注目のスタートアップ

マンションの大規模修繕工事の一括見積支援サービスを展開する「スマート修繕」が1.5億円調達

company

2022年6月8日、株式会社スマート修繕は、1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社デライト・ベンチャーズです。

また、マンションやビルにおける大規模修繕の一括見積支援サービス「スマート修繕」を開始したことおも併せて発表しました。

分譲マンションの管理組合やビルなどの建物オーナー向けの一括見積支援サービスです。

複数の工事会社から見積や工事内容の提案を受けることで、適正な価格での共用部工事を実現できます。

マンションやビルといった建物は老朽化が避けられません。しかしきちんとメンテナンスすれば長く使用できます。

分譲マンションを購入する人は、将来的にマンションを売ることを考えている人も多いでしょう。

そのためにはマンションのメンテナンスが適切に行われていなければいけませんが、しかしマンションを修繕するための修繕積立金については、国土交通省の「平成30年度マンション総合調査」によると全体の約35%が不足しているというのです。

もし修繕するためのお金が足りなければ、修繕ができず、マンションの状態が悪化していき、空室率が増え、さらに修繕積立金が足りなくなっていくという負のスパイラルに陥ってしまいます。

そのためマンションでは計画的に大規模修繕を行わなくてはなりません。

しかし、設計コンサルタントを利用した大規模修繕工事の発注では、談合など不正が行われ、相場よりも高い価格で工事が行われてしまうケースが問題となっています。

2017年には国土交通省によって「設計コンサルタントを活用したマンション大規模修繕工事の発注等の相談窓口の周知について」という通知が、各種マンション管理団体に送られました。

修繕積立金が足りない中、こうした不正によって健全な発注も行えないというのは非常に大きな課題を抱えているといえます。

スマート修繕は、こうした課題を解決するため、建物オーナー向けの一括見積支援サービスを開始しました。

株式会社スマート修繕のコメント

このニュースを受けまして、株式会社スマート修繕 代表取締役 豊田賢治郎氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

1. 全国をカバーする工事会社網の整備、運営
2. カスタマーサポートの体制整備、運営
3. プロモーション
4. 十数万文字のオウンドメディアの制作(https://smart-shuzen.jp/top

※今回改善に挑みたい社会問題、課題の背景に「業界関係者と発注者の間に存在する情報の非対称性」があります。
その改善に少しでも資すればと考え、(外注せずに)インハウスで作成しました。
見出し等の構成、仕上げのライティングは、自身で心を込めて行いました。

・今後の展望を教えてください。

お問合せいただけるお客様にご貢献し、満足いただけること、弊社理念にご賛同いただける優れた工事会社様の発展に資することが何よりです。それに向けて邁進するのみです。

・読者へのメッセージをお願いします。

この度は弊社「スマート修繕」にご興味を持ってくださり誠に有難うございます。

分譲マンションにお住まいの方に向けてのメッセージとなりますが、
・組合の支出において大きな割合を占める項目は、大規模修繕工事、給排水管工事、エレベーター関連のメンテナンス・工事などとなります
・組合の収支改善に、支出の面から取り組まれるのであれば、これら工事の発注管理を強化されることをおすすめいたします

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用し業務効率化を図ることが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ スマート修繕 ピル マンション 修繕 共用部 工事 株式会社 見積 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIと量子コンピュータ搭載のクラウド・プラットフォーム提供の「グルーヴノーツ」が7.3億円調達
2020年5月27日、株式会社グルーヴノーツは、総額7億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIと量子コンピュータを搭載したクラウド・プラットフォーム「MAGELLAN BLOCK…
パーソナル・ドクター・サービス提供の「ウェルネス」が3,500万円調達
2019年10月23日、株式会社ウェルネスは、総額約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、パーソナル・ドクター・サービス「Wellness(ウェルネス)」のβ版を同日から提供開…
視線計測型VR検査機器を開発する「ニューラルポート」が資金調達
2022年4月15日、株式会社ニューラルポートは、資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学発の研究開発型スタートアップで、視線計測型VR検査機器の開発を行っています。 心理・精神科の領域におい…
ユーザーの分身であるパーソナル人工知能「P.A.I.」を開発する「オルツ」が35億円調達
2022年6月1日、株式会社オルツは、総額約35億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オルツは、デジタルクローン「P.A.I.」の開発や、AIを活用した自動議事録サービス「AI GIJIROK…
「創業手帳」による美容業界向けオンライン・セミナー「初めての競合比較分析講座」が12/17に開催
:創業手帳株式会社は、「初めての競合比較分析講座」を2020年12月17日(木)に開催することを発表しました。 「初めての競合比較分析講座」は、美容業界向けに、誰でもすぐに始められるマーケティングの考…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ