決裁者マッチング支援SaaS「ONLY STORY」運営の「オンリーストーリー」が3.45億円調達

company

2020年6月15日、株式会社オンリーストーリーは、総額約3億4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

狙った企業の決裁者まで一気にアプローチするための、決裁者マッチング支援SaaS「ONLY STORY」を運営しています。

「ONLY STORY」には、多数の経営者の情報が掲載されています。有料会員は、従業員規模や購買ニーズなどの条件検索ができ、メッセージを送ったり、推薦された会社とのメッセージ・ルームをつくることで、決裁者に直接アプローチすることができます。

今回の資金は、カスタマー・サクセスを中心としたプロ人材の採用強化や、プロダクト開発の強化、提案先企業の登録獲得などに充当されます。

働き方改革や業務効率化により、営業支援のためのツールやサービスは数多くリリースされています。

受注につなげるためには、決裁者による決定が必要となります。そのため営業活動では、決裁者や決裁ルートを把握したり、担当者が決裁者に相談してくれるよう営業を工夫したりしなくてはなりません。

なので、成功率を上げるためには、決裁者に直接アプローチをしたほうが効果的だと考える営業マンも多くいます。

しかし、営業支援ツール・サービスにおいては、決裁者へのリーチに特化したものはほとんどなく、オンリーストーリーはこの領域に特化することで差別化を図っています。

良いプロダクトやサービスを開発したとしても売れなければ意味がありません。「冊子版創業手帳」では、創業期だからこそ導入したい営業支援ツールについて詳しく解説しています

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ONLY STORY SaaS オンリーストーリー マッチング 営業 支援 株式会社 決済者 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ