「青山芸術」が案件・作業ごとに建築家がタッグを組める設計事務所向けプラットフォーム「architag」をリリース

tips

2021年11月26日、株式会社青山芸術は、「architag(アーキタッグ)」を提供開始したことを発表しました。

「architag」は、案件・作業ごとに建築家がタッグを組むことで設計事務所の新しい働き方を実現するプラットフォームです。

忙しく人手の足りない設計事務所が依頼を出すことで、独自の建築家データベースからスキル・忙しさなどの情報から総合的に判断し、希望にあった最適な建築家をサポーター候補として紹介するという仕組みとなっています。

また、事前入金・納品後振り込みなどのシステムによりお金関連の不安をなくしたり、用途に応じた業務委託契約書のテンプレートを用意したりすることでも、見知らぬ建築家と共に働くことを支援します。

青山芸術はほかに、個人向け建築家紹介プラットフォーム「titel(タイテル)」を運営しています。

まず建築市場のデータからみていきましょう。

日本建築士会連合会の公表しているデータによると、2020年4月1日時点で日本には約37万人の一級建築士がいます。

また一級建築士事務所は全国に約7万5,000軒あり、二級建築士事務所も含めると約10万軒と、非常に多くの設計事務所があることがわかります。

建築業界は案件の受注がベースにあるため、利益を伸ばすにはいくつもの案件を受注することや、実績を作ること、クライアントとの信頼関係を構築することが重要です。

そのため同時期に複数案件を受注することもあり、人手の足りない事態になってしまうこともしばしばです。

また所属している建築士が多忙にある場合、新たに案件を受注することが困難になってしまうということもあり、設計事務所はいつも人員に関して課題を抱えている状態にあります。

青山芸術はこの課題を、設計事務所と建築士をマッチングするプラットフォームを提供することにより解決しようとしています。

人材の採用は、企業の成長にとって重要です。しかし創業期の人材採用は大きな投資のため失敗ができません。「冊子版創業手帳」では、創業期における人材採用のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ architag titel アーキタッグ タイテル データベース プラットフォーム 人材 働き方 建築家 株式会社 紹介 設計
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データ連携基盤「WorkstyleOS」など提供の「ACALL」が5億円調達
2020年6月29日、ACALL株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィスワークにおける様々なスペースへのスマートなチェックインを実現するアプリケーション群「ACALL …
妊活コンシェルジュ・サービス提供の「ファミワン」が1.5億円調達
2020年4月6日、株式会社ファミワンは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 妊活コンシェルジュ・サービス「famione(ファミワン)」を開発・提供しています。 LIN…
ホテルの適正価格を提示するAIプラットフォームの「空」が資金調達
2019年9月4日、株式会社空は、資金調達を実施したことを発表しました。 ホテルの料金設定を効率化する「MagicPrice」と、無料のホテル経営診断ツール「ホテル番付」を運営しています。 「Magi…
倉庫シェアリングサービス運営の「souco」が4億円調達
2021年12月23日、株式会社soucoは、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 倉庫のシェアリングサービス「souco」を運営しています。 物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と…
介護士シェアリング・サービス「イチロウ」運営の「LINK」が6,500万円調達
2020年10月22日、株式会社LINKは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護士シェアリング・サービス「イチロウ」を運営しています。 要介護者が自宅で最期まで生活を送るこ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ