創業期にオススメの銀行とは?法人口座開設の決め手を創業手帳会員に聞いた!

「GMOあおぞらネット銀行」は創業期から役立つサービス満載!創業手帳会員が語る法人口座開設のメリット


創業後のビジネス関連の決済や資金管理などを円滑に行う上で、法人口座の開設は欠かせません。現代ではメガバンクやネット銀行など、法人口座の開設先にはさまざまな選択肢があります。

今回の記事では、実際に創業された方々がどのような基準で法人口座を開設する金融機関を選んだのか、創業手帳会員の事例をいくつか取材しました。創業する際の金融機関選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

この記事の目次

創業期の法人口座にはネット銀行がおすすめ

創業してすぐの法人口座はネット銀行で開設するのがおすすめ。まずは、ネット銀行の特徴や、そのなかで創業期の企業にとってのネット銀行で法人口座を開設するメリット、などを解説します。

ネット銀行の主な特徴

ネット銀行の特徴として、まず口座開設は全てネットで完結するため、スピーディーに口座開設までの作業を済ませられる点があります。また開設後は多くの銀行において24時間365日手続きが可能です。

また、実店舗を置かずに人件費や物件の賃料などのコストを圧縮しているため、手数料が低いのも特徴。何かと資金の余裕がなくなりがちな創業期において心強い味方といえるでしょう。

法人口座におけるネット銀行の選び方

法人口座としてネット銀行を選ぶ際には、次のようなポイントに着目して金融機関を選ぶとよいでしょう。

  • 口座開設のスピーディーさ
  • 振込手数料の安さ
  • 法人向けのサービスの充実さ

法人口座を開設するときには、すでに創業に向けた他の準備も進行しているケースが多いでしょう。そんな中で口座開設に手間取ってビジネスが停滞しないようスピーディーに手続きが完了するネット銀行を選ぶのが大切です。

また、全般的に振込手数料に関するコストを圧縮するために、振込手数料は少しでも安いところを選びましょう。

最後に、もしもの残高不足の際の借入サービスなど、創業期の企業に心強いサービスを展開している銀行も。こうした法人向けのサービスが充実しているネット銀行を選ぶとよいでしょう。

口座開設の早さや業界最安値水準※の手数料、法人向けのサービスなど、これらの特徴を全て兼ね備えているのが「GMOあおぞらネット銀行」です。(※2022年5月1日時点 GMOあおぞらネット銀行調べ)

今回は、GMOあおぞらネット銀行を利用している創業手帳会員に取材しましたので、同行を利用するメリットや注意点について紹介していきます。

創業手帳会員の活用事例① ウィ・コネクト合同会社の斉藤さんの場合

斉藤 美佐子
ウィ・コネクト合同会社 代表
バブル後期、プログラマーとして社会人をスタート。アパレル、金融、製造業など様々な業界のシステム開発に携わる。その後、スキルをITインフラ構築の領域に広げ、フルスタックエンジニアとなる。 2002年より中規模物流事業者のIT部門マネージャとしてITインフラの刷新、基幹システムの再構築などITによる事業基盤の強化に取り組む。2021年、培ったスキル・経験を活かし、中小企業のDX推進を支援する「ウィ・コネクト合同会社」を立上げ。

GMOインターネットへの信頼感がきっかけ。デビットカードのキャッシュバックも魅力

―「ウィ・コネクト」の事業内容について教えてください

「中小企業向けのIT全般の支援をしており、足元のメインテーマはDX推進サポートです。これまでのITによる事業基盤構築のスキルなどを活かして、リソースが足りない中小企業を支援しています。

まだ前職の業務の引き継ぎなども残っており、現時点では1人でハンドリング可能なビジネス規模にとどめていますが、2期目以降は従業員を採用して事業を拡大したいと考えています。」

―法人口座を選ぶときのポイントについて教えてください

「現在は、ビジネス上の付き合いなどもあり、5行で法人口座を持っています。法人口座の開設にあたって、

  • メガバンク:企業の信用度の補完
  • 地銀:地元のコネクション形成
  • ネット銀行:会計ソフトの連動

といった各銀行の特徴・強みを考えて、少なくとも3行で口座を開設しようと考えていました。

このうちネット銀行については創業手帳の記事を見て、早くからGMOあおぞらネット銀行に決めていました。IT系の業務に携わっていたので、グループ会社であるGMOインターネットにも馴染みがあり、スピーディーなサービスのリニューアルや法人向けサポートが充実している印象があったので、バックボーンが信頼できたのも魅力的でした。」

―GMOあおぞらネット銀行の口座開設はスムーズでしたか?

「実は、GMOあおぞらネット銀行の口座開設は、想定より時間がかかってしまったんです。Webで口座開設申込が完結するというメリットは大きいのですが、きちんと審査もされていて、当時、会社のHPが無かったため事業実態の証明の準備に時間が掛かってしまいました。
なので、すでに個人として取引実績の長い三井住友銀行の方が実は口座開設は早かったです。」

先に他行の開設が進んでしまったわけですが、GMOあおぞらネット銀行のサービスラインアップに魅力を感じていたため、予定通り同行の口座開設を行いました。

―GMOあおぞらネット銀行の魅力について教えてください

「当初期待していた会計ソフトとの連動はスムーズで、経理や決算処理において重宝しています。

また、実際に使い始めて重宝しているのは、デビットカードの機能で、消耗品の購入や通信費用の支払いなどに利用しています。
利用額の1%がキャッシュバックされるのが魅力的ですね。キャッシュバックの通知が来るんですが、『〇〇円キャッシュバックがあった』というのがわかってお得感を感じられて嬉しいです。」

―それ以外に嬉しいサービスなどはありますか?

設立1年未満の法人なら他行宛ての振込手数料が月20回まで無料になるのも、創業間もない企業にとっては、大変ありがたいサービスですね。他行宛の振込手数料は積み重なっていくと結構な費用になるので助かります。しかも今は取引の数も多くないので無料の枠で収まっています。手数料がかかっていないのにデビットカードのキャッシュバックがあるので得しかしていない気分です。

あとは、まだ利用したことはありませんが、残高不足の時に自動融資してくれる『あんしん10万円』はうっかり引き落としができないなどのリスク回避ができるサービスなので助かりますね。」

―どんな人におすすめ?

「GMOあおぞらネット銀行の使いやすさにあまりに慣れてしまって他行と優劣を比べるのは難しいのですが、次のような人におすすめですね。」

  • 実店舗の窓口がなくても気にならない人
  • PCやスマホで取引をすませたい人
  • 経理担当者がおらず、自前で資金管理をしなければならない人
  • 税務・帳簿関係の書類を電子化しており、ネット銀行とシステム連携したい人

斉藤さん自身は、いざ使ってみると実店舗がないことは全く気にならなかったそうです。これから創業する人の多くが、斉藤さんが挙げた利用をおすすめする人の特徴に当てはまると思いますので、是非、GMOあおぞらネット銀行の活用を検討してみましょう。

創業手帳会員の活用事例② ちいきてらす株式会社の小倉さんの場合

小倉 豊彦
ちいきてらす株式会社 代表取締役
社会福祉法人理事、株式会社取締役、医療法人執行役員を経て、2019年10月にちいきてらす株式会社を設立し現職。15年超、一貫してローカルの医療・福祉事業経営に参画。常に経営の第一線で、事業再生、新規事業企画、M&A、コスト削減、稼働率向上、生産性向上、採用企画、人事制度構築、コンプライアンス・リスク管理、腰痛予防・メンタルヘルス施策等を指揮。入居系・居宅系合わせて11サービスの経営経験を有する。

振込手数料の安さや手間なく口座開設手続きがおこなえる点が魅力

―「ちいきてらす」の事業内容について教えてください

「2019年10月に創業し、障がい者の自立支援や訪問看護、介護事業経営のコンサルティングなどを行っています。以前は私自身も現場に出ることが多かったですが、事業の拡大と共に社員の増員が進み、経営に集中できるようになってきました。
 
現在、スタッフは20人ほどまで事業規模が拡大しており、経理などのバックオフィス実務は各顧問先に依頼している状況です。バックオフィスは後回しになってしまいがちですが、今後これらの内製化を進め、体制を整えていきます。」

―法人口座を選ぶときのポイントについて教えてください

法人口座を選ぶときにまず着目したのは、振込手数料の安さですね。創業3年未満の企業にとっては手数料の安さは重要です。あとは、本業が忙しい中で口座開設に関する対応に時間を取られるのを避けたかったため、手続きが簡単でWebで申込手続きが完結するネット銀行を探していました。

振込手数料の安さと、スムーズな口座開設手続きから、GMOあおぞらネット銀行で真っ先に法人口座を開設しました。一般的に銀行口座開設には審査を含めると1か月くらいかかると聞いていましたが、特に手間もかからず、手続きはスムーズに進みました。」

―GMOあおぞらネット銀行の魅力について教えてください

「振込件数などから損益分岐点を出して『振込料金とくとく会員』に申し込みました。グループホームの定額送金や広報費・顧問料など毎月の振込件数が意外と多いため、コスト削減につながっています。」

月額500円の利用料を支払うことで件数上限なく振込手数料が135円になる「振込料金とくとく会員」の加入でさらにお得にサービスを活用しているそうです。

「それ以外には、創業直後は法人名義のクレジットカードが作れないこともあるので、デビットカード機能も重宝しています。複数作成することもできるため、拠点ごとにカードを作り、複数枚のカードを使用することで日々の決済などを効率化しています。

顧問の税理士事務所もfreeeを利用しているためスムーズに連携できました。会計実務を委託しているのでメリットが見えにくいですが、この連携がなければ決済・会計関連の手間が増えていたと思います。」

―どんな人におすすめ?

「創業から1年くらいはメインビジネスの立ち上げや運営に没頭する必要がある時期なので、間接業務に時間を取られないようにした方がよいですよね。その点、口座開設がスムーズで、決済もスマホやPCから柔軟におこなえるGMOあおぞらネット銀行は使い勝手がいいですね。」

振込件数によっては「振込料金とくとく会員」を活用すればさらに手数料を削減できます。ちいきてらすのように創業期より振込件数が多い企業においては、より一層GMOあおぞらネット銀行がおすすめです。

創業手帳会員の活用事例③ プラスシーブイ株式会社の横溝さんの場合

横溝 裕一
プラスシーブイ株式会社 代表取締役
高校時代から20代前半までは音楽活動に打ち込み、25歳でWebライターとしてのキャリアをスタート。ホームページの制作会社に8年ほど勤めた後、ステップアップとして、Webコンサルティング会社に転職し、Webディレクター兼Webコンサルタントに転身。コロナを転換期と捉えて2020年6月に独立し、同年9月にプラスシーブイ(株)を立ち上げた。

出金用口座として重宝。会計ソフトfreeeとの連携が便利

―プラスシーブイの事業内容について教えてください

「主にGoogle Analyticsなどを通じたサイト解析により、企業のWebサイトの改修提案を行っています。その他マーケティング組織の立ち上げサポートやブランディングなどの支援も手がけています。

現在は2-3名のメンバーで運営しており、ビジネスは順調に拡大しています。収入も1期で既にサラリーマン時代を上回っていましたが、2期はその1.5倍くらいにはなりそうです。」

―法人口座を選ぶときのポイントについて教えてください

「法人口座を選ぶときには次のような使い分けで2行以上は開設することを考えていました。

  • 出金用口座:振込手数料の安さ
  • 入金用口座:ネームバリューの高さ

創業手帳からのアドバイスも受けながら、入金用口座の方は最終的に三井住友銀行を開設しました。三井住友銀行の法人口座開設の際には、すでに開設済の口座に関する質問があり、他行での法人口座の開設実績が必要なんだと知りました。GMOあおぞらネット銀行と千葉銀行で法人口座を開設して、実績として活用しました。

GMOあおぞらネット銀行はやはり振込手数料の安さが魅力でした。以前より安かったですが、2021年10月より一律他行宛て振込手数料を145円に引き下げたインパクトは大きかったですね。」

―GMOあおぞらネット銀行の魅力について教えてください

「デビットカードのキャッシュバック率の高さですね 。キャッシュバック率は意外と馬鹿にできなくて、かなりお得感があります。法人向けのクレジットカードも検討しましたが、年会費がかかるので無駄だと思い、年会費無料のデビットカードを活用しています。今日もキャッシュバックの通知メールが届いてうれしかったです(笑)。

当初の期待通り出金用口座としてGMOあおぞらネット銀行は重宝していて、振込予約などの機能がスマホ・PCでカンタンに行えます。社内の管理上、紙ベースでの明細が必要ですが、GMOあおぞらネット銀行は明細出力も容易なので、この点も便利です。

また、会計ソフトのfreeeとの連携も便利ですね。他行の場合、月に一回同期し直さなければならない場合もあるんですが、GMOあおぞらネット銀行は一度同期すれば、毎月の同期作業が必要ないので、手間がかからなくてとても良いです。」

―どんな人におすすめ?

「外注費が多い企業などは振込手数料の負担はバカにできません。創業期なら少しでも手数料を圧縮できる銀行を選択すべきです。知らないうちにコストが積みあがっていき、他の企業と良くも悪くも差がつくポイントになります。」

その点では、業界最安値水準の振込手数料を設定しているGMOあおぞらネット銀行は、創業したばかりの起業家におすすめのネット銀行です。

ここまでの事例を参考に、GMOあおぞらネット銀行に魅力を感じ、法人口座の開設を申し込みたい方、さらに詳細な資料をお求めの方はこちらからアクセスしてください。

GMOあおぞらネット銀行の口座開設はこちらから

創業手帳会員が語る「GMOあおぞらネット銀行」のオススメポイントまとめ

ここまでの3名の創業手帳会員が語ってくれた、GMOあおぞらネット銀行のおすすめポイントをまとめました。

口座開設が手間なくできる


口座開設の手続きは全てネットで完結。特にセルフィー動画を活用した開設手続きであれば最短当日から口座を利用できるようになります。

アップロードや郵送を通じた手続きの場合は日数がかかるものの、やはり店舗に行く必要がないため、手間なく法人口座の開設が可能。メインビジネスの立ち上げに忙しく、付帯業務にかかる手間を削減したい起業家には便利な銀行です。
※セルフィー動画は、代表者さまと取引責任者さまが同一で、取引責任者の方が「運転免許証」「マイナンバーカード」「在留カード」のいずれか1点をお持ちのお客さまのみご利用いただけます。

会社設立1年未満は他行宛振込手数料月20回無料


GMOあおぞらネット銀行では設立1年未満の企業に対して、他行宛ての振込手数料が月20回まで無料です。創業間もない企業にとって、振込手数料のコストは決して小さくありません。

少しでも資金繰りに余裕を持たせるためには、できるだけコストを削減したいところ。その点でGMOあおぞらネット銀行の法人口座は起業家に特におすすめです。

業界最安値水準の振込手数料

無料の条件が適用されなくなっても安心。GMOあおぞらネット銀行の振込手数料は業界最安値水準※であるため、やはりコスト削減に役立ちます。(※2022年5月1日時点 GMOあおぞらネット銀行調べ)

また、振込件数が多い企業においては「振込料金とくとく会員」に加入すればさらにコスト削減が可能です。

他行宛ての振込件数が月間100件の場合

(2022年5月1日時点 GMOあおぞらネット銀行調べ)
2022年5月1日現在、振込料金とくとく会員を利用するためには別途月額500円がかかります。

振込料金とくとく会員とは?

月額料金500円でさらにお得にGMOあおぞらネット銀行を利用できるサービス。次のような特典があります。

  • 振込手数料を145円/件→135円/件に引き下げ
  • ATM出金手数料が毎月5回無料
  • Visaビジネスデビットカード追加口座の初回発行が無料

振込件数が多い企業では、振込料金とくとく会員を利用した方が、コスト削減できるでしょう。

あんしん10万円

10万円の借入枠を付与し、枠内であれば追加の審査なしで24時間365日いつでも借り入れることができるサービス。想定外の残高不足時に入金遅延を防いだり、一時的な運転資金の増加へ柔軟に対応可能です。資金がひっ迫しがちな創業期の資金繰りを下支えしてくれます。

あんしん10万円は商品詳細はこちらから

※あんしん10万円のお申し込み・ご利用には当社所定の条件がございます。あんしん10万円は代表者さまと取引責任者さまが同一であるお客さま限定のサービスです。

Visaビジネスデビットカードのサービスとキャッシュバック


GMOあおぞらネット銀行ではデビットカードを発行し、日々の決済に利用できます。最大20口座まで開設できるので、複数の社員や拠点ごとにカードを発行することが可能です。

年会費は無料で、さらに利用額に対して1%※のキャッシュバックを受けられるため、日々のビジネス関連の買い物をお得にすることができます。
※ 一部キャッシュバック率が異なる利用先がございます。

会計ツールとの連携

これから創業する方々は、経理・会計の効率化の観点からクラウド会計ツールなどの導入を検討している企業も多いでしょう。GMOあおぞらネット銀行はfreee会計ソフトと簡単に同期できるため、資金管理や決算関連の処理を効率化できます。freeeを導入している税理士、会計士と契約すれば、顧問とのデータのやりとりもスムーズです。

まだまだある「GMOあおぞらネット銀行」の創業期から役立つサービス

今回の取材では出て来なかった、GMOあおぞらネット銀行の起業家に役立つ他社との提携サービスをいくつか紹介します。

給与前払いサービス

GMOあおぞらネット銀行と提携している株式会社Payment Technologyが提供する「給与前払いサービス」に申し込むことが可能です。

「給与前払いサービス」は、社員が給与支給日より前に、スマホやPCからの申請で簡単に給料を受け取れるサービスで、福利厚生の一環として従業員の採用するうえでのアピールや離職率の抑制に役立ちます。準備資金や運用費用は必要ないため、手軽に導入できます。

提携企業サービス「ビジネスサポートサービス」

GMOあおぞらネット銀行では資金調達、経理支援、EC支援、士業紹介など、創業間もない多忙な時期におトクに使える提携企業サービスを紹介しています。

創業期に役立つサービスが充実!創業手帳会員からも好評の「GMOあおぞらネット銀行」

業界最安値水準の振込手数料に加え、あんしん10万円やデビットカードのキャッシュバックなど、充実したサービスが特徴のGMOあおぞらネット銀行。創業手帳の会員様からも大変好評です。

口座開設や日々の資金管理の手間をかけずに、コストを圧縮できる法人口座の開設先をお探しの方は、是非、GMOあおぞらネット銀行の利用を検討してみましょう。法人口座の開設を申し込みたい方、さらに詳細な資料をお求めの方はこちらからアクセスしてください。

GMOあおぞらネット銀行の口座開設はこちらから
関連記事
GMOあおぞらネット銀行の担当者に聞いてみた「法人口座開設の審査のポイントとは?」
GMOあおぞらネット銀行とは?基本機能やメリット・デメリットを紹介

(監修:GMOあおぞらネット銀行株式会社

(取材協力:ウィ・コネクト合同会社ちいきてらす株式会社プラスシーブイ株式会社

(編集:創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ