注目のスタートアップ

プラントベースドフード製造の垂直統合システムを開発する「ディッシュウィル」が資金調達

company

2023年11月30日、株式会社ディッシュウィルは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、独立系シードVCであるHAKOBUNEと、TPR株式会社です。

ディッシュウィルは、コンテナファーミングで大豆を育て、加工し、プラントベースドフードをつくる垂直統合型システムを開発しています。

工場間での物流費や、縦割りの業界構造で発生する中間差益などを削減することで生産コストをコントロールし、世界のあらゆる場所において、植物工場による大豆の生産から、プラントベースドフード製造を実現することを目指しています。

引受先であるTPRは、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカーです。シリンダーライナーの製造では世界首位の企業です。

TPRとは、植物工場の可能性模索のため技術提携契約を締結し、自動車産業の製造技術をアグリテックにも転用する試みを開始します。

今回の資金調達により、自社工場の新設や海外での製品販売をスピーディに進めていく計画です。


世界的な人口増加の影響により、早くて2025年~2030年ごろにはタンパク質の需要が供給を上回り始めると予測されています。これをタンパク質危機と呼びます。

現在、世界の多くの国では、主に牛肉や豚肉などの畜産物がタンパク源として供給されています。しかし既存の畜産システムは環境、農地面積などの課題を抱えており、イノベーションが求められています。

こうした背景から、植物由来原料を利用した食品、プラントベースドフード(Plant-Based Food)が注目されています。中でも肉の食味などを再現したものは、代替肉・植物肉などと呼ばれ、すでに世界で市場の一角を担いつつあります。

プラントベースドフードの製造のためには、インゲン豆や大豆などの原料が利用されます。

ディッシュウィルは、植物工場とプラントベースドフード製造を垂直統合したシステムにより、どのような環境でもプラントベースドフードに必要となる原料の生産を可能にし、食品を供給できる体制の実現を目指しています。

株式会社ディッシュウィルのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ディッシュウィル 代表取締役 中村明生氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

植物工場などの新設が主な目的です。ご出資頂いたTPR様と協力し、エネルギーを自ら生み出しながら継続的に食品を生産できる工場が今後のテーマです。

・今後の展望を教えてください。

海外へ自社の一連のサービスを広げていく予定です。

・読者へのメッセージをお願いします。

創業前に創業手帳を頂き、税理士さんや社労士さんなどもご紹介いただきました。今もお世話になっていますし、創業期の右も左もわからない時の灯台になっていただきました。

事業の大きな拡大のためには資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB TPR アグリテック タンパク質危機 ディッシュウィル フードテック プラントベースドフード プラントベースフード 垂直統合 大豆 株式会社 植物工場 植物由来食品 統合 製造 資金調達 農業 食品
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

習慣化プラットフォーム「Smart Habit」を開発・運営する「WizWe」が5.4億円調達
2023年2月7日、株式会社WizWeは、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 WizWeは、習慣化プラットフォーム「Smart Habit」を開発・運営しています。 「Sm…
ものづくり系マッチング・プラットフォーム「Linkers」運営の「リンカーズ」が7.5億円調達
2020年4月6日、リンカーズ株式会社は、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ものづくり系マッチング・プラットフォーム「Linkers」を運営しています。 契約しているコー…
ブロックチェーンゲームを開発・運営する「doublejump.tokyo」が30億円調達
2022年4月27日、doublejump.tokyo株式会社は、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 doublejump.tokyoは、ブロックチェーン技術領域でのゲームの企画・開…
外国人向け求人掲載メディアを運営する「YOLO JAPAN」と既存物件のサブリース事業を展開する「JPMC」が資本業務提携
2023年3月7日、株式会社JPMCは、株式会社YOLO JAPANと、資本業務提携を締結したことを発表しました。 YOLO JAPANは、在留・在日外国人向けライフサポートメディア「YOLO JAP…
eスポーツ・チーム「REJECT」運営の「CYLOOK」が3.6億円調達 「REJECT」に社名変更
2021年4月26日、株式会社CYLOOKは、総額約3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社CYLOOKから株式会社REJECTに社名変更を行ったことも併せて発表しま…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】