マイナンバーカードで公的個人認証ができるスマホアプリ「IAM<アイアム>」がリリース

tips

2022年8月9日、シフトプラス株式会社は、「IAM<アイアム>」をリリースしたことを発表しました。

「IAM<アイアム>」は、NTTコミュニケーションズ株式会社と共同開発した、マイナンバーカードを使用した本人確認や電子署名を行う公的個人認証が可能なスマホアプリです。

従来のマイナンバーカードを利用した公的個人認証にはPCとカードリーダーが必要でしたが、このアプリを利用することでアプリのみでの公的個人認証を可能にします。

公的個人認証は、自治体での各種オンライン申請で必要となる、マイナンバーカードを使った本人確認と電子署名のことです。

マイナンバーカードの普及率は、2022年7月末時点で45.9%となっています。

2016年から開始されたマイナンバーカード制度は、行政手続きのオンライン化や、手続きの効率化、所得状況の把握などを目的としています。

一方で、制度がはじまった当初は、利用できる手続きが少なかったこともあって利便性がそこまで高いわけではありませんでした。

そのためマイナンバーカードを取得する人が少なかったのですが、近年ようやくさまざまな場所で利用できるようになってきており、マイナポイントなどのマイナンバーカード普及のための取り組みもあって普及率が高まっています。

また、行政手続きのオンライン化はコロナ禍によってその重要性が高まっており、政府は自治体と協力し、2022年度末を目処に全自治体で、国民の利便性向上に役立つ手続きをマイナポータルから行えるようにすることを掲げています。

それ以外の各種行政手続きについても積極的なオンライン化が推進されており、今後さらにマイナンバーカードを利用した手続きが一般化していくと考えられます。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ IAM NTTコミュニケーションズ アイアム アプリ シフトプラス マイナンバー マイナンバーカード 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

日本酒ベンチャーの「Clear」が2.5億円調達
2020年2月3日、株式会社Clearは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 高級日本酒ブランド「SAKE100(サケハンドレッド)」や、日本酒専門Webメディア「SAKE…
AIによる位置情報分析事業を展開する「LocationMind」が「日野自動車」と資本業務提携
2022年6月30日、LocationMind株式会社は、日野自動車株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 LocationMindは、位置情報をAIで分析する事業を展開しています…
「Hmcomm」が音声AI自動応答システム運用サービスをリリース
Hmcomm株式会社は、音声AI自動応答システム運用サービスを提供することを発表しました。 この新サービスは、すでに提供している、音声AI電話自動応答システム「Terry」と、自社運営のコールセンター…
美容従事者向け複合型シェアサロン「SALON VILLAGE」運営の「WBP」が資金調達
2021年11月15日、株式会社WBPは、資金調達を実施したことを発表しました。 美容従事者(美容師、ネイリスト、アイリスト、エステティシャン)向けの複合型ビューティーシェアサロン「SALON VIL…
「NEWoMan新宿」2階エキナカに新モデルのAIカフェロボット「root C」を設置
2021年12月13日、株式会社New Innovationsは、株式会社ルミネが運営する「NEWoMan新宿」に、「root C(ルートシー)」を設置し2021年12月10日からサービスを開始したこ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ