注目のスタートアップ

シンセティックデータ(合成データ)を生み出すシンセティックAIを活用した事業を展開する「データグリッド」が3億円調達

company

2021年11月29日、株式会社データグリッドは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

合成された動画像や音声データなど(シンセティックデータ)を生成するAIであるシンセティックAIの開発や、シンセティックAIを活用したソリューションを展開しています。

シンセティックAIを活用したプロダクトとして、全身写真をアップロードすることで瞬時にアパレル商品の試着イメージを生成する「kitemiru」(クローズドβ版)や、ストックフォトサービスを展開するイメージナビと共同で人物の合成データ(デジタルヒューマン)を人物素材として提供する「INAI MODEL」などを提供しています。

今回の資金は、さらなる技術開発や、新事業開発の強化などに充当されます。

AIの開発には学習が欠かせません。

学習には大量のデータが必要となりますが、様々な事情により利用が制限されているデータもあります。

たとえば個人情報は流出した際のリスクが高いですし、法律による制限もあります。

この課題を解決するため、学習に利用できるシンセティックデータ(合成データ、フェイクデータ)というものが登場しました。

シンセティックデータは、コンテンツやデータを自ら生成するAIの開発の発展によって生まれたものです。

たとえばグリッドデータのシンセティックAIは、実在しない人間の高解像度の全身像を生成することができます。

このシンセティックデータを利用することで、プライバシーの問題を排除しながらAIの学習を行うことができます。

また、企業に眠っている様々な事情で利用できないデータをシンセティックデータに置き換えることによって、データの流通なども進んでいくと考えられています。

AIは様々な領域でサービスを高度化させています。業務効率化に大きく貢献するサービスもあるため、自社に最適なものを導入すると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、社内システムの構築のノウハウについて詳しく解説しています。業務効率を向上させるツールを導入し、ビジネスを加速させましょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI シンセティック・データ シンセティックAI データ データグリッド デジタル・ヒューマン 合成データ 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

CtoCのプログラミング学習プラットフォーム運営の「テックピット」が3,000万円調達
2019年9月26日、株式会社テックピットは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」を運営しています。 スキルのある…
成果報酬型の訪日外国人送客サービス提供の「NIPPON Passport」が2億円調達
2020年2月14日、NIPPON Passport株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 成果報酬型の訪日外国人送客サービス「NP パス」を提供しています。 旅マエ・旅ナカの…
ビューティー特化の動画メディア運営の「DINETTE」が資金調達
2019年7月16日、DINETTE株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ビューティー特化型動画メディア「DINETTE(ディネット)」と、コスメのプライべート・ブランド「PHOEBE …
運動習慣を形成するヘルスケアアプリ運営の「BeatFit」が2億円調達
2021年10月19日、株式会社BeatFitは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 運動不足を解消するヘルスケアアプリ「BeatFit」を開発・運営しています。 オリジナル製作の音…
セミパーソナライズのファッションを開発・提供する「SOLIT」が資金調達
2021年11月2日、SOLIT株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 多様性や多様な価値観をすべて受け入れることのできる社会のビジネスの面からの実現を目指しています。 ひとつのサービス・…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ