決裁者・経営者からのアポ獲得にはEC Apoがおすすめ!ワンクリックで商談獲得

オンラインを通じて全国の経営者・決裁者と効率よくアポが取れるEC Apoの魅力とは?


中小企業やスタートアップの経営者が頭を悩ませるのが、決裁者や経営者との商談アポの獲得です。せっかく自慢の商品やサービスを持っていても、商談を進めなければ売上につなげることはできません。

コロナ禍でビジネス環境が変化したこともあり、新規の決裁者とのアポ獲得に苦労している人も少なくないようです。そこでおすすめなのがリアルディールの「EC Apo」。EC Apoは全国の登録された経営者とワンクリックで商談を取り付けることが可能なサービスです。この記事ではEC Apoの魅力や特長を紹介していきます。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

決裁者との商談獲得に悩む企業は多い

EC Apoをすでに利用している営業会社および営業職の方 にリアリディールがヒアリングしたところ、従来は次のような方法で営業活動を進めていました。

  • テレアポ(自社・外注)
  • 問い合わせフォーム
  • 交流会
  • マッチングアプリ

など

しかしながら、それぞれなかなかアポにつながらないという課題を抱えていました。

テレアポ|そもそも電話がつながりにくいうえ、リモートワークで更に難しく

テレアポについては迷惑電話と間違えられるケースも多く、高い確率で「ガチャ切り」されるケースも少なくありません。

特に自社社員が行うには負担が大きく、それ以外の営業活動に割く時間を減らしてしまいます。また、近年は電話営業にマイナスなイメージを持つ従業員も。実際に電話営業の多さを理由に離職する従業員の多さに悩む企業も多いのです。かといって、外注すると課金コストがかかります。成果報酬にすると強引な営業をされて企業の評判を下げてしまうことも。

さらに近年はテレワークが進行していて、そもそもオフィスに人がいなくて連絡が取れない、人がいないのでなかなか決裁者に繋がらないというケースも。テレアポの効率性の悪さに、多くの企業が悩んでいる現状があります。

問い合わせフォーム|コロナ禍を背景に導入企業が急増

リモートワークの環境下でも引き続き有効な手段として問い合わせフォームが着目されており、実際に導入企業が急増しています。しかしその結果、多くの企業のWebサイトやメルマガなどに埋もれてしまい、反響率が急低下しています。

結果的にコストのかかる営業手法となっていることに頭を悩ませる企業も多いのです。

交流会・マッチングアプリ|自己紹介で止まってしまう

他の経営者や決裁者との人脈づくりとして有効なイメージのある交流会ですが、実際には名刺交換と自己紹介で終わってしまうケースが大半。なかなかそこから先の具体的な商談に進まず、ただ名刺だけが増えていくことに課題を感じている人も少なくありません。

EC Apoなら魅力的な商材を手にすぐ商談を始められる

商談の取り付けに悩む企業におすすめしたいのが「EC Apo」です。EC Apo上には全国のさまざまな業種の経営者が登録されていて、クリック一つで商談アポを打診することができます。

オンラインで最短翌日で商談を取り付けられる


EC Apoはオンライン上に登録された会員である全国の経営者に対して、ダイレクトに商談を依頼できるサービス。自社の商材に合った企業の経営者を会員の中から選んで、ページ上から依頼を送信できます。

相手が承諾すれば商談が実現します。商談日時は最短翌日から設定できるので、うまくいけばすぐに商談を始められる仕組みです。

会員登録の時点で、自社にマッチしそうな商材について自由に商談依頼が来ることに対して経営者側とは承認を取っています。そのため、経営者側の業種を見たうえで、自社の商材とマッチすると感じたらためらわずにワンクリックで商談依頼を送信できるシステムです。

営業側の利用者を限定しているため過当競争の心配がない

EC Apoは現状次のような属性の人に営業側の利用者 を限定しています。

  • 15名以内の営業会社
  • 個人事業主 (営業フリーランス含む)
  • フルコミ(高歩合)営業

大手企業を排除することで、強引な値引き競争などに陥ることを防ぐ狙いも。小規模事業者同士で健全な競争を醸成することを重視するEC Apoのスタンスは、営業側の利用者 からも好評です。

実際の利用者の分布

EC Apoの実際の営業側の利用者 は次のような分布となっています。

10名以下の小規模や実質1人で事業を展開している人に多く利用されています。リソースが少ない中で効率的に商談をセットする手法として有効活用されています。

EC Apoを利用するメリットとは?


EC Apoには次のようなメリットがあるため、商談獲得に悩む創業期の経営者や個人事業主におすすめです。

  • 人件費や従業員負担の抑制
  • 悪評リスクの予防
  • 広告費の抑制
  • 大手との競合回避
  • 手間なく効率的な商談設定

テレアポは電話をするためのリソース負担が大きい手法です。EC Apoなら費用面でも、社員の時間や負担という意味でも負担を削減できます。合わせて電話営業を嫌がる社員の離職も防げます。

また、過度な電話が口コミなどを通じて悪評をもたらすリスクも。最悪既存の商談もキャンセルになったり、商品・サービスの購入・利用の中止に至るケースも考えられます。EC Apoの会員は商談依頼が来ることを承認のうえ登録しているため、このような心配は無用です。

さらに、反響率が出ないにもかかわらず広告費がかかっている企業も、EC Apoを活用すれば、もう商談獲得のための広告は不要に。広告費を大幅に削減できるでしょう。また、EC Apoは予め商談設定側の企業の属性を絞っているため、大手企業と競合する心配もありません。

以上のようなポイントにより、従来型の営業よりも手間やリスクなく、より効率的な商談設定が可能になるのが、EC Apoの大きなメリットといえます。

導入の流れ

導入の流れは、次の通りになります。

初回打ち合わせ
ビジネスの内容や商談で題材とする商材について確認します。

審査
審査では応募企業の規模が条件に合っているか(大きすぎないか)、会員の中で取り扱う商材の需要が見込めるかなどを審査します。

申し込み・会員登録
審査に通過したら、本申し込みに入ります。

利用開始
最短で1週間ほどで、会員の経営者を閲覧し、商談をセッティングできるようになります。

自慢の商材を手にEC Apoで決裁者との商談を増やそう

EC Apoを活用すれば、全国の決裁者や経営者に対面やオンラインで 簡単に商談を取り付けることが可能に。もうテレアポのコストの高さや、お問い合わせフォームの反響率の低さなどに悩まされる必要はありません。

また小規模事業者限定のサービスなので、大手企業との競争にさらされるリスクも小さくなっています。自慢の商材が出来上がったら、早速EC Apoを活用して積極的に面談を実施していきましょう。経営者の興味を引き、売上拡大や事業成長に繋がっていきます。

EC Apoについて更に詳しく知りたい人は、こちらのリンクからアクセスしてください。

(監修: 株式会社リアリディール
(編集: 創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ