バーチャルオフィスFIRMならローコストで一等地にオフィスが持てる

新規ビジネスの加速にもつながるバーチャルオフイスFIRMの魅力


新たな企業を設立する際、必要となるのがオフィス。働く場所は自宅でよくても、登記や金融機関の審査を受ける際など、さまざまな場面でオフィスの住所が欠かせません。

バーチャルオフィスFIRMなら、ローコストで池袋至近の一等地にオフィスが持てるほか、起業家や経営者向けのサービスも充実。コストを抑えつつも、スムーズにビジネスを拡大させたい起業家の皆様にピッタリです。

今回の記事では、バーチャルオフィスFIRMの特徴や魅力を紹介していきます。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

バーチャルオフィスFIRMの3つの魅力

バーチャルオフィスFIRMの大きな魅力は、主に次の3点です。

  • 池袋駅から徒歩4分の好立地
  • 個人が月々2,980円、法人3,980円とローコスト
  • 郵便物の転送を始め「5つの無料」が起業を後押し

まずはこれらの魅力について見ていきましょう。

池袋駅から徒歩4分の好立地

バーチャルオフィスFIRMは池袋駅から徒歩4分の好立地に位置します。新宿駅に次ぐ日本No2.の利用者を誇る池袋駅。今後もますます経済発展が期待できます。

そのような場所にオフィスを構えれば、企業のステータス向上にも役立つでしょう。また、住所がビル名となっていることで、信用力もアップ。金融機関の審査にも好影響を与えます。

個人が月々2,980円、法人3,980円とローコスト


バーチャルオフィスFIRMは個人が月額2,980円、法人が法人登記にかかる費用を込みで3,980円とローコスト。

創業まもない企業は資金に限りがあり、またその限りある資金はビジネス拡大のための投資に使いたいと考えるのが一般的。バーチャルオフィスFIRMなら、オフィスの運営コストを最小化して、ビジネス拡大を積極的に進めることができるのです。

郵便物の転送を始めとした「5つの無料」が起業家を後押し

バーチャルオフィスFIRMは次の「5つの無料」が特徴です。

初期費用や郵便物の転送費用、更新手数料などが別に発生するバーチャルオフィスも少なくありませんが、FIRMならすべて無料。初期費用もランニングコストも最小限に抑えられるのがバーチャルオフィスFIRMの魅力です。

競合他社対比でも際立つ安さ

バーチャルオフィスにかかる総額を他社と比較してみました。とにかく月額料金しか発生しないのがバーチャルオフィスFIRMの魅力。その安さは一目瞭然です。

バーチャルオフィスの料金比較

ちなみに、最大割引とは、年間契約をして次の割引を全て利用することで、9カ月分の利用料金が割引となるケースを意味します。

  • 毎月15日申込みで半年間無料
  • Twitterクーポン利用で2か月無料
  • 年間一括払いで1か月無料

バーチャルオフィスのよくある落とし穴

資金繰りに課題を感じている起業家はとても多く、必然的にバーチャルオフィスはローコストに拘りがち。しかし、コストにだけ目を向けてしまうと、さまざまな落とし穴に直面することもあります。

一方で、バーチャルオフィスFIRMは、他社にも負けないローコストでありながら、起業家のビジネス拡大に役立つよう配慮されています。

資金繰りに課題を感じる起業家は多い

こちらの図は、日本政策金融公庫が2020年に中小企業を対象に調査したものです。

このように、開業時に資金繰りに苦労する人は多く、かつ2020年にはその比率は増加傾向。開業準備の一つにあたるバーチャルオフィスの所有も、できるだけコストを抑えたものにしようと考える人が多いのです。

ローコストなバーチャルオフィスの落とし穴とFIRMの特徴

ついついコストだけを見てバーチャルオフィスを選んでしまいがちですが、時にはオプション費用の発生や、融資審査への影響、サービスのクオリティなどがビジネスを営む際の障害となる場合も。

ここではバーチャルオフィスのよくある落とし穴を踏まえたうえで、バーチャルオフィスFIRMの魅力を改めて整理しました。

オプション費用の発生

登記費用や郵送物の転送費用などさまざまなオプション費用が設定されているバーチャルオフィスも少なくありません。その結果、表面上の月額費用は低くても、ビジネスを円滑に営むために一通りサービスを利用すると、かえって高コストになってしまう場合も。

よくある追加費用の例

  • 郵送物の転送費用
  • 更新手数料
  • 保証料
  • 法人登記費用

など

バーチャルオフィスFIRMはこれらすべての費用が無料(郵送物の転送は月1回無料)のため、追加費用がかかる心配なく、真にローコストでバーチャルオフィスを持つことができます。

入居企業の審査が甘い

即日で審査が完了することなどをセールスポイントにして、甘い審査で多くの企業を募るバーチャルオフィスが散見されます。

こうしたバーチャルオフィスには同じ住所に反社を始め金融機関の審査などにネガティブに働く企業が入居している場合も。すると、住所が同じということで、他の入居企業の審査にも影響が出て、思うように融資が受けられないリスクがあるのです。

その点、バーチャルオフィスFIRMは手堅い審査で信頼のおける企業が入居しています。また、池袋の一等地に立地し、かつ住所にビル名が入っていることから、金融機関からも信用されやすいのです。

無人バーチャルオフィスでは郵便物の転送ができない場合も

格安なバーチャルオフィスの中には無人で運営されている場合もあります。無人のバーチャルオフィスは、届いた郵便物を捌くことができないため、転送を受け付けていないオフィスも少なくありません。

その結果、いつの間にか期限が過ぎて郵便物を受け取れなかったり、都度取りに行く手間が発生したりといったデメリットがあります。

その点、バーチャルオフィスFIRMは月1回無料で、郵便物を自宅や普段の作業場所に転送してもらえます。また1回あたり500円で何度でも転送を受け付けているので、一時的に転送頻度が多くなる場合も安心です。

まだある!バーチャルオフィスFIRMの嬉しい取り組み

バーチャルオフィスFIRMでは、起業家やフリーランスに役立つ独自のサービスや取り組みを実施しています。うまく活用すれば、ビジネスをさらに加速させられるでしょう。

開業・創業時の無料相談

開業・創業時における無料相談を受け付けています。便利なツール・アプリなども紹介してもらえるため、創業準備が無駄なくスムーズに進みます。また、事業計画書の作成相談にも対応しているので、金融機関の借入を受ける際などにも便利です。

WEBアプリ開発支援

ビジネスに関連する独自のウェブ・モバイルアプリ開発をおこないたいという起業家向けのサービスもあります。

バーチャルオフィスFIRMは東欧のWEBアプリ開発企業と業務提携しているため、ローコストで質の高いソフトウェア開発が可能に。オフショア開発にはなりますが、日本でもすでに多くの開発実績を持っているので安心です。

事業開発支援

事業計画が定まっている人向けに、計画を実行に移すまでのサポートを無料でおこなっています。特にBtoBの経験が豊富なメンバーが集まっているので、該当するビジネスを検討している人にはおすすめです。

必要に応じて次のようなサポートもおこないます。

  • マーケティング戦略
  • アクションプランの立案
  • 営業代行

うまく活用すれば、創業初期の売上を順調に確保できるでしょう。さらに今後は、フリーランスや起業家向けのサービスを拡充予定です。

起業家やフリーランスをつなぐオンラインイベントを開催

バーチャルオフィスFIRMでは起業家やフリーランスのネットワーキングを目的としたオンラインイベントを定期的に開催しています。

様々な人と交流することで、BtoBビジネスにおける顧客開拓や、新たなビジネスアイデアの発掘やビジネスの拡大につなげることもできるでしょう。

バーチャルオフィスFIRMはこんな人におすすめ

ローコストで信用上もプラスに働くバーチャルオフィスFIRM。起業してビジネスを始めようとしている人はもちろん、副業のためのバーチャルオフィスを探している人、またビジネスを始めるうえでサポートが欲しい人などにもおすすめです。

ローコストで安心できるバーチャルオフィスを探している人

  • 自宅とは別の住所を名刺やWEBサイトに記載しプライバシーを守りたい方
  • 安くて安心できる都内一等地のバーチャルオフィスを探している方

週末起業を始めたい方で、バーチャルオフィスを探している方

バーチャルオフィスを利用すれば、ビジネスや副業などで使用する名刺に自宅以外の住所を書くことが可能に。公私を分けてプライバシーを守ることができます。

また、コストは安いながらも、都内の一等地の住所にバーチャルオフィスを持てるのが、バーチャルオフィスFIRMのメリット。後々融資の審査などを受ける予定がある人などにもおすすめです。

週末起業の人は得られる収入が限られているため、オフィスに費用はかけたくないでしょう。バーチャルオフィスFIRMはオプション費用などがかからず、ローコストでバーチャルオフィスをもつことができます。

会社設立に住所が必要な方

  • 会社設立のために住所が必要な方
  • 登記する住所にビル名をつけたい方

会社設立の際には、登記などに住所が必ず必要です。また、金融機関から借入をおこなう際の審査も、住所がなければ審査通過は現実的ではありません。バーチャルオフィスなら安価に登記や審査に利用するための住所を持つことができます。

また、住所にはビル名がついていた方が正当なオフィスとの印象を持たれ、評価上プラスに働きます。その点でもバーチャルオフィスFIRMがおすすめです。

ビジネス拡大に役立てていきたい方

  • ビジネスパーソンと情報交換の場が欲しい方
  • 最先端のシステム開発やWebアプリ開発支援を受けたい法人の方
  • 法人設立にあたり、事業立ち上げ後に不安を感じている方

バーチャルオフィスFIRMを利用することで、さまざまなビジネスパーソンと交流する機会を持つことができます。情報交換はもちろん、ビジネスチャンスの発掘にも繋げることが可能です。

また、起業や法人設立を順調に進めるためにサポートを受けたいという人にもおすすめ。バーチャルオフィスFIRMの無料サポートを受ければ、スムーズにビジネス立ち上げを進められます。

実際の利用者の声

既にバーチャルオフィスFIRMでオフィスを持っている方からは、ここまで紹介したような特徴や魅力を実感し、満足している声が寄せられています。

  • コロナ禍でも接触が少なくオフィス機能を利用できることが決め手になりました。(男性)
  • オフィスに届いた郵便物が毎月自宅へ無料転送されるのが便利で助かっています。(男性)
  • 法人化にあたって自宅からも近い豊島区の住所が魅力的でした。(女性)

このように、ただローコストなだけでなく、バーチャルオフィスとしての機能や一等地にオフィスを構えられることにメリットを感じている利用者が数多くいます。

ローコストで質の高いバーチャルオフィスを持ちたいならFIRMがおすすめ

バーチャルオフィスFIRMでは個人の場合で月額2,980円、法人の場合で3,980円で池袋の一等地に登記上のオフィスを持つことができます。

名刺における住所記載や金融機関の借り入れ審査を受ける際などの信用補完にも有効。またビジネスの拡大につなげるためのサポートも受けられます。

ローコストでの起業や副業のために安心できるバーチャルオフィスをお探しの方にはFIRMがおすすめです。今回の記事をふまえて、さらにバーチャルオフィスFIRMの詳細を確認したいという方は、こちらから資料請求をおこなってください。

≪FIRM運営事務局≫Twitter:twitter.com/VO_CoFIRM

関連記事
ウィズコロナ、アフターコロナのニューノーマルなオフィスの在り方
個人事業主でも賃貸物件は借りられる?事業用物件の審査や契約時のポイントを解説

(監修: Catalyst株式会社
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ