注目のスタートアップ

顧客対応クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が10億円調達

company

2022年5月31日、株式会社インゲージは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

インゲージは、顧客対応クラウド「Re:lation(リレーション)」、社内外のメールを集約するメール共有・管理クラウドサービス「Re:lation for Biz」を提供しています。

「Re:lation」は、メール・チャット・LINE・Twitterなど様々な問い合わせ情報の一元管理・社内共有を可能とするクラウドサービスです。

2022年1月には電話機能も追加しています。電話の受発信だけでなく、会話内容が自動で文字起こしされるため、電話による問い合わせ情報を蓄積・共有することが可能になります。

今回の資金は、人材採用の強化、開発力の強化に充当します。

スマートフォンの普及やSNSなどコミュニケーション手段の多様化により、企業と顧客の接点は以前とは比べ物にならないほど多様化しています。

接点の多様化は管理の複雑さを生んでしまいますが、販売機会を最大化できるなどのメリットもあります。

そこで顧客との多様な接点を戦略的に用意しこれを管理するマルチチャネル化が注目されています。

マルチチャネル化は、製品のみの差別化だけでは市場の拡大を狙えなくなった状況において、顧客に製品以外の部分で価値を提供することで売上・継続率の向上につなげることができます。具体的には、顧客ごとに最適なコミュニケーションを実施することで顧客体験を向上させます。

一方でマルチチャネル化の課題のひとつとして、様々な接点があることで管理が煩雑になることが挙げられます。問い合わせ対応で発生しがちな問題として、二重対応や対応漏れ、対応のクオリティのばらつき、担当者の振り分けに時間がかかるなどがあります。

「Re:lation」は、この問い合わせを一元管理し、顧客対応のクオリティを向上させると同時に業務効率化を図るクラウドサービスです。

顧客管理システムとしては電話に対応していることが特徴的です。電話による会話を自動で文字起こしするため、通話後にメモを残したりする時間を削減することができます。またテキストによって情報が残るため、口頭だけでのコミュニケーションで発生しがちな「言った・言わない」問題を防ぐことができます。

顧客満足度の向上が重要視されている中、カスタマーサポートの重要性も高まっています。質の高いカスタマーサポートを提供するためには専用のツールやシステムの導入が有効です。「冊子版創業手帳」では、カスタマーサポートなどを効率化・最大化させるためのシステムの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LINE Re:lation Twitter インゲージ クラウド チャット メール リレーション 一元管理 会話 共有 問い合わせ 情報 文字起こし 株式会社 管理 自動 資金調達 電話 顧客対応
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

お金のオンラインチャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」など運営の「400F」が3.6億円調達
2022年1月26日、株式会社400Fは、総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 お金のオンラインチャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」や、お金の悩み・疑問を解決するW…
顧客データ統合ツール「MAGNET CDP」がノーコード・データベース・サービス「Airtable」とAPI連携開始
2021年3月24日、株式会社KIYONOは提供する「MAGNET CDP」において、Airtableが提供する「Airtable」とのAPI連携を2021年4月から開始することを発表しました。 KI…
デジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が10億円調達
2020年3月3日、株式会社Sun Asteriskは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 国内外に総勢1,500名のエンジニア、デザイナー、戦略コンサルタントなどを抱える、デジタル…
業界最大積載量の農薬散布ドローン「ヘリオスアグリ16」が販売開始
2021年8月17日、東京ドローンプラス株式会社は、「ヘリオスアグリ16」の正式販売を開始したことを発表しました。 「ヘリオスアグリ16」は、業界最大級となる16Lの積載が可能な農薬散布ドローンです。…
プリペイドカード型の福利厚生サービス「miive」が4月下旬にリリース
2021年2月10日、株式会社miiveは、「miive(ミーブ)」を2021年4月下旬にリリースすることを発表しました。 「miive」は、プリペイドカード型の福利厚生サービスです。 企業は毎月定額…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ