注目のスタートアップ

遠隔操作・人工知能ロボットを開発する「Telexistence」が230億円調達

company

2023年7月6日、Telexistence株式会社は、総額約230億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Telexistenceは、遠隔操作・人工知能ロボットの開発と、それらを使用した事業を展開しています。ハードウェア、ソフトウェア、自動化技術を一貫して自社で開発しています。

半自律型遠隔操作ロボットと拡張労働基盤を通じ、ロボットの活躍の場を工場の外に広げ、労働に関する社会の基本的なあり方を変革することを目指しています。

また、ソフトバンクロボティクスグループ株式会社と、北米やその他地域でのロボティクス事業推進を目的とした戦略的事業提携に合意しています。

ほかには、中国のFoxconnとは、次期モデル「GHOST」の生産技術の確立と量産における提携を進めていきます。


国内では少子高齢化に伴う人手不足がさまざまな産業に大きな影響を及ぼしています。

今後さらに人手不足が進展することが想定されるため、産業では生産性を維持する、あるいは向上させることを目的としたテクノロジーの活用が重要となっています。

ロボットは、これまで人間が行っていた作業を代替し自動化する存在です。大きな省人化・自動化につながるため、現在さまざまな領域で導入が進められています。

一方、AIを搭載することで、人間による操作を必要とせずに自分自身で判断して行動する自律型ロボットは、予期せぬ環境の変化などによって想定された行動を実行できず、作業が止まってしまうというリスクがあります。そのため自律型ロボットを導入する場合でも、完全な自動化は難しく、人間を常駐させる必要がありました。

Telexistenceは、遠隔操作と自律動作を切り替えることができるロボットにより、さまざまな環境でのロボット活用を支援しています。

たとえば、2022年8月から、株式会社ファミリーマートが主要都市圏で展開する300店舗に導入開始している「TX SCARA」は、飲料の補充を行う半自律型遠隔操作ロボットです。

通常時は、AIシステムによって飲料の在庫状況を24時間モニタリングし、需要予測などを行って最適な補充を行います。もし想定していない環境変化で補充に失敗した場合は、遠隔操作モード(Telexistenceモード)に移行し、遠隔操作オペレーターがVR操作によって修正し、環境を復旧させます。

革新的なプロダクトの開発には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携や連携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Foxconn GHOST Telexistence ソフトウェア ソフトバンクロボティクス ハードウェア ロボット ロボティクス 人工知能 半自律型遠隔操作ロボット 技術 株式会社 自動化 自律 資金調達 遠隔操作
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

革新的な品種改良技術により美味しさと安定養殖を両立したハイブリッド魚を開発する「さかなドリーム」が1.9億円調達
2023年9月29日、株式会社さかなドリームは、総額1億8,750万円の資金調達を実施したことを発表しました。 さかなドリームは、最先端の品種改良技術により、美味であるものの安定的な漁獲や養殖が困難な…
ペットシッターサービス「Sewakl」やペット見守りサービス「ペットレコ」などを展開する「ラニマル」が1.4億円調達
2022年10月24日、株式会社ラニマルは、総額約1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ラニマルは、ペットシッターサービス「Sewakl(セワクル)」や、ウェディングペットシッタ…
不動産の社会的インパクトを定量化して可視化するサービス「EaSyGo REAL IMPACTs」が提供開始
2022年10月18日、株式会社GOYOHは、「EaSyGo REAL IMPACTs」の提供を開始したことを発表しました。 「EaSyGo REAL IMPACTs」は、不動産の社会的インパクトを定…
オンラインアシスタントサービス「フジ子さん」を運営する「BPOテクノロジー」が5億円調達
2023年11月20日、BPOテクノロジー株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 BPOテクノロジーは、オンラインアシスタントサービス「フジ子さん」を運営しています。 バックオ…
開発クラウドソーシング「ISSUE」運営の「Resource」が2,000万円調達
2022年8月23日、Resource株式会社は、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、THE SEEDです。 Resourceは、開発クラウドソーシング「ISSUE」を運…

大久保の視点

「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】