スニーカー・アパレル売買プラットフォーム運営の「モノカブ」が4.5億円調達

company

2020年12月15日、株式会社モノカブは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

スニーカー・アパレルの売買プラットフォーム「モノカブ」を運営しています。

偽物の流入を排除するため取引ごとに専門スタッフによる鑑定を行っていることや、板寄せ方式という証券取引所の売買成立方法を取り入れ、入札・販売それぞれのオファーを可能としていることを特徴としています。

2020年12月現在、スニーカーとストリート・ウェアを取り扱っていますが、今後商材の幅を広げていき、利便性の高いCtoCへの成長を目指しています。

今回の資金は、「モノカブ」への投資と、オペレーションの最適化、採用強化に充当されます。

経済産業省の発表によると、2019年のCtoC-ECの市場規模は1兆7,407億円(前年比9.5%増)と推計されており、今後も伸長していくことが予測されます。

市場拡大の背景には、「メルカリ」などのフリマ・アプリの成長が要因だとみられています。しかし、フリマ・アプリの取引では、偽物や、適正な価格がわからないという問題があります。

スニーカーなどの希少性の高い商品はこのようなフリマ・アプリでは取引がしづらく、「モノカブ」のようなプラットフォームが必要となります。

また、「モノカブ」など希少価値の高い商品を扱うプラットフォームは、コミュニティとしての側面を帯びることがあります。熱量の高いコミュニティとして運営できれば、市場を牽引することができるでしょう。

プロダクトの販売のためにはECサイトが有効です。しかし自社で一からECサイトを構築するのはコストを考えると難しいでしょう。そのためECサイトを構築するためのサービスを活用するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、ECプラットフォームの種類や選び方、構築方法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CtoC EC アパレル スニーカー プラットフォーム モノカブ 売買 板寄せ 株式会社 資金調達 鑑定

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

道路点検AI開発の「アーバンエックステクノロジーズ」が8,000万円調達
2020年10月15日、株式会社アーバンエックステクノロジーズは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 道路点検AIや、道路損傷検出サービス「My City Report for…
TikTok特化のタレント・プロモーション展開の「Natee」が資金調達
2020年2月5日、株式会社Nateeは、資金調達を実施したことを発表しました。 TikTokに特化したタレント・プロモーションを展開しています。 2020年1月に、TikTok公認MCN契約を締結し…
個人ECをノーコードで作成できる「Appify」提供の「Appify Technologies」が2億円調達
2020年10月12日、株式会社Appify Technologiesは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人ECアプリをノーコードで作成できるサービス「Appify(アッピファ…
「フロンティアパートナーズ」が新しいフリーランス向け「案件紹介サービス」をリリース
2020年1月27日、株式会社フロンティアパートナーズは、「案件紹介サービス」をリリースしたことを発表しました。 病気やケガ、育児や介護の時にも収入を確保できる、フリーランス向けのサービスです。 利用…
M&Aコアドバイザーの「GCA」がヘルスケア/ライフ・サイエンス特化の子会社「GCAヘルスケア」を設立
令和2年4月1日、GCA株式会社は、GCAヘルスケア株式会社を設立したことを発表しました。 GCAは、独立系専業M&Aアドバイザリー・ファームです。 どの金融機関にも属さず、クライアントの最善の利益の…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ