注目のスタートアップ

選挙情報プラットフォーム「選挙ドットコム」などを運営する「イチニ」が「Geolocation Technology」と資本業務提携

company

2022年11月25日、イチニ株式会社は、株式会社Geolocation Technologyと、資本業務提携契約を締結することを発表しました。

イチニは、選挙情報プラットフォーム「選挙ドットコム」、YouTubeチャンネル「選挙ドットコムちゃんねる」、政治家向けツール「Vonnector(ボネクタ)」、キャッシュレスで献金を受けられる「カンタンネット献金」、選挙区内のユーザーだけに広告配信する「選挙区ターゲティング広告」などを展開しています。

Geolocation Technologyは、IPアドレスに位置情報や企業情報などさまざまな情報を紐づけたデータベース「SURFPOINT」をベースに、「SURFPOINT」をWeb上で利用できる「どこどこJP」、ターゲティング広告配信サービス「どこどこ ad」、BtoBマーケティング、オンライン不正検知、地方創生などのサービスを展開しています。

今回の提携により、イチニの情報発信力とGeolocation Technologyの広告配信サービスのナレッジを組み合わせ、バナー広告や動画広告をはじめとする広告配信サービスに関する技術とサービス内容の向上を推進していきます。

これまで、ネット広告においてユーザーごとに最適な広告を表示する“ターゲティング“を行う際には、サードパーティCookieというユーザーのWebサイトでの行動を把握するためのデータを利用していました。

しかし、2018年5月に、個人情報保護の観点からEU域内における新たな個人情報保護規則として「EU一般データ保護規則(GDPR)」が施行され、Cookie規制が強化されました。

EUからはじまった規制ですが、世界中でCookie規制が進んでおり、国内では、2022年4月1日から施行された改正個人情報保護法において、サードパーティCookieによって取得された情報は個人情報ではなく個人関連情報として扱われ、個人関連情報を第三者に提供する場合は、ユーザーの同意を得ることが必須になりました。

またサードパーティCookie自体は、2023年に完全に廃止されると見込まれています。

このサードパーティCookieの廃止により、ネット広告においてサードパーティCookieに頼らないターゲティング広告や新たな広告配信の仕組みが求められています。

消費者の購買行動の変化やプライバシーの問題などにより、オンライン・オフライン共にPR・マーケティング手法の大きな変革が必要となっています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも低コストで実施できるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Geolocation Technology IPアドレス SURFPOINT イチニ ターゲティング広告 どこどこJP 広告 情報 株式会社 資本業務提携 選挙ドットコム 配信
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

D2CブランドやD2Cソリューション事業を展開する「Brandit」がブランドプロデュース事業を展開する「DiGG」と資本業務提携
2022年6月1日、株式会社Branditは、株式会社DiGGと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、DiGGの代表取締役である江藤倫寿氏を、Branditの執行役員CMO(最高マー…
ロボットの高度自律型遠隔制御システム(HATS)開発の「キビテク」が6,840万円調達
2020年9月18日、株式会社キビテクは、総額6,840万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ロボットの高度自律型遠隔制御システム(HATS)の開発と、ロボット用制御ソフトウェアの受託開発を行…
ケニアでタクシードライバー向け中古車ファイナンス事業を展開する「HAKKI AFRICA」が2.2億円調達
2022年3月14日、株式会社HAKKI AFRICAは、総額2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自の信用スコアリングシステムを作成して与信審査を行い、信用スコアの高い顧客に…
ビッグデータ活用・分析の事前処理を自動化する「trocco」の提供元が1.3億円調達
2019年7月8日、株式会社primeNumberは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 SaaS型のビッグデータ分析基盤向けデータ統合自動化サービス「trocco(トロ…
マーケティング領域特化のSaaS型AIサービス「COGNIROBO Cloud」提供の「コグニロボ」が8,500万円調達
2020年8月31日、コグニロボ株式会社は、総額8,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マーケティング領域に特化したSaaS型AIサービス「COGNIROBO Cloud」を開発・提供…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ