注目のスタートアップ

SaaS型複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を展開する「Another works」が4.6億円調達

company

2022年10月12日、株式会社Another worksは、総額約4億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Another worksは、SaaS型の複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を展開しています。

スキルアップや地域に貢献したいなど、経験報酬・感情報酬を含めた多様な目的を持つ複業人材と企業をマッチングするサービスです。

企業以外にも、自治体・スポーツチーム・教育機関などでも複業人材の登用を促すため、「複業クラウドfor Series」として、「複業クラウド for Public」「複業クラウド for Sport」「複業クラウド for Academy」を展開しています。

今回の資金は、グローバル展開を見据えた、新規事業開発・マーケティング・採用活動の強化に充当します。

人びとの柔軟な働き方を実現するため、政府・企業はさまざまな取り組みを進めています。

とくに政府による2018年1月の「モデル就業規則」の改訂により、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定が削除されたことは大きなできごとでした。規定の削除に加え、副業・兼業に関する規定を新設したことにより、2018年から副業・兼業が解禁された、といわれるようになりました。

副業・兼業は単純に収入を増やすという目的だけでなく、キャリア形成のため、活躍できる場所を広げるため、さまざまな分野の人と交流するため、新たな知識・スキルを得るためなどさまざまな目的があります。

また、副業と似た言葉に複業があります。

副業は、本業が別にあり、サブとして別の仕事があるという意味で使われています。

複業は、複数の仕事を持つことをいい、いずれの仕事も本業と考える働き方という意味で使われています。パラレルキャリアとも呼ばれています。

Another worksはさらにこの「複業」を、キャリア形成・地域貢献など複数の目的を持つ働き方として定義し、この働き方の社会実装のため「複業クラウド」を展開しています。

株式会社Another worksのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Another worksよりコメントが届きました。

今回の資金調達の目的は何ですか?

調達した資金をもとに、グローバル展開も見据え、新規事業開発/マーケティング/採用活動を強化し、誰もが複業で挑戦できる世界を目指すためです。

今後の展望を教えてください。

新規事業開発/マーケティング/採用活動を強化します。

新規/海外事業開発では、「複業クラウドfor Series」を拡張させるための新規事業開発に投資します。特に、全国47都道府県での自治体連携の拡大や、グローバル展開を見据えた海外事業開発に注力します。また、年内にはスタートアップ向けのプランを新たに開始する予定です。

また、既存サービス「複業クラウド」をさらに強化するため、マーケティング強化や技術投資を行っていきます。

採用活動においては、当社のビジョン「挑戦する全ての人の機会を最大化する」に共感してくださる方の採用を全職種で強化し、パーパス経営による組織作りに注力していきます。

読者へのメッセージをお願いします。

金銭報酬を目的とした「副業」だけではなく、地元に貢献したい、スキルアップしたいといった感情報酬・経験報酬を目的とした「複業」こそがこれからの働き方のスタンダードになると確信しております。

「複業」が当たり前になれば、「複業」が全員の挑戦機会の選択肢になれば、転職や独立など大きく環境を変えることなく挑戦することができます。弊社のミッション「複業の社会実装を実現する」ためにも、一緒に未来を創る革命仲間が必要です。あなたの大切な人が何かに挑戦したいとき、障壁なく挑戦できる未来を創りませんか?一緒に未来を創る仲間を大募集しています。

採用ページ:https://company.aw-anotherworks.com/recruit

企業の成長には人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Another works SaaS プラットフォーム マッチング 人材 株式会社 複業 複業クラウド 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

植物肉「ミラクルミート」を開発・製造する「DAIZ」が植物性由来原料のリーディングカンパニー「Roquette」と資本業務提携
2023年1月24日、DAIZ株式会社は、Roquette(本社:フランス オー=ド=フランス地域)と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート…
難治性がんの治療薬・新型コロナウイルスワクチン研究開発の「ユナイテッド・イミュニティ」が5億円調達
2021年9月7日、ユナイテッド・イミュニティ株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自のナノ粒子型免疫デリバリーシステム(プルランナノゲル)を活用した免疫活性化の基盤技術…
会話サマリーAI電話「ピクポン」を提供する「pickupon」が2.4億円調達
2022年6月15日、pickupon株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 pickuponは、会話サマリーAI電話「pickupon(ピクポン)」を開発・提供し…
メタバースでの士業サービスを展開する「Robot Consulting」が資金調達
2023年5月29日、株式会社Robot Consultingは、資金調達を実施したことを発表しました。 Robot Consultingは、人事労務・助成金申請の補助システム「労務ロボ」の提供、メタ…
最先端血管内治療を実現する高度管理医療機器を開発する「Global Vascular」が2.5億円調達
2023年5月10日、Global Vascular株式会社は、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Global Vascularは、高度管理医療機器「下肢閉塞性動脈疾患用…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】