注目のスタートアップ

Eコマースの全体最適化と自動化・効率化を実現するSCMサービス「コマースロボ」などを提供する「コマースロボティクス」が4億円調達

company

2024年5月31日、株式会社コマースロボティクスは、総額3億9,290万円の資金調達を実施したことを発表しました。

コマースロボティクスは、Eコマース向けSCMサービス「コマースロボ」や、在庫分析・発注支援サービス「EOS」、メーラー型の見積書・注文書・納品書・請求書送受信システム「Salesgram」などを開発・提供しています。

「コマースロボ」は、受注管理システム(OMS)と倉庫管理システム(WMS)が一体となった、RPA内蔵のEC自動出荷システムです。

受注処理、在庫管理、出荷管理、発注管理など、ECバックオフィス業務におけるほぼすべての作業を自動化・一元管理します。

今回の資金は以下の成長戦略推進に充当します。
・SBSホールディングス株式会社との次世代型クラウドWMSを共同開発
・商取引を電子化するコンパウンド型SaaSシリーズの新規開発
・現在の主要サービスのマーケティング費用
・クロスボーダー型のAI事業開発
・インド工科大出身者を中心としたインド開発者の採用


経済産業省の「令和4年度電子商取引に関する市場調査」によると、2022年の物販系BtoC-EC市場規模は、前年から5.37%増加し13兆9,997億円に達しました。

また、すべての商取引に占めるオンラインショッピングの割合であるEC化率についても9.13%(前年から0.35ポイント増)と上昇しており、EC市場が着実に成長していることが確認できます。

さらにこのEC化率については、欧米・中国と比較すると低い割合であることから、日本市場はまだまだ拡大の余地があると考えられています。

ECのメリットとして、物理的な店舗を持たずに全国・世界へビジネスを展開できる点が挙げられます。

しかし、ECにはファン化、集客、接客、複雑な運営、価格競争などの課題も存在します。

とくにEC運営は高度な専門スキルを必要としますが、多くの事業者は人手不足などにより必要な人材を確保できず、運営に困難が生じています。

こうした背景のもと、EC運営における作業・業務を効率化・自動化するシステムのニーズが高まっているのです。

ECは重要なチャネルとなっていますが、EC独自の集客ノウハウが求められるため、しっかりと準備をして参入することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

また、ビジネスの成長段階においては資金調達が重要となります。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB EC eコマース OMS RPA SCM WMS コマースロボ コマースロボティクス 倉庫管理システム 効率化 受注管理システム 最適化 自動化
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「NEWSTA」が4,000万円調達 疾患・障害児家族×IT領域でサービスを提供するブランド「ファミケア」を公開
2023年9月7日、株式会社NEWSTAは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、疾患児や障害児家族の毎日を楽しくする情報サイト「ファミケア(famicare)」を公開した…
バーチャルヒューマンのプロデュースやバーチャルヒューマンに関する基礎技術の研究開発などを行う「Aww」が9.6億円調達
2024年7月8日、株式会社Awwは、総額9億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Awwは、「imma」「plusticboy」「Ria」など複数のバーチャルヒューマンのプロデュー…
ロボティクス技術で社会インフラのDXを目指す「センシンロボティクス」が22億円調達
2020年6月30日、株式会社センシンロボティクスは、総額約22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ドローンなどのロボティクス技術により、業務の完全自動化を実現するソリューションを提供してい…
​ウェブインバウンド・越境EC支援の「ジグザグ」がECサイト構築プラットフォーム展開の「ecbeing」と業務提携
2022年8月18日、株式会社ジグザグは、株式会社ecbeingと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 また、「ecbeing」とのサービス連携を開始したことも併せて発表しています。 ジグザグ…
スポーツ・エンタメ予想アプリ「なんドラ」を手がける「なんでもドラフト」に「やらまいかファンド」が出資
2024年5月14日、株式会社なんでもドラフトは、浜松いわた信用金庫と信金キャピタル株式会社にて組成した「しんきん―やらまいか投資事業有限責任組合(通称:やらまいかファンド)」からの出資受け入れを発表…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】