「アースアイズ」が工場内のヒヤリハット・マニュアル違反行動・火災を検出するカメラを活用したクイック診断サービスをリリース

tool

2022年11月7日、アースアイズ株式会社は、工場内のヒヤリハット・マニュアル違反行動・火災を検出するクイック診断サービスの提供を開始することを発表しました。

このクイック診断サービスは、工場内のIPカメラにアースアイズのAI BOX「Server lite」をつなげることで、工場内などにおけるヒヤリハット・マニュアル違反行動・火災・人動線の障害物・消防法にかかわる閉鎖障害物などを検知し、即座に通知するサービスです、

工場内でのヒヤリハット行動やマニュアル違反をテレビ会議でアースアイズに共有し、現場の映像を送ることでクイック診断が可能です。

実際の事故・ヒヤリハットの映像がなくても、アースアイズが独自のAI解析技術やCG加工などによりAI学習を行い、工場内での検知を実現します。

ヒヤリハットとは、重大な事故・災害が起きてはいないものの、事故・災害に直結してもおかしくない出来事のことです。

思いがけない出来事に「ヒヤリ」とする、事故寸前のミスに「ハッ」とすることが名前の由来です。

ヒヤリハットの概念自体は多くの経営者・現場に認知されており、リスクマネジメントの観点からも重要視されています。

さらに、1920年代にアメリカの損害保険会社に勤務していたハーバード・ウィリアム・ハインリッヒ氏の調査によると、「1件の重大事故には、29の軽微な事故と、その背後に300件のヒヤリヤット」が隠れていると指摘しました。

これはハインリッヒの法則(1:29:300の法則)と呼ばれ、世界中の現場において事故発生防止の際の考え方で活用されています。

ヒヤリハットは、環境・設備の不具合、作業員の些細なミスなどが原因ですが、これらを根本的に取り除くことは不可能です。これは、設備が経年劣化することや、作業員の日々の体調の変化をコントロールすることができないことが理由です。

そのため重大事故を防ぐためにヒヤリハットをなくすには、現場をリアルタイムで監視し、もしヒヤリハットがあった場合、それを即座に通知するような仕組みを構築することが必要です。

アースアイズは、カメラとAI技術を活用することでこのシステムを構築し、工場などの現場の重大事故を防止することに貢献しています。

アースアイズ株式会社のコメント

このニュースを受けまして、アースアイズ株式会社よりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

ヒヤリハットは様々なパターンをAIカメラに学習させておけば未然に防ぐことができます。

今回のクイック診断は、当社システム導入前にニーズに合った検知が可能かどうかを検証するサービスです。

本サービスは、お問い合わせをいただいたお客様とのオンライン会議や実際の現場に設置している録画映像(ヒヤリハット、マニュアル違反、火災などの行動や事象の録画映像含む)をご提供いただき、当社の「ee Digital Twin」技術と組み合わせ、AIで画像解析を実施します。

・今後の展望を教えてください。

工場内だけではなく、様々な防災や危険検知に応用出来ると考えています。

・読者へのメッセージをお願いします。

弊社はAI搭載の防犯カメラで実績がありますが、その技術を応用して様々な業界への活用が可能と考えています。まずはご相談ください。

AIはこれまで不可能だったシステムを実現しています。ビジネスによって非常に有効なシステムもあるため、導入を検討するとよいでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ AIカメラ Server lite アースアイズ カメラ クイック診断 ヒヤリハット マニュアル違反 予防 事故 工場 検知 火災 監視カメラ 通知 防犯カメラ
詳細はこちら

AIカメラのアースアイズから工場内でのヒヤリハット・マニュアル違反行動・火災を検出する新システム(ee Digital Twin)クイック診断のサービス開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

触覚センシング技術を開発する「FingerVision」が1億円調達
2022年3月23日、株式会社FingerVisionは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 画像(カメラ)をベースに触覚を再現する触覚センシング技術の開発と実用化に向けた取り組みを行…
中小企業製造業工場向け案件管理・経営判断支援SaaS「monit」運営の「トランスミット」が1.24億円調達
2021年10月14日、トランスミット株式会社は、総額1億2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中小企業製造業工場の案件管理や経営判断を支援するSaaS「monit(モニット)」を運…
クラウド録画サービス「セーフィー」が新型コロナ対策支援パッケージの無料提供を開始
2021年1月19日、セーフィー株式会社は、「Safie Pocket2(セーフィー ポケット2)」を2カ月間無料で利用できる新型コロナ対策支援パッケージの提供を開始したことを発表しました。 セーフィ…
工場の現場作業を高精度に解析する画像認識ソフトウェア「Ollo Factory」を展開する「Ollo」が2億円調達
2022年7月11日、株式会社Olloは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Olloは、作業を高精度に解析する画像認識ソフトウェア「Ollo Factory」や、高精度の顔認証ソフ…
工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」運営の「ファースト・オートメーション」が1億円調達
2021年10月29日、株式会社ファースト・オートメーションは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 工場自動化プロジェクト管理SaaS「ROGEAR」の開発・運営や、工場自動化提案コ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ