オウンドメディア構築・運営サービス「Media LIFT」がリリース

tool

2022年5月20日、株式会社デジタリフトは、「Media LIFT(メディアリフト)」を提供開始したことを発表しました。

「Media LIFT」は、SEOコンサルティングやコンテンツマーケティングを中心としたオウンドメディア構築・運用サービスです。

クライアント企業の業種・業態に応じた最適なSEOを提案すること、SEO専門家が専属コンサルタントとして参画してWebマーケティング全体の戦略までサポートすること、内製化支援を行うことを特徴としています。

SEO(Search Engine Optimization)とは、「検索エンジン最適化」のことです。

Google検索などの検索エンジンは、自動でWebサイトを巡回し、そこに書かれている情報収集・保存・整理を行います。そして、ユーザーの検索に応じて最適なページを表示するという仕組みとなっています。

Webサイトの内容をGoogle検索などの検索エンジンが理解しやすいように最適化するのがSEOという取り組みになります。

日本ではGoogle検索とYahoo!検索を使用している人がほとんどであり、さらにはYahoo!検索はGoogle検索と同じアルゴリズム使っているため、Google検索へのSEO対策を行うことがもっとも効果が高いといわれています。

Google検索が検索順位を決める際のアルゴリズムは頻繁にアップデートが行われており、検索順位を上位に表示させるためのテクニックも日々更新され続けています。

近年はよりユーザーが求めている情報を提供するページが上位に表示されるようになっており、コンテンツの質と業種ごとのSEO対策が重要となってきています。

株式会社デジタリフトのコメント

このニュースを受けまして、株式会社デジタリフトよりコメントが届きました。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

(1)事業やメディアの成長フェーズに合わせてプランを選べる&金額は少額のプランから用意しているので無駄な多額のコンサルフィーを支払う必要がない
(2)ユーザーに対して良質なコンテンツの作成や、利便性を追求したサイト構造の提案を行うことでより良いコンテンツの提供をする
(3)弊社メイン事業である広告運用と掛け合わせることで、広告とSEOのコスト最適化や効果の最大化にコミットできる

・今後の展望を教えてください。

(1)クリエイティブ領域での支援を強化し、オウンドメディアに重要になってきている世界観の醸成やブランディング観点での支援を行う
(2)運用型広告とSEOだけでなく、SNSマーケティングやアフィリエイトなどマルチチャネルでサービス展開をしていき、クライアントのデジタルマーケティングを包括的にグロースできるようなサービスを強化していく

・読者へのメッセージをお願いします。

SEOの領域は目まぐるしく環境が変化しております。検索順位を決定するGoogleが近年、重要視しているのは、「ユーザーにとって価値のあるメディアやコンテンツ」を追求することです。我々のサービスは従来のSEOはもちろんマークしながらも、ユーザーのインサイトを深く分析し、よりユーザーに評価されるようなメディアをクライアント様と共に作り上げていきます。

企業のWebサイトは、顧客への情報提供や信頼性の確保のために重要な存在です。「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ Media LIFT SEO Web Webマーケティング オウンド・メディア オウンドメディア コンサルティング コンテンツ・マーケティング サービス デジタリフト マーケティング メディア メディアリフト リリース 株式会社 構築
詳細はこちら

デジタリフト、SEOサービス「Media LIFT(メディアリフト)」の提供を開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モノの貸し借りアプリ「Alilce.style」運営の「ピーステックラボ」が22.7億円調達
2021年7月7日、株式会社ピーステックラボは、総額約22億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 モノの貸し借りアプリ「Alilce.style(アリススタイル)」を運営しています。…
サクラマスの循環型養殖を展開する「Smolt」が資金調達
2019年12月19日、株式会社Smoltは、資金調達を実施したことを発表しました。 資源量が少なく流通も少ない希少な魚であるサクラマスの循環型養殖技術を開発した、宮崎大学発のベンチャー企業です。 人…
仮想通貨の損益計算ツールや投資SNS「アイデアブック」を提供する「クリプタクト」が4億円調達
2020年12月10日、株式会社クリプタクトは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 仮想通貨(暗号資産)の損益計算から資産管理、確定申告までサポートするサービスや、式・為替・仮想通貨等…
不動産の企画・開発「Unito」が7,000万円調達 サブスク住居「unito」をリリース
2020年2月25日、株式会社Unitoは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、外泊したら家賃が安くなる住居「unito(ウニット)」のサービス・サイトをオープンしたこ…
VR事業など展開の「アビックシステム」とダンスのオンラインレッスンサービスなど提供の「だんきち」が資本業務提携
2022年6月15日、株式会社アビックシステムは、株式会社だんきちに出資し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 アビックシステムは、システム開発事業・IT基盤ソリューション事業、ビジネスソ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ