「DRD4」が距離で支払うマイカーサービス「エンキロ」をリリース

tips

2023年9月1日、DRD4株式会社は、「エンキロ」の提供を2023年9月1日から開始することを発表しました。

「エンキロ」は、リース契約した自動車について、月額固定料金と走行距離1kmあたりの距離料金で支払うマイカーサービスです。

一般的なマイカーリースよりも月額固定料金を抑えめにし、走行した分の距離料金を別で設定することで、ユーザーは利用実態に即した料金でマイカーを利用することができます。

ほかにも、残存価格が比較的高い車種(国産車・輸入車)から選べる、税金・定期メンテナンス・車検代は月額料金に含まれる、申し込みから納車まで来店不要のネット完結を特徴としています。

毎月の走行距離については、車両に取りつけたIoTデバイスからGPS情報を取得した上で、サーバー上の地図情報と照合・補正を行い計算する仕組みを採用しています。


クルマを購入するには、一括で支払う現金購入と、分割で支払うローンの主に2つの方法があります。クルマは高価な商品であることから、多くのユーザーはローンを選ぶことになります。

また、購入以外にも、リースやサブスクリプションサービスという利用方法もあります。

リースは、主に新車を長期間借りる契約であり、ローンと同じようにまとまったお金がなくてもクルマを持つことができます。また、ローンとは異なり頭金を支払う必要がない、ローンと比べて出費を少なく抑えられるといった特徴があります。

また、リースはあくまでも事業者からクルマを借りているというものであるため、カスタマイズ(改造)ができない、走行距離が規定以上に伸びたら清算が必要となるといった特徴を踏まえることも重要です。

一方、カーリースの料金は、月1,000kmや1,500kmの走行を想定して設定されているため、走行距離が大きく下回るユーザーの場合は、損をしているともいえます。

DRD4がリリースした「エンキロ」は、走行距離に応じて料金が変動するため、こうした走行距離があまり多くないユーザーでも実態に即した料金でクルマに乗ることができます。

DRD4株式会社のコメント

このニュースを受けまして、DRD4株式会社 代表取締役 瀬川 慶一氏よりコメントが届きました。

瀬川 慶一(せがわ けいいち)
DRD4株式会社 代表取締役
早稲田大学政治経済学部を卒業後、株式会社電通に入社。
約10年間、数多くの業界でクライアントのマーケティング戦略の立案・実行に携わり、2021年より大手自動車会社との合弁会社に出向。
自動車金融に課題を感じ出向先で出会った仲間と共に2022年5月 DRD4株式会社を創業、代表に就任。

・今回の新サービスの売りは何ですか?

走行距離に応じてご請求金額が変動するマイカーサービスです。

月額基本料金と1kmあたりの距離料金の組み合わせた料金プランのため、距離料金を頂く分、毎月固定の月額料金が抑え目に設定されています。

週末中心のご利用など、走行距離が短い方はお得にマイカーをご利用いただけます。

・今後の展望を教えてください。

「走行距離に応じた支払い」というマイカーをご利用する方々への新しいファイナンスプランの提供を皮切りに、今後も「自動車とお金」にまつわる様々なサービスをお届けしていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

創業時は何もかも初めてで不安なことばかりではありましたが、創業手帳を読んでやれることをコツコツと積み重ねた結果、サービスの公開までたどり着けました。

弊社もまだスタートラインに立ったばかりですが、今後もその意識を忘れずに頑張っていきます。

レンタルサービスなどは資金に制限のある創業期において便利な存在です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期にとって大きな投資となるオフィスについて、レンタルやコワーキングスペースのメリット・デメリットを比較し、おすすめの形態を解説しています。

また、企業の成長においては資金調達が重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ DRD4 GPS IoT エンキロ カーリース クルマ マイカー マイカーリース モビリティ リース 位置情報 契約 月額料金 株式会社 自動車 走行距離
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

大規模言語モデル(LLM)のビジネス実装を推進する「Deepreneur」が資金調達
2023年7月31日、株式会社Deepreneurは、資金調達を実施したことを発表しました。 Deepreneurは、最新のディープラーニング技術を活用したAI・システムの開発や、ChatGPTなどの…
ショート・ムービーSNS「DORM」運営の「Abentry」が資金調達
2021年3月16日、株式会社Abentryは、資金調達を実施したことを発表しました。 ショート・ムービーSNS「DORM」の運営や、ストリート・カルチャー特化型Webメディア「JPSTREET」の運…
企業と顧客のコミュニケーションを最適化するマーケティングプラットフォームを提供する「Micoworks」が35億円調達
2023年12月27日、Micoworks株式会社は、総額約35億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Micoworksは、マーケティングプラットフォーム「MicoCloud」や、飲食店向けL…
高級賃貸サイト「Modern Standard」と不動産テック総合ブランド「RENOSY」が統合
2020年12月7日、株式会社GA technologiesは、グループ会社である株式会社Modern Standardが運営する高級賃貸サイト「Modern Standard」と「RENOSY」のサ…
「learningBOX」と「チェンジ」 eラーニング教材における新サービスの提供を開始
2022年8月19日、learningBOX株式会社は、株式会社チェンジと、eラーニング教材における新サービスの提供を開始したことを発表しました。 learningBOXは、eラーニングに必要な教材の…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】