注目のスタートアップ

対話型音声AI SaaSを提供する「IVRy」が30億円調達

company

2024年5月23日、株式会社IVRyは、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。

IVRyは、対話型音声AI SaaS「IVRy(アイブリー)」を開発・提供しています。

自動応答(IVR)、電話転送、SMS送信、AI自動文字起こしなどの機能により、さまざまなシーンでの電話業務を自動化し、フロントオフィス業務の効率化・生産性向上を実現するSaaSです。

現在、大規模言語モデル(LLM)を活用した音声対話AIの機能開発に注力しています。

LLMの能力を制御し向上させる効果的な手段として、さまざまなAI機能を組み合わせた複合AIシステム(コンパウンドAIシステム)を構築し、SaaSとして提供する計画です。

今回の資金は、「音声コンパウンドAIシステム基盤」を実現するためのR&D人材の採用、ビジネス・組織体制強化のための人材採用、マーケティング・セールスの強化などに充当します。


電話対応は多くの業界で欠かせない業務ですが、その内容の重要度はさまざまです。しかし、電話を受けて内容を確認しなければ重要度を判断できないという点が大きな課題となっています。

重要な連絡を逃さないために、電話がかかってくると仕事を中断して対応しなければならず、これが業務負担となり、生産性の低下を引き起こします。

この問題を解決するために電話対応代行サービスが提供されていますが、中小企業やスタートアップ、フリーランスや士業にとってはコストが高く、導入が難しいという課題があります。

そこで注目されているのが、AIを活用した電話対応サービスです。近年のAI技術の進歩により、音声の高精度な解析が可能となり、電話対応の自動化が実現しています。AIを活用したサービスは比較的低コストで導入できるため、中小企業やスタートアップでも採用が進んでいます。

「IVRy」は、自動応答(IVR)、電話転送、SMS送信、AI自動文字起こしなどのさまざまな機能により、企業の電話対応業務の自動化・効率化に貢献しています。

さらに、大規模語言語モデル(LLM)を活用し、より高度な機能の実装を目指しています。

人手不足が深刻化している状況において、デジタルツール導入による業務効率化は、重要な要素のひとつとなっています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

また、抜本的なシステム整備のためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AI音声 BtoB DX IVRy LLM SaaS アイブリー サービス 営業 大規模言語モデル 対話 対話型AI 応答 株式会社 自動 自動化 資金調達 電話 電話対応 音声 音声認識
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

eスポーツ・チーム「REJECT」運営の「CYLOOK」が3.6億円調達 「REJECT」に社名変更
2021年4月26日、株式会社CYLOOKは、総額約3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社CYLOOKから株式会社REJECTに社名変更を行ったことも併せて発表しま…
抹茶マシンと茶葉を届ける抹茶ブランド「CUZEN MATCHA(空禅抹茶)」を展開する「World Matcha」が7億円調達
2024年1月23日、World Matcha株式会社は、米国親会社であるWorld Matcha Inc.が、500万米ドル(約7億円)の資金調達を完了したことを発表しました。 World Matc…
ブライダル業界に特化したマーケティングツール「Oiwaii」などを提供する「TAIAN」が8,200万円調達
2022年7月28日、株式会社TAIANは、総額約8,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 TAIANは、ブライダル業界に特化したマーケティングツール「Oiwaii(オイワイー)」や、W…
ホームセキュリティサービスやスマートタウン向け統合サービスなどを展開する「Secual」が資金調達
2022年7月20日、株式会社Secualは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社横浜銀行と株式会社デジタルガレージが共同で設立した投資ファンド「Hamagin DG Innov…
フリーランス向け報酬即日払いサービス「yup先払い」β版がリリース 併せて資金調達も
2019年9月26日、yup株式会社は、「yup(ヤップ)先払い」のβ版を同日にリリースしたことを発表しました。 また、資金調達を実施したことも併せて発表しました。 「yup先払い」は、フリーランス向…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】