効果的かつ効率良く店舗をアピールできるサインメディア活用のすすめ

創業期の看板製作ならワンストップサービスの「株式会社グリーンクロス」


店舗の集客に欠かせないのが、屋内・屋内看板などのサインメディアです。

沢山の人が見る店舗はそれ自体が広告となり、多くの人に宣伝をすることができます。
とはいえ全ての店舗が視認性が良い好立地にある訳ではなく、大通りから奥まった路地や商業施設内に店舗を構えるケースも珍しくありません。
そこで効果的なのが通り沿いに案内板になる看板を設置したり、店舗前に大きな看板を設置したりする屋外看板です。
また、季節のイベントや期間限定フェアなどの告知をするためには、屋内看板が欠かせません。
看板は目的や用途に応じて設置物や素材を決めるだけではなく、デザインを考えたり、屋外に設置する際には許可を取ったり、設置後には点検やメンテナンスも必要になります。

そこで今回は、創業期に嬉しいサインメディアのワンストップサービスを行っている株式会社グリーンクロスをご紹介します。
アパレル・雑貨などの店舗や飲食店、各種クリニックなどの開店をお考えの方、ゆくゆくは店舗を全国展開していきたい方必見です。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

 

株式会社グリーンクロスの看板製作の魅力


株式会社グリーンクロスの看板製作の魅力をご紹介します。

地域密着でスピーディー

株式会社グリーンクロスは、土木・建築現場の安全対策からスタートし、総合安全産業のリーディングカンパニーに成長した企業です。
創業以来西日本に軸を置きそこから全国のネットワーク網の構築を進めてきました。

そのため、全国に50以上の拠点があり地域密着型の営業スタイルも特徴のひとつです。
各拠点の営業スタッフが現場に足を運び対面でヒアリングを行うので、綿密な打ち合わせが可能です。
また、各支店や営業所内にエリアごとの担当スタッフがおり、スピーディーな対応にも定評があります。

通常サイズのオリジナル工事看板なら中2日で納品可能

通常サイズ(W550×H1400、もしくはW1100×H1400)のオリジナル工事立て看板であれば、中2日で納品と驚くほどはやいのも魅力です。
オリジナルイラストを用いた看板を制作する場合には、イラスト作成に中3日、看板制作に中2日の、最短計中5日で看板を作ることができます。

製作だけではなく納品・設置まで自社スタッフが行うので、短期間の対応が可能なのです。
製作に掛かる日数は、サイズや用途や要望に応じて異なりますのでご注意ください。

幅広いサインメディアに対応可能

株式会社グリーンクロスの屋外看板は、全国各地の支社・営業所に所属しているデザイナーが手掛けています。
土木・建築の現場で使用する工事看板だけではなく、公共・商業施設の外壁や屋内のサインなど各種店舗やクリニックなどのサインメディアも好評です。

デザインは、細やかなニーズをくむだけではなく、時代背景やトレンドを踏まえたオリジナルデザイン
オリジナリティが高く訴求力のあるサインメディアをお考えの方にお勧めです。

看板製作から設置・メンテナンスまで、トータルでサポート

株式会社グリーンクロスでは、看板製作だけではなく設置や屋外広告許可申請の取得にも対応しています。

また、注文した安全用品やレンタル機材などを、自社の配送スタッフが届けてくれるのも嬉しいポイントです。
修理やメンテナンスも行うことができるスタッフなので、電光標示板の設置や設定などの技術的なサポートも現地で対応可能。
製作だけではなく設置やメンテナンスも安心してお任せできます

デザイン・製作対応力


株式会社グリーンクロスでは、先ほど触れたように全国各地の支店や営業所にデザイナーが在籍しており、顧客の要望を踏まえたサイン・看板のデザインを手掛けています。
仮設看板やサインは勿論ですが、公共・商業施設の外壁サインや室名札などの屋内サインにも対応しており、屋外・屋内広告の分野に特化しているメディア事業部があります。
メディア事業部では、より専門性の高いデザインの作成だけではなく、施工管理まで一括してお任せできます

多彩なニーズに対応するサインメディアソリューション

各種広告媒体・環境、エコ・安全、レンタルのそれぞれの特性を最大限いかしたのが、株式会社グリーンクロスの「サインメディアソリューション」です。
屋外・屋内広告や看板の企画・作成・施工だけではなく、イベントなどを開催するための安全用品レンタルも実施
効果の高いメディア展開を、さまざまな角度からトータルサポートしてくれます。

自社の技術スタッフが配送・引き上げと現地サポートに対応

人と環境に配慮した最先端の「エコプリントシステム」も魅力のひとつです。
エコプリントシステムは、3DCADシステム・UVプリント・CUTシステムを利用して、提案から出力そして加工までを一貫して行っています。
リサイクルすることができる特殊な段ボールを利用したPOPやディスプレイなど、新しい技術を駆使した広告媒体の提供を行っています。

株式会社グリーンクロスの屋内広告


豊富な経験をいかし、最先端の技術を駆使した素材を利活用した屋内看板
ステップサインやフロアサイン、立体POP・ディスプレイ用品などを使用し、安全かつ魅力的な空間を演出するだけではなく、店舗内の導線作りに販売促進効果を踏まえトータルな提案を受けることができます。

不燃認定メディアの取り扱いあり

株式会社グリーンクロスでは、防炎・安全性に優れた不燃認定メディアを取り扱っています。
遊技場店内などでは法令上不燃認定メディアの使用が求められます。
バナー広告や垂幕広告などに利活用できる不燃認定メディアなら、安全かつクリエイティブなアプローチが可能です。

商業施設内の装飾

エレベーターを使用したエレベーターサインは、短期間に注目を集めることができる広告媒体です。
また、階段を利用したステップサインは色んな場所で利活用でき、 エレベーターサイン・壁面サイン・フロアサインなどのサインと組み合わせるとさらに機能的な導線ができ販促効果を高められます

店内・院内装飾

POP・ディスプレイ・什器などの店内・院内装飾や、イベントやキャンペーンなどの短期間で訴求力が必要な広告には、軽くて丈夫なエコ素材GR-リボード」がピッタリです。
紙素材でありながら立体組み立て構造をしており、車をのせられるほど丈夫な什器です。
紙で作られているので印刷適性が良く形も自在使用後は資源としてリサイクル可能
株式会社グリーンクロスの「エコプリントシステム」が創り出す新しい広告です。

また、店舗内サインの変更に合わせて着せ替えができるオリジナルカウンター、軽くて丈夫なエコ素材「GR-リボード」を使用した商品棚など、多彩な装飾をお任せできます

株式会社グリーンクロスの屋外広告


株式会社グリーンクロスの屋外広告は、ユニークなイメージビジュアルを高度な技術と想像力で、さらに魅力的に表現しています。
企業のイメージアップや店舗集客へ最大限の効果を発揮しつつ、街の景観にも配慮した新しいメディアの提案を受けることができます。

また建築基準法では工作物の指定があり、屋外に設置される広告や看板などで高さが4メートルを超えるものには工作物確認申請が必要です。
株式会社グリーンクロスでは、製作だけではなく確認申請にも対応しているので安心です。

多様なニーズに応える豊富なラインナップ

屋外広告では、自立ポールサイン・電照自立サインや壁面サイン、ウィンドーサインにターポリン広告と、多様なニーズに応えています。
サインや表現の特徴に合わせた素材をセレクトし、ニーズに合わせた広告を制作できます。

全国展開の強みを生かして、各地に展開しているチェーン店舗にも対応しており、各店舗の構造と特徴をいかしつつも、統一感のあるサイン企画を提案・実現することができるのも魅力のひとつです。

屋外広告のための看板クリニック


看板は企画制作をしたら終わりではなく、施工・設置・点検や検査・メンテナンスを行う必要があります。
株式会社グリーンクロスの看板クリニックでは屋外広告の点検を手掛けており、屋外広告士有資格者が検査を行ってくれます

屋外広告物にはリスクがある

屋外広告物を設置する際には、「屋外広告物の管理義務」が生じます。
看板老朽化を認識しているのに、「看板落下の危険性を見て見ぬふりしていた」と認定されてしまった場合。
刑法211条に規定された業務上過失致死罪に問われ、「5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金」に処せられる可能性があります。

そのためビルを所有しているオーナーや看板を掲出した広告主は、屋外広告物を定期的に保守管理しなければなりません。

屋外看板の落下によってビルの所有者が責任を問われたことも

2015年2月15日には札幌で、1500mmの大きさがある屋外看板が地上15メートルの高さから、歩行中だった女性の頭に看板が落下した事故は老朽化が原因でした。
落下した看板のビルの所有者は、看板を設置してからずっと目視による点検しか行わず、看板内部の劣化が見逃されてしまったのです。

屋外広告物は定期的な管理をしていないと、大型台風による破損被害や酸性雨による腐食被害などを受けてしまいます。
また、長期間未使用のままになってしまうと、危険性があっても気が付くことができないケースも珍しくありません。

危険を回避し痛ましい事故を起こさないためにも。
屋外看板を設置しているビルのオーナーや看板を掲出した広告主の方は、看板の点検やメンテナンスをしっかりと行う必要があります。

屋外看板の点検のタイミング

屋外看板は設置許可の延長申請時定期的な点検を行うのが一般的です。
しかし定期点検だけではなく、震度5強以上の地震があったり、大型の台風があった後には、目視点検をするだけではなく専門の業者に臨時点検を依頼するように心掛けましょう。

看板クリニックの特徴

看板クリニックは株式会社グリーンクロスによるワンストップオペレーション
効果的な看板を作るだけではなく、安心・安全な屋外広告運用が可能です。

どんな看板であっても屋外に設置する以上、風雨にさらされ時間が経てば錆や腐食によって劣化してしまいます。
また、震度5強の地震があると、壁や天井にひびが入ってアンカーの強度が落ちてしまうことも。
さらに数メートル以内で落雷があると、看板に過電流が流れて火災がおきることもあります。

問題になるのが、「看板内部の劣化は外見からでは分からない」点です。
看板クリニックの専任屋外広告士有資格者による定期点検では、通常の目視点検だけではなく必要に応じて検査機器を使用します。
そのため、目視のみでは分からない看板の劣化や欠陥を早期発見できます。

ニーズに合わせて選べる点検プラン

看板クリニックには3つの料金プランがあります。

基本点検を行う「Aプラン」は、屋外広告申請の為の最低限の点検で、27,500円(税込)からです。
同じく基本点検を行う「Bプラン」は、安全点検報告書に必要な21項目点検と目視が主体の点検を行い55,000円(税込)からです。

安心点検の「Sプラン」は、看板の分析作業を含んで内部まで詳細に調査するため、料金は別途見積もりが必要です。

創業期にはサインメディアを活用しよう

ご紹介したように、株式会社グリーンクロスのサインメディア製作は、豊富なノウハウがあり多様なニーズに対応しています。
また全国展開をしており、対面による打ち合わせで丁寧にヒアリングを行い、サインメディア製作に関する知識や経験がなくても、最適な提案をしてもらえるのも魅力のひとつです。

創業期の知名度・認知度の向上や集客力アップに欠かせないサインメディア
人的リソースが不足しがちな創業期でも、株式会社グリーンクロスのワンストップサービスなら安心してお任せすることができます。

(監修: 株式会社グリーンクロス
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ