注目のスタートアップ

完全個室美容モール「THE SALONS」を運営する「The Salons Japan」が資金調達

company

2024年6月27日、The Salons Japan株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

The Salons Japanは、完全個室美容モール「THE SALONS」を運営しています。

定額料金で個室型サロンが開業できる独立開業支援サービス(モール型サロン)です。

2024年6月現在、都内に7店舗を展開しています。今後都心部や希望エリアへの出店を進める計画です。


厚生労働省「令和4年度衛生行政報告例」によれば、2022年度の美容所数は26万9,889店(前年比5,666店増)、美容師数は57万1,810人(前年比1万335人増)という結果になっています。

この店舗数はコンビニの店舗数の約5倍に達するものであり、飽和状態であるとされています。

こうした中で、美容師の離職率は1年で50%、3年で80%、10年で92%といわれており、高い離職率が課題となっています。

この離職率の高さは、給料の安さ、労働時間の長さ、休日の少なさ、キャリア形成などの問題が要因であるとされています。

美容業界のキャリア形成は通例として、新卒者がサロンに入社し、アシスタントとして経験を積みながらトレーニングを受け、数年後にスタイリストとしての地位を築きます。その後、そのサロンでスタイリストとしてのキャリアを積み重ねるか、転職を検討する人が多くなっています。技術を確立した後には、独立して事業を行うケースが一般的です。

しかし、独立を選ぶことの自由さにもかかわらず、開業後1年以内に廃業してしまうサロンが約60%も存在する現状もあり、独立して成功を収めることは容易ではないとされています。

近年、独立を目指す美容師の間で、フリーランスとしての働き方が注目されています。

かつてのフリーランスの美容師は、サロンの一部スペースを借りて「面貸し」の形態で仕事を行うほか、業務委託契約を通じてサロンと協力関係を築く方法が一般的でした。

近年では、仕事環境を提供する専用のレンタルサロンであるシェアサロンなどが登場し、美容師たちの関心を集めています。

The Salons Japanが展開するモール型サロンは、完全個室の美容室をまるごと借り、自分だけの美容室を簡単にオープンすることができるというサービスです。

事業の拡大には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB THE SALONS The Salons Japan サロン シェアサロン スタイリスト ビューティー フリーランス モール モール型サロン 個室 支援 株式会社 独立 美容 美容室 資金調達 開業
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」など提供の「マネーツリー」が26億円調達
2021年5月11日、マネーツリー株式会社は、総額26億円の資金調達を実施したことを発表しました。 金融データを包括的に提供するプラットフォーム「Moneytree LINK」や、家計管理アプリ「Mo…
ベンチャー企業向け採用代行サービス「まるごと人事」などを提供する「マルゴト」が1.3億円調達
2023年4月26日、マルゴト株式会社は、銀行からの融資と社債により1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マルゴトは、ベンチャー企業向け採用代行サービス「まるごと人事」や、バック…
プリペイドカード型の福利厚生サービス「miive」が正式リリース
2022年7月19日、株式会社miiveは、「miive(ミーブ)」の正式提供を開始したことを発表しました。 「miive」は、エンゲージメントを向上するEX(従業員体験)プラットフォームです。 プリ…
書店向け無人営業化ソリューション「MUJIN書店」を開発・提供する「Nebraska」が「トーハン」と資本業務提携
2023年8月31日、株式会社Nebraskaは、株式会社トーハンと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Nebraskaはトーハンと協力し、2023年2月から無人営業課ソリューション「MU…
仲介手数料0円で賃貸物件が契約できるサービス「タダスム」を運営する「mediclo」が2,500万円調達
2024年1月10日、mediclo株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 medicloは、賃貸物件の仲介手数料を0円あるいは3万円(税込3.3万円)の低価格に抑えら…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】