注目のスタートアップ

YouTubeを主軸とした中小企業のマーケティング戦略を企画・実行する「マーケティングプラス」に「もりおかSDGsファンド」が出資

company

2022年9月14日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、FVC Tohoku株式会社と盛岡信用金庫等と共同で設立したもりおかSDGs投資事業有限責任組合(「もりおかSDGsファンド」)から、株式会社マーケティングプラスに投資を実行したことを発表しました。

マーケティングプラスは、YouTubeを入り口とした中小企業のマーケティング戦略の企画・実行を行っています。

代表の戸塚昌博氏は、盛岡市に所在する住宅メーカーの株式会社あっとホームにおいて、従業員としてWebマーケティングを担当しています。

営業マンも展示場も持たない営業の仕組みを確立し、これをマーケティングプラスに応用しています。

動画コンテンツは、テキストの約5,000倍の情報量があるとされています。たとえば1分間の動画は180万文字に匹敵するため、情報発信やマーケティングにおいて非常に有効です。

さらに、スマートフォン・動画プラットフォーム・SNSの普及により、消費者の動画コンテンツに触れる機会が多くなっています。

こうした背景から、企業のSNSアカウントで動画を発信するといった動画マーケティングや、動画プラットフォームに動画広告を出稿するなど、動画を活用したPR・マーケティングはひとつの手法として確立されており、その効果も明らかになっています。

一方で、高いクオリティの動画を制作するには高度なスキルが必要となります。

動画は個々人が持つスマートフォンで撮影でき、簡単な編集もスマートフォンやタブレットで行うことができます。

しかし低クオリティの動画は視聴者の離脱率が高く、さらに悪印象を与えてしまう可能性すらあります。

中小企業などでは外部に動画制作を依頼できるほど予算がない可能性があります。

そのため中小企業向けの動画制作では、動画マーケティングの効果の可視化や、いかに低コストで差別化された動画を制作できるかが鍵となるでしょう。

動画はテキストや静止画よりも圧倒的な情報量を誇ります。視聴した者に短時間で多くの情報を与えられるため、Webマーケティングにおいても積極的に利用されるようになりました。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Webマーケティング YouTube フューチャーベンチャーキャピタル マーケティング マーケティングプラス もりおかSDGsファンド 中小企業 企画 動画マーケティング 戦略 施策 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

アートメディア「ARTnews JAPAN」を運営する「MAGUS」が「大丸松坂屋百貨店」から資金調達
2023年9月20日、株式会社MAGUSは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社大丸松坂屋百貨店です。 MAGUSは、アメリカ発のアートメディア『ARTnews』の日本版である『…
電通グループの「マイデータ・インテリジェンス」が情報銀行「MEY」のスマホ・アプリをリリース
株式会社マイデータ・インテリジェンスは、「MEY」のスマートフォン・アプリ版の提供の開始を発表しました。 併せて、「情報銀行トライアル企画」を、一般モニター約12,000名、参加企業全10社で、201…
経営コンサルティング提供の「ライトアップ」と請求書買取の「OLTA」が業務提携
2019年12月26日、株式会社ライトアップは、OLTA株式会社と業務提携したことを発表しました。 これにより、全国の中小企業に向け、クラウドファクタリング・サービスの提供を開始します。 OLTAは、…
「フューチャーベンチャーキャピタル」がAI教育や研究開発事業を展開する「Morning Project Samurai」に出資
2022年6月6日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社城南未来ファンド他と共同で設立した「しらうめ第1号投資事業有限責任組合(城南創業支援ファンド)」より、Morning Proje…
リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」運営の「unerry」が「三菱食品」と業務提携
2022年7月15日、株式会社unerryは、三菱食品株式会社と、業務提携に関する覚書を締結したことを発表しました。 unerryは、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営し…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】