法人口座を開設するためには?必要書類と準備しておきたいこと

法人口座開設で必要な書類や、創業期におすすめの選び方についても解説します

GMOあおぞらネット銀行必要書類

会社を設立したあとに、取引先とスムーズにお金のやりとりを行うためには、「法人口座の開設」が必要です。

本記事では、法人口座と個人口座の違いや、法人口座を開設する際に、準備をしておきたいことについてご紹介します。さらに、創業したばかりの企業におすすめしたい「GMOあおぞらネット銀行 」の法人口座についても解説します。

法人口座とは?個人口座と何が違うの?

法人口座を開設するためには?必要書類と準備しておきたいこと

法人口座とは、個人ではなく「法人名義」で保有している銀行口座です。個人口座はいつでも開設できる一方、法人口座は、法人企業として会社を設立することで、開設を申し込めます。

法人口座を新たに開設するには、各銀行での審査基準を満たさなければなりません。経営面に問題がないか、犯罪に用いられないかが厳しくチェックされるため、実際に利用できるまで1週間~1ヶ月ほどかかることもあります。

起業後に法人口座の開設が必要とされる理由は、企業間での取引を円滑に進められるほか、社会的な信用を得られるためです。もちろん、起業後も個人口座を利用し続けられますが、取引先の企業にとって個人口座への入金は不信感を抱いてしまう可能性があります。

また、個人資産と企業資産が混在することで、自社での管理が煩雑になることや、税務署から脱税を疑われてしまうリスクもあるため、個人口座とは別に「法人口座」の開設を推奨します。

法人口座開設のために準備しておきたいこと

法人口座を開設するためには?必要書類と準備しておきたいこと

これから法人口座を新たに開設する方は、あらかじめの「準備」を忘れずに行いましょう。個人口座と異なり、法人口座の開設は、銀行ごとに審査が設けられており、自社に関する書類を提出する必要があります。

また、創業期は、企業としての実績が少なく、審査に通りにくいと言われていることから、ポイントをしっかりと把握することが大切です。

法人口座開設に必要な書類

法人口座開設に必要な書類は、各銀行によって異なります。
一般的には、
・法人名の印鑑登録証明書
・履歴事項全部証明書(会社の登記簿謄本)
・事務所の建物の登記事項証明書(不動産簿謄本)
・企業代表者の身分証明書

といった書類を申込時に提出する必要があります。

また、代表者ではなく、代理人が法人口座開設を申請する際には、「口座開設を委任したことを証明する委任状の写し」が必要です。

ただし、企業の経営状況に応じて、上記の書類以外にも提出を要求されることもあることから、口座開設に不安がある方は、一度開設を希望する銀行に相談してみましょう。

法人口座開設のために準備しておきたいこと

その他、法人口座開設のために、以下も準備しておくことが望ましいです。
・会社実印
・代表者の印鑑証明書
・代表者の実印
・会社の定款
・法人設立届出書
・株主名簿
・ホームページ
・事業計画書やパンフレットなど、事業内容が分かる書類

法人口座を新たに開設するには、銀行側での審査基準にクリアしなければなりません。近年は、法人口座を悪用した詐欺事件も頻発していることから、事業の詳細や、代表者の個人情報に対して、厳しいチェックが行われています。

自社の信頼性が高いことを銀行側に示すためにも、法人口座を開設する目的や事業内容を明確に伝えられるようにしておきましょう。

法人口座が作れない主な理由

必要な書類を提出し、銀行側への説明を行ったのにもかかわらず、法人口座の開設を断られてしまったというケースも少なくありません。

法人口座の開設を断られてしまう可能性が高い理由として、「法人設立時の資本金額が低い」、「事業内容が不明瞭」の2つが挙げられます。

法人設立時の資本金額が低い

法人設立時の資本金額は、法人口座の開設可否を決める判断材料とされています。現在では、1円から株式会社を設立できますが、金融機関の立場から考慮すると、資本金が低額であることはマイナスのイメージを与えてしまう可能性があります。

信頼性を高める具体的な資本金額は公表されていませんが、少なくとも100万円以上は資本金として準備しておきましょう。

事業内容が不明瞭

2つ目は、会社の事業が不明瞭である点です。「準備をしておきたいこと」でも記載しましたが、銀行側では口座の悪用を未然に防ぐために、企業の事業内容を細かくチェックしています。企業の業種と事業内容が関連していない場合、口座開設を断られる原因になることに注意しなければなりません。

創業期におすすめの法人口座

法人口座を開設するためには?必要書類と準備しておきたいこと

会社の規模を問わず、取引先企業とのお金のやりとりや、企業の信頼性を高めるためにも法人口座の開設は必要です。とはいえ、創業したばかりの企業だと、「どの銀行で法人口座を開設すれば良いのか分からない」、「どういった点に注意して選ぶべきか分からない」といった悩みが多いのではないでしょうか。

そこで、法人口座を開設する際の「選び方」として、3つのポイントに注意しましょう。さらに、創業期におすすめしたい「GMOあおぞらネット銀行」の法人口座の特徴についてもご紹介します。

法人口座の選び方

・法人口座開設までのスピード
・振込手数料・口座維持費
・業務効率向上に適したサービス

法人口座を選ぶ際には、「口座開設までのスピード」、「振込手数料・維持費」、「その他のサービス」を軸に検討してみましょう。法人口座の開設は、個人口座よりも審査が厳しいため、申込を行ってから実際に開設するまでに時間を要します。できる限り早く、法人口座を利用したいという方は、「申込・審査・開設までの流れがスムーズ」な銀行の法人口座を選ぶのがおすすめです。

また、取引先に送金する際、振込手数料が発生します。送金頻度が多くなるごとに、経費もかさんでしまうことから、創業期は「振込手数料が安い」法人口座を選ぶと、コストカットにつなげられます。同様に、「法人口座の維持費」に関しても、比較しながら安い口座を選びましょう。

最後に、「業務効率の向上に適したサービス」が付いているかも要チェックです。例えば、提携のデビットカードが用意されている場合、経費立替の手間が省けるほか、経理業務の負担を軽減できます。
また、会社設立間もない場合、クレジットカードは審査が通らないことがありますが、デビットカードであれば基本的に審査不要で、口座残高がご利用金額となるため非常に便利です。その他、今後の企業規模拡大を視野に入れながら、口座単体としてだけでなく、各種サービス面も重視してみてください。

起業家が法人口座開設時に意識していること・困ったことを調査しました。
経営者はどうやって法人口座を選んでいるのか? 405人の起業家に聞いてみた

創業期におすすめのGMOあおぞらネット銀行

創業したばかりの企業には、「GMOあおぞらネット銀行」の法人口座がおすすめです。GMOあおぞらネット銀行は、審査がスムーズに行われるほか、インターネットから開設を申し込めるため、申請に出向く必要がありません。

また、「振込手数料の安さ」、「口座維持費が0円」、「デビットカードで1%のキャッシュバック 」など、金銭的に余裕が生まれにくい創業期の企業にとってうれしいサービスが多いのも特徴です。複数の口座開設も可能なので、今後の規模拡大を考慮に入れている企業も「GMOあおぞらネット銀行」の法人口座を検討してみてください。

おすすめポイント①申込がスムーズ

GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設は、手続きがスムーズに行えるのがポイントです。一般的に、法人口座を開設する場合、銀行の窓口での用紙に記入したり、たくさんの印鑑を押したり、事業内容を説明したりと多くの手続きを要する場合があります。一方、GMOあおぞらネット銀行では、ホームページの専用フォームから申込が可能です。

また、口座開設に必要な書類は、オンライン上でアップロードできるため、郵送で送付する手間を省けます(郵送での提出も可)。口座開設の申込を行ったあとに、専用サイトの「法人口座開設ナビ」を通して、現在の審査状況を確認できるのも安心です。
なお、代表者と取引責任者*が同一の場合には印鑑不要で法人口座の開設ができます。

*開設する口座における全てのお取引の照会・操作・承認を行う権限が付与されたご担当者

おすすめポイント②振込手数料の安さ

GMOあおぞらネット銀行の魅力は、「振込手数料の安さ」です。同行宛ての振込手数料は無料であるのに加え、他行宛ての振込も3万円未満が「166円」、3万円以上が「261円」に設定されています。都市銀行でATMによる振込を行った場合、3万円未満で「300円~」、3万円以上で「400円~」かかるケースもあり、創業期における振込手数料を節約できるのがメリットです。

また、GMOあおぞらネット銀行では、各種サービスに関するさまざまな優遇などが受けられるサービス「振込料金とくとく会員」が用意されています。月額1,980円で、振込金額に関係なく、他行宛振込手数料が1件につき「一律160円」になる他、ATMの出金手数料5回無料、Visaビジネスデビットカードの追加口座発行無料などいろいろな優遇がパックになっています。取引先への送金が多い場合、月々の経費を大幅に削減できます。

おすすめポイント③デビットカードで1%のキャッシュバック

GMOあおぞらネット銀行の法人口座を開設する際、キャッシュカード発行を申し込むと、「Visaビジネスデビットカード」が自動付帯します。法人企業と個人事業主を対象としたサービスで、口座から即時引き落としされるため、立替清算の手間が軽減できるうえ、利用内容は一部の加盟店を除きWeb明細ですぐに反映されるため、過去の利用履歴を調べるのに便利です。

また、Visaビジネスデビットカードは、前月分の利用金額に応じて1%がキャッシュバックされます。現金で決済するよりもお得に活用できるため、GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設時には、ぜひ発行してみましょう。

おすすめポイント④口座維持費が0円

GMOあおぞらネット銀行の法人口座は、維持費が「0円」で利用できます。ネットバンクの場合、法人口座の維持にお金が発生しないことが多い一方、都市銀行の法人口座では、一定の月額費用が発生することがあります。

特に、創業したばかりの企業は、月々の維持費を抑えられるため、金銭的な負担を軽減できるのがメリットです。

おすすめポイント⑤最大20口座まで開設できる

GMOあおぞらネット銀行の法人口座では、代表口座1つと、追加口座合わせ最大20口座まで開設できます。追加で開設した口座は「口座名義+任意の名前」として登録しておけるため、用途ごとや、部門・担当者ごと、取引先ごと、などと使い分けられるのが便利です。

また、追加口座の手続きも、GMOあおぞらネット銀行のホームページからすぐに申し込めます。企業の規模が大きくなると部署や取引先も増加することから、創業期から活用しておきたいサービスです。

法人口座開設はこちら
※本記事は、実際の審査結果・口座開設を保証するものではありません。

まとめ

創業期に法人口座を開設する際には、本記事のポイントを押さえてしっかりと準備をしておきましょう。また、銀行ごとによって、振込手数料、口座維持費、サービス内容など異なる点が多いため、各銀行の法人口座の特徴を比較してみてください。

GMOあおぞらネット銀行は、「口座開設がスピーディ」、「経費の削減」、「業務効率向上に適したサービスがある」などの観点から、創業したばかりの企業におすすめです。そのほか、企業規模が拡大した際に便利な各種サービスが用意されているため、創業したばかりの企業以外の方も一度調べてみてはいかがでしょうか

GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設はこちらから

創業手帳冊子版では、これから起業を考えている方は、経営者の方にとって有益なビジネス情報をご紹介しています。無料で配布しておりますので、Web版と合わせてご活用ください。

関連記事
初めての法人口座開設には「GMOあおぞらネット銀行」が便利!お得な振込手数料サービスも必見。
GMOあおぞらネット銀行の担当者に聞いてみた「法人口座開設の審査のポイントとは?」

創業手帳
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ