起業したばかりでお金がない法人や個人事業主の資金調達手段まとめ!裏技も紹介

お金の不安もファイナンス知識があれば解消。「ビートレーディング」のファクタリングを使おう


起業したばかりの法人経営者や個人事業主の方のなかには、「売掛金を支払ってくれなかったから、今月の生活費がピンチ」なんて状況に追い込まれた経験をされた方もいるでしょう。融資をするにも時間がかかりますし、友人や知人からお金を借りるのは気が引けます。

そこで今回は、起業したばかりで信用情報に不安がある法人経営者や個人事業主の方でも使える資金調達方法をまとめてご紹介。いざというときに利用できる「裏技」と言ってもいい「ファクタリング」という方法もご紹介します。

記事を読めば、いきなりお金が必要になった場合でも、安心して切り抜けられるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

起業したばかりでも使える資金調達方法まとめ

起業したばかりの法人経営者や個人事業主の方のなかには、咄嗟のタイミングでの資金調達方法に困ったことがある方が多いのではないでしょうか。いざというときに資金を返済できなかったりすると、信用情報に傷がつき、ただでさえ起業したばかりでお金が借りにくいのにもかかわらず、さらに借りにくくなってしまいます。

そのような事態を避けるためにも、本項で信用情報に不安がある方でも利用できる資金調達方法をまとめてご紹介しますので、ぜひ利用してみてください。

ビジネスローン

起業したばかりの法人経営者や個人事業主の方であっても、銀行から融資を受けることは可能です。いわゆるビジネスローンと呼ばれるもので、事業のために使う資金のために借入できる融資商品です。金利は普通のカードローンなどと比較すると低く抑えられており、年利が2.0%〜15.0%程度で借りることができます。借入金額が多くなるほど、年利も低くなります。借入限度額は500万円〜1,000万円程度であることが多いです。

開業したての法人や個人事業主の方であっても、借入可能です。一般的に、ビジネスローンを借入する際には決算書もほかの必要書類とあわせて提出しなければなりませんが、ビジネスローンの場合、まだ一度も決算期を迎えていない個人事業主の方に限り、決算書の提出も不要です。

カードローン

起業したばかりの個人事業主の方であっても気軽に利用しやすい資金調達手段が、カードローンです。カードローンは生活費を事業性資金だけでなく、生活費を調達するためにももちろん使えます。個人事業主の方であっても、安定した収入があれば借入は可能です。金利はビジネスローンよりもやや高めで、2.0%〜18.0%程度に収まる場合がほとんどです。

借入限度額は300万円〜1,000万円程度と幅がありますが、収入が低かったり安定しない個人事業主の場合だと、限度額いっぱいまで借りるのは困難です。50万円を超える資金調達の場合には収入証明となる書類の提出が必要ですが、50万円以下であれば必要ありません。消費者金融系カードローンであれば即日融資を受けられることもあるので、「今すぐに」お金をほしいという方にもおすすめです。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、日本政府が政策金融を的確に実施するために作られた公的金融機関で、起業したばかりの法人や個人事業主向けの融資商品も多数あります。とくに有名なのが、創業融資です。「新創業融資制度」では、新たに事業を始める法人や個人事業主の方、まだ申告を2期まで終えていない方を対象に、3,000万円の限度額まで融資をしてくれます。

また、創業したての方ではなくても、恒常的に利用できるのが「一般貸付」です。「一般貸付」は運転資金や設備資金であれあb4,800万円、特定設備資金であれば7,200万円まで借入を受けることが可能です。どちらの制度も低金利で借りられる点が最大の魅力ですが、融資に通るまでに数ヶ月かかることから、「今すぐ」借りたいという方には不向きです。

補助金・助成金

起業したばかりの法人や個人事業主であっても補助金や助成金を利用できることもあります。新型コロナウイルスが流行し、多くの個人事業主が苦境に陥った2020年〜2021年には、フリーランスの事業継続のために上限100万円の「小規模事業者持続化補助金」や、上限1,000万円の「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」と呼ばれる補助金などが提供されました。

助成金も補助金と同じく、起業したばかりの法人や個人事業主向けのものは普段は用意されていないことが多いです。したがって、起業直後の資金調達手段としては、あまり積極的に利用できるものではありません。

クラウドファンディング

クラウドファンディングも、起業したばかりの法人や個人事業主が気軽に利用できる資金調達手段です。クラウドファンディングには寄付型、購入型、融資型などさまざまな形態があります。

クラウドファンディングで事業本体のサービス提供の権利などを不特定多数の人に販売すれば、銀行融資などではできない多額の資金調達も、場合によっては可能です。ただし、クラウドファンディングで資金調達をするにはノウハウが必要なうえ、準備時間もそれなりにかかるのが難点です。

ファクタリング

ファクタリングとは、起業したばかりの法人や個人事業主がサービス提供をした瞬間に発生した売掛金からファクタリング会社の手数料を差し引いた金額を、ファクタリング会社から受け取ることです。ファクタリングは法人や個人事業主の信用力には関係なく、信用ある会社に対する売掛金さえあれば利用できます。

売掛金の請求書や自分の個人情報、決算情報などを入力するだけで、即日、あるいは翌日というスピード感で「売掛金 – 手数料」分の金額を即座に調達できます。ファクタリングの手数料は1.0%〜10.0%程度になっており、カードローンやビジネスローンと比べて手数料も低い点も魅力的と言えるでしょう。資金調達に困ったことのある方であれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ファクタリングの種類

本項では、資金調達に困った際にすぐに利用できて便利なファクタリングには、大きく分けて2種類あります。本項では、ファクタリングの2つの種類それぞれについて詳しくご説明します。

2者間ファクタリング

2者間ファクタリングではまず、法人や個人事業主が特定の会社や個人に対してサービスを提供したことによって発生した売掛金をファクタリング会社に売却します。その際に、ファクタリング会社は売却代金を手数料を差し引いて支払います。その後、法人、あるいは個人事業主がサービスを提供した対象から売掛金の支払いを受けます。最後に、法人や個人事業主がファクタリング会社に回収した売掛金を支払います。

2者間ファクタリングの場合、サービス提供をした会社や個人に対してファクタリング会社から連絡がいくことはないので、ファクタリングを利用したことがバレる可能性は低いです。

3者間ファクタリング

3者間ファクタリングは2者間ファクタリングよりもプロセスが複雑です。3者間ファクタリングを利用する場合には、法人や個人事業主がサービスを提供し、売掛金が発生した会社に対して、ファクタリングを利用する「通知」をします。そして、「通知」に「承諾」してもらえることで初めて利用できます。

その後、法人、あるいは個人事業主が売掛金をファクタリング会社に売却し、売却代金が法人・個人事業主に支払われます。最後に、サービス提供を受けていた会社、あるいは個人がファクタリング会社に売掛金を支払うことで取引が完了します。

ファクタリングのメリット

あまり知られていない資金調達手段であるファクタリングのメリットはどのような点にあるのでしょうか。本項でご説明します。

信用力が低くても利用可能

ファクタリングは、信用力が低い法人や個人事業主の方であっても、売掛金さえあれば利用可能です。もちろん、信用力が低い場合はいきなり多額のファクタリングを利用することはできませんが、それでも少額であれば利用しやすいです。まだ決算を一度もしていない方であっても利用できます。

一方、融資や補助金などの場合、信用力が低い法人や個人事業主の方は門前払いされるケースも多いでしょう。

融資ではないので返す必要がない

ファクタリングは、融資のように返済する必要がありません。3者間ファクタリングでは、売掛金を売却して資金を調達してしまえば、後はサービスを提供した会社がファクタリング会社に売掛金を支払うだけです。ファクタリングを利用した法人や個人事業主は、その後の返済で頭を悩ます心配はありません。

一方、2者間ファクタリングの場合には、売掛金を受け取ってからファクタリング会社に支払う必要がありますが、売掛先が支払わなかったために売掛金を受け取れなかった場合には支払い義務は発生しません。

信用情報に残らない

法人や個人事業主がファクタリングを利用したとしても、利用した情報は信用情報機関に記録されない点がメリットです。信用情報機関に記録されなければ、取引先や関係者に資金不足で困っていたことを知られる恐れもなく、安心して利用できます。

他方、カードローンやビジネスローンを利用する場合、信用情報機関に記録され、返済の遅延などが重なっていくとブラックリストに載ってしまう可能性もあります。そのため、信用情報を気にされる方はまずはファクタリングの利用を検討してみるといいでしょう。

すぐに資金調達できる

ファクタリングの場合、最短・即日で資金調達が可能です。ファクタリングを利用される方の多くは「即日」資金を必要とされる方が多く、実際に多くの方がその日のうちに資金調達を実現されています。

一方で、融資や補助金、クラウドファンディングなどの場合、平気で1ヶ月程度はかかることもありますので、なるべく早く資金調達したい方にはファクタリングをおすすめします。

手数料もそこまで高くない

ファクタリングの手数料は1.0%〜10.0%程度と、融資などと比べても比較的安い水準です。素早く資金調達できるうえ、これだけ低い手数料で提供されている資金調達手段は、ファクタリングが唯一でしょう。

「即日」といったスピード感で安く資金調達したい方は、ファクタリングを利用してみてください。

ファクタリングのデメリット

本項では、ファクタリングのデメリットをご紹介します。

売掛金の範囲内でしか利用できない

ファクタリングは、売掛金を売却して資金化する方法ですので、売掛金の範囲内でしか利用できません。そのため、売掛金以上の資金調達をしたい方にはファクタリングは不向きです。

売上の増加に伴い売掛金が増えてくれば、ファクタリングであっても徐々に多額の資金調達が可能になります。

取引先に知られる可能性

とくに3者間ファクタリングの場合には、取引先にファクタリングの利用を知られてしまう恐れがあります。取引先にファクタリングを利用していることが知られると、法人や個人事業主の信用にも響くことにもなりかねません。

そのため、取引先にファクタリングを利用していることが知られたくない場合には、3者間ファクタリングよりも2者間ファクタリングを利用することをおすすめします。

「ビートレーディング」の特徴

ファクタリングは多くのメリットを持つ資金調達手段です。数あるファクタリング会社のなかでも、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの両方を利用できるユニークなファクタリング会社が、「ビートレーディング」です。

「ビートレーディング」は最短即日で資金調達可能、手数料も2%〜という低手数料で利用可能です。多くの顧客から信頼されている証拠に、月間約800件の利用者と契約を結んでいます。

上記2つ以外にも、「注文書ファクタリング」、「診療報酬債権ファクタリング・介護報酬債権ファクタリング」、「協業サービス(電債オプション・Beトレペイメントetc)」などがあり、中でも業界初となる「注文書ファクタリング」は、請求書が発行される前の受注段階でファクタリングサービスを利用できる画期的なシステムもあるのが特徴です。

また、ホームページから見積依頼で簡単に気になることを問い合わせができたり、審査通過率も98%という実績です。業界でもトップクラスの業歴によって培われたノウハウで寄り添ったご提案・フォローをしてくれるのも特徴の一つでしょう。

創業1年未満の法人や個人事業主の方であっても、売掛金さえあれば利用可能なので、資金に困っている法人や個人事業主の方はぜひ利用してみてください。

起業したばかりで困っている方はファクタリングを使おう

法人や個人事業主が起業したばかりのときに一番困るのは、やはりお金の問題です。いざというときに資金調達できる手段を知っておかなければ、事業の継続だけではなく、生活さえも危ぶまれてしまいます。

融資や補助金などの手段もありますが、意外と知られていないファクタリングは、起業したばかりの法人や個人事業主の方におすすめの資金調達手段です。

とくにおすすめなファクタリング会社が「ビートレーディング」。手数料は2%〜で、最短5時間で入金可能。急な出費で「お金がない」と困っている方は、ぜひご利用を検討されてみてください。

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ