注目のスタートアップ

植物のゲノム編集プラットフォーム技術によりスピーディな種苗開発を実現する「グランドグリーン」が6.5億円調達

company

2024年6月21日、グランドグリーン株式会社は、総額約6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

グランドグリーンは、環境負荷の低い種苗や迅速な種苗開発を実現するためのゲノム編集技術の研究開発とその技術標準化に取り組んでいます。

植物のゲノム編集プラットフォーム技術(Gene App、3GE)を開発し、トマトを始めとした10種類以上の作物において、実用品種へのゲノム編集技術適用の実証に成功しています。

現在は、この技術を用いた新品種開発をパートナー企業と連携して積極的に行っています。

今回の資金は、組織体制の強化、研究開発機能の増強に充当します。


品種改良は、生物の遺伝子変化を利用して目的に適した品種を選別する技術です。現代では、異なる品種を掛け合わせて目的の性質を持つ品種を作り出す手法として発展しています。

新品種は、その美味しさを向上させるため以外にも、過酷な環境に耐えたり、より収量を向上させたりなど、農業の効率化にとっても重要な要素となっています。

しかし、品種改良には5年から10年ほどの長い時間と膨大なコストが必要であり、この効率化が求められています。

この課題を解決するものとしてゲノム編集技術が注目されています。

現在実用化が進んでいるのは、酵素を用いてゲノムの特定部位を切断し、突然変異を人工的に引き起こすというゲノム編集技術です。これによって高頻度で突然変異を起こすことができるため、品種改良の効率が飛躍的に向上します。

ゲノム編集は遺伝子操作の一種として遺伝子組換えと混同されることがありますが、両者には大きな違いがあります。遺伝子組換えは別の生物の遺伝子を導入するのに対し、ゲノム編集はゲノムを切断して突然変異を引き起こし、その生物のもともとの性質を変化させる技術です。これは自然界でも当たり前のように起こっている現象です。したがって、安全性もそれらと同程度であると考えられています。

事業の成長には資金調達や、シナジーの見込める企業との事業連携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、創業期の資金調達について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 3GE BtoB gene App アグリバイオ グランドグリーン ゲノム ゲノム編集 バイオテクノロジー プラットフォーム技術 作物 名古屋大学 品種 品種改良 株式会社 植物 生物 研究開発 種苗 資金調達 農業 遺伝子
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

成果報酬型の訪日外国人送客サービス提供の「NIPPON Passport」が2億円調達
2020年2月14日、NIPPON Passport株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 成果報酬型の訪日外国人送客サービス「NP パス」を提供しています。 旅マエ・旅ナカの…
オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」運営やイベントテック事業展開の「ストラーツ」が2,500万円調達
2020年11月18日、株式会社ストラーツは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン展示会「IT&MARKETING EXPO」などBtoB向けイベント事業の運営や、大…
オンラインカウンセリングサービス「Kimochi」を開発する「remental」が資金調達
2022年10月11日、株式会社rementalは、資金調達を実施したことを発表しました。 rementalは、オンラインカウンセリングサービス「Kimochi」を開発しています。 悩み・日時・価格か…
歯科技工物のCAD設計・デジタル製造サービス「エミウム 技工センター」を展開する「エミウム」が2.6億円調達
2022年12月14日、エミウム株式会社は、総額約2億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エミウムは、歯科技工物のCAD設計・デジタル製造サービス「エミウム 技工センター」を展開し…
バーチャルカラオケSNS「topia」運営の「アンビリアル」が5.5億円調達
2022年4月21日、株式会社アンビリアルは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アンビリアルは、バーチャルカラオケSNS「topia」を運営しています。 自分だけの3D…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】