャリアやLINEなどの様々なプラットフォームに最適化して提供するコンテンツプロバイダー事業を展開しています。

今回の提携により、DoersTokyoのLINE事業部門をonが担い、on単独では実現できなかった顧客への新たな価値提供を行います。

国内のキャラクタービジネス市場の市場規模は約2.5兆円と推測されています。

キャラクタービジネスは、キャラクターの著作権を保有する企業から許諾を得て、キャラクターの商品化、PR使用、映像化といったメディア展開を行うビジネスを指します。

DoersTokyoは、通信キャリアが提供する様々なコンテンツが使い放題になるサービスが提供するスタンプや、LINEスタンプなどにおいてキャラクタービジネスを展開しています。

メッセージアプリのスタンプはコミュニケーションツールのひとつとして大きく普及し、シニア層においても利用されています。

また、キャンペーンとして配布される無料のLINEスタンプは企業アカウントの友だち登録の増加にもつながるため、マーケティングとして利用されることも多々あります。

LINEはメッセージアプリとしてだけでなく、企業のマーケティングツールとしても活用できます。

またLINEは、あらゆるサービスの総合的なプラットフォームへの成長を目指しており、今後もビジネスで使いやすいよう機能開発が続けられると考えられます。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。特にSNSマーケティングはリアルな顧客な声を聞けることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DoersTokyo IP IPコンテンツ LINE on アプリ キャラクター・コンテンツ キャラクター・ビジネス コンテンツ プロバイダー 受託開発 株式会社 業務提携 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「CAMPFIRE」が「note」と連携しnote記事内にプロジェクト概要を表示する機能を提供開始
2020年6月10日、株式会社CAMPFIREは、note株式会社運営の「note」と連携し、「プロジェクト紹介カード」を提供開始したことを発表しました。 noteが運営するメディア・プラットフォーム…
ホーム・オートメーション・サービス展開の「Connected Design」が4億円調達
Connected Design株式会社は、4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 東急電鉄のジョイント・ベンチャーとして、ホーム・オートメーションなど、個人向けIoTサービス用ハードウェア・…
訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare」運営の「クラウドケア」が1.1億円調達
2021年11月3日、株式会社クラウドケアは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 訪問介護・家事・生活支援マッチングサービス「CrowdCare(クラウドケア)」を運営して…
アフリカ最大の小売店プラットフォーム構築を目指す「WASSHA」が10.1億円調達
2019年11月8日、WASSHA株式会社は、総額10億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 未電化地域向け電力サービス「WASSHA」を提供しています。 安定した収入を持たない層に…
AI開発に必要なアノテーション・プラットフォーム開発・提供の「FastLabel」が6,500万円調達
2021年3月29日、FastLabel株式会社は、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIの機械学習において必要となるタグ付きデータの作成(アノテーション)を支援するアノテー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ