注目のスタートアップ

猫の活動データを記録する首輪型デバイス「Catlog」展開の「RABO」が13.2億円調達

company

2022年4月6日、株式会社RABOは、総額約13億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、衛生用品大手のユニ・チャーム株式会社と、トイレ製品開発、フード開発、海外展開事業などを中心とした資本業務提携を行ったことも発表しています。

RABOは、首輪型デバイス/スマートフォンアプリ「Catlog(キャットログ)」、食事管理サービス「Catlogフードケア」、トイレ・体重管理のIoTデバイス「Catlog Board」を展開しています。

プロダクトの開発・提供だけでなく、「猫様の健康を考える日(仮称)」や、イエネコ行動データの専門研究機関「Catlog総合研究所」の設立など、猫の健康管理の重要性の啓発・再定義を行っています。

ペットの飼育頭数は減少傾向にあるのですが、ペットも家族の一員であるという価値観が浸透したことにより、国内ペット市場は増加傾向にあります。これは、プレミアムペットフードや動物医療の消費が増加したことが要因だと考えられています。

一方で、ペットを取り巻く環境は未だ良いとはいえない状況にあります。

2020年度の国内における保護犬・猫の殺処分数は、約2万3,000頭/匹となりました。年々引き取り数(保護団体で引き取られる数)が減少し、返還・譲渡数が上昇していることもあり、殺処分数は大きく減少しています。

しかし殺処分数などは減っているのですが、そういった数値からは見えない問題があります。たとえば、一般の飼い主やブリーダー・業者による多頭飼育崩壊という問題です。多頭飼育崩壊とは同時に複数の動物を飼育することにより、動物の管理や餌不足などが起き、健全な飼育ができていない状況のことです。複数飼育することにより騒音・異臭・脱走などが発生し、近隣住民に迷惑をかけてしまう事例もあります。

また日本国内で動物を飼うには、ペットショップで買うという手段が一般的です。しかし店頭販売はケージという環境でストレスがかかること、ちゃんと責任を持って飼育できる飼い主なのか見極めることが難しいことが課題となっています。

日本ではペットへの価値観が変化し家族化が進んできています。一方で業界の構造はあまり変わっておらず、新たにペットを飼いたいという人もこのペット生産のシステムに乗るしかありません。真にペットが幸せな環境で誕生しその生命をまっとうするためには、業界・消費者のさらなる意識の変革が必要です。

そして、世界的にESGに関する適切な対応が求められるようになってきているなか、欧米を中心に重要なテーマであると認識されている「アニマルウェルフェア(動物が生活及び死亡する環境と関連する動物の身体的及び心理的状態)」は、日本国内ではあまり浸透していません。RABOは、猫の健康管理を推進する企業として、ペットテック×ESGを牽引していくことを表明しています。そのために、医療機関やペット関連企業との連携を加速させ、様々な動物が自然に生きていけるための環境の構築を目指していくとしています。

新たなプロダクトや大きな機能の開発には資金調達が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法などを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Catlog ESG IoT RABO アニマルウェルフェア キャットログ データ デバイス トイレ ペット 健康 動物 株式会社 資金調達 首輪
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム運営の「M&Aクラウド」が10億円調達
2021年10月27日、株式会社M&Aクラウドは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営しています。 オンラインで買…
オンラインAI動作解析ツール「Sportip Pro」が総合型地域スポーツ・クラブ「ヴァンフォーレスポーツクラブ」に導入
2020年10月8日、株式会社Sportipは、「Sportip Pro」が、一般社団法人ヴァンフォーレスポーツクラブに導入されたことを発表しました。 Sportipは、オンラインAI動作解析ツール「…
「SmartHR」の子会社が会議改善クラウド・サービス「SmartMeeting」クローズドβ版を公開
2019年7月16日、株式会社SmartHRの子会社である株式会社SmartMeetingは、「SmartMeeting」を公開し、クローズドβ版の事前登録を開始したこと発表しました。 「SmartM…
コミュニケーション・ロボット「OriHime」など開発の「オリィ研究所」が5億円調達
2020年10月15日、株式会社オリィ研究所は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の製品・サービスを開発・提供しています。 ・遠隔操作で自由自在に動かせる小型分身ロボット「Ori…
SleepTech事業の「ニューロスペース」が3.4億円調達
2019年4月8日、株式会社ニューロスペースは、総額3億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 睡眠計測デバイス内蔵のマットレス「スマートマットレス」や、睡眠アプリ「Real Slee…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ