注目のスタートアップ

社会問題を自分ごととして考える社会の実現のため事業を展開するソーシャルセクター「Ridilover」が2.3億円調達

company

2022年1月19日、株式会社Ridiloverは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

社会問題を自分ごととして考える社会の実現のため、以下の事業を展開しています。

・社会問題について学び合うオンラインサロン「リディ部」
・社会問題と問題の背景にある社会構造まで踏み込んだ記事を提供するメディア「リディラバジャーナル」
・日本中の社会課題を学ぶソーシャルイベント「リディフェス」
・中高生向け・社会問題の現場を訪問するスタディツアー「SDGs/社会問題スタディツアー」
・越境型の人材育成プログラム「フィールドアカデミー」
・事業開発・政策立案

2015年9月、国連による「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、SDGs(持続可能な開発目標)が掲げられました。

SDGsは様々な社会課題の解決を目標に据えており、その実施主体として企業を位置づけていることも特徴的です。

また、ESG投資という、環境・社会・ガバナンスに配慮した企業に積極的に投資をするという価値観も金融市場で一般的となり、これまでの資本主義から新たな資本主義へと徐々に転換が進んでいます。

また、社会的・環境的価値(インパクト)と金銭的なリターンを両立するインパクト投資も世界的に広がっており、SDGsの推進を後押ししています。

しかしESG投資・インパクト投資は、すべての社会的価値に投資するわけではありません。

対象は投資効果が測定可能な社会的価値に限定されますし、また金銭的な価値も必要となります。

そのため、ESG投資・インパクト投資からこぼれ落ちてしまう社会的価値のある事業も数多く存在するのです。

Ridiloverは、こういった金銭的価値につながりづらい社会的事業に関心を集め、様々な資源が投入される社会の実現のための事業を展開してます。

社会課題を解決するビジネスは、ビジネスとして成立させるためにハードルが高いこともあります。事業を続けるためには共感・理解してくれるVCの存在が必要となることも少なくないでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Ridilover SDGs SDGs/社会問題スタディツアー ソーシャル・セクター フィールドアカデミー メディア リディフェス リディラバ リディラバジャーナル リディ部 株式会社 社会問題 社会課題 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ふるさと納税の返礼品としてNFT活用を推進する「あるやうむ」が2,100万円調達
2021年12月17日、株式会社あるやうむは、総額2,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ふるさと納税の返礼品としてNFTがもらえるプラットフォームを開発しています。 自治体の税収増・…
介護ワーク・シェアリング・サービス運営の「カイテク」が1億円調達
2020年9月7日、カイテク株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護ワーク・シェアリング・サービス「カイスケ」と、介護業界特化の採用/集客Webツール「バーチャル施設見学…
副業マッチング・サービス運営の「シューマツワーカー」が「副業系サービスカオスマップ 2020年版」を公開
株式会社シューマツワーカーは、2020年12月25日(金)に「副業系サービスカオスマップ 2020年版」を公開したことを発表しました。 「副業系サービスカオスマップ 2020年版」は、計186の副業系…
家庭料理配達サービス「つくりおき.jp」運営の「Antway」が15億円調達
2021年8月10日、株式会社Antwayは、総額約15億円の資金調達を実施したことを発表しました。 家庭料理配達サービス「つくりおき.jp」を運営しています。 料理は、都内の自社キッチンで、管理栄養…
スポーツ事業支援の「スポーツネーション」が9,000万円調達
2021年10月1日、株式会社スポーツネーションは、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 地域のプロスポーツチームと、チームを応援する地元住民、チームを支援する企業・機関の3者を…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ