注目のスタートアップ

海上通信プラットフォーム「コースタルリンク」開発の「フューチャークエスト」が資金調達

company

2022年4月28日、フューチャークエスト株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

フューチャークエストは、海上通信プラットフォーム「コースタルリンク」を開発しています。

すべての舶同士、船舶と地上施設との間のシームレスな通信を実現することで、海難事故を減少させることを目的としています。

次世代AISと呼ばれる、VDESを活用した通信プラットフォームです。

VDES(VHF Data Exchange System)は、AISの規格を発展させ、より多くのデータ交換を行えるようにしたデータ通信インフラです。

今回の資金は、インターフェイスアプリケーションとシステムなどの開発、知的財産の拡充に充当します。

2022年夏から、小型船や港湾を中心とした実証検証を開始する予定です。

船舶では船の位置情報などを相互に送信することで衝突を予防する、船舶自動識別装置(AIS)が広く普及しています。

AISはVHF帯電波の専用周波数が割り当てられており、数秒ごとに、位置・速力・回頭角速度・航行状態、6分ごとに船名・IMO番号・信号符字・貨物の種類・全長全幅・GNSSのアンテナ位置・目的地・到着予定時刻・貨物情報・喫水といった情報を発信しています。

また、近年では人工衛星でこの電波を受信・解析することで、沿岸から電波を受信できない海洋上であってもほぼリアルタイムでの船舶航行状況を把握できるシステムが提供されています。

一方で、AISはすべての船舶に搭載されているわけではなく、AISを搭載していない小型船舶を見落とすことになります。また、日本周辺海域など大量の船舶が航行するような海域ではAIS通信網が圧迫され、円滑な通信ができないという課題も生じています。

この課題を解決するため、高速かつ効率的な通信を実現するVDESの開発が各国で進められているのです。VDESでは船舶における様々な通信を集約できる可能性があり、必要な装備がシンプルになるというメリットもあります。

フューチャークエスト株式会社のコメント

このニュースを受けまして、フューチャークエスト株式会社 代表取締役 瀧本朋樹氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

本調達では、現在開発を進めております海上通信プラットフォーム「CoastalLink」の各種PoCの獲得と知的財産の確保を目的としております。

・今後の展望を教えてください。

現在段階的に開発を進めております「CoastalLink」の基本アプリケーションを用いて、大型船・小型船・港湾などのユーザ候補と連携した実証試験の今夏開始を目指しております。

・読者へのメッセージをお願いします。

海洋領域は地球最後のフロンティアと言われています。その反面、人類には厳しい様々な環境が待ち受けています。私たちは、全ての人々が安全で安心な海洋利用を進めていける世界を作ってまいります。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ データ通信 プラットフォーム 株式会社 海上 海事産業 船舶 資金調達 通信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

Facebookの投稿をブログにするサービス「Beblog」がスタート
2020年1月22日、株式会社ズカンドットコムは、「Beblog(ビーブログ)」をスタートしたことを発表しました。 「Beblog」は、Facebookの投稿をブログとしてまとめるサービスです。 Fa…
猫の活動データを記録する首輪型デバイス「Catlog」展開の「RABO」が13.2億円調達
2022年4月6日、株式会社RABOは、総額約13億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、衛生用品大手のユニ・チャーム株式会社と、トイレ製品開発、フード開発、海外展開事業などを…
採血のいらない非侵襲血糖値センサー開発の「ライトタッチテクノロジー」が1.2億円調達
2021年7月5日、ライトタッチテクノロジー株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 採血をせずに血糖値測定ができる非侵襲血糖値センサーを開発しています。 ライトタッ…
NFCデジタル本人確認アプリサービス「CWORK」が正式リリース
2022年3月11日、コネクテック株式会社は、「CWORK」を正式リリースしたことを発表しました。 「CWORK」は、スマートフォンのNFC機能を利用して、本人確認用の主要ICカードに対応できる、本人…
アド・ネットワーク事業展開の「オメガ」が資金調達
2020年2月6日、オメガ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ビッグ・データを活用したアド・ネットワーク事業を展開しています。 また、日本語文字入力・着せ替えキーボード・アプリ「ANY…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ