【12/14開催】「ICTイノベーションフォーラム2022」

event

総務省は「ICTイノベーションフォーラム2022」の開催を発表しました。

「ICTイノベーションフォーラム2022」は、未来を拓くイノベーションの創出を図るため、最新の研究開発動向や、新たな研究開発施策の検討状況、研究開発課題の成果を発表するフォーラムです。

開催日時:2022年12月14日(水)13:00~18:20
開催形式:オンライン(参加費無料)
参加方法:事前申込制(先着400名)
主催:総務省

近年のAI技術などの先端技術は、非連続的な(飛び地的な)成長をしているといわれ、専門的な知識を持つ者でもその成長を予測できないことがあります。

2025年までに日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が成功しなければ最大12兆円/年の経済損失が発生する可能性があるという経済産業省の指摘など、国内ではDX・デジタル化の重要性について叫ばれています。

これは、今までのテクノロジーの発展とは異なり、これまでに経験したことがないほど社会・産業構造を変えるものであるという認識からきています。

起業家・経営者は必ずしもテクノロジーの専門家ではありませんが、今後はテクノロジーの利活用がビジネスにとって必要不可欠になる時代が来ます。そのため起業家・経営者は最新のテクノロジーについても知っておくことが重要です。

「ICTイノベーションフォーラム2022」など、最新のテクノロジーや研究開発について知ることができる無料のオンラインイベントはいくつかあるので、機会があれば参加するのもよいでしょう。

デジタル化の推進やコロナ禍もあり、近年は新たなシステム・ツールを導入する機会が増えました。こうしたシステムは効率化にもつながるため、創業期は積極的に導入し、効率的な業務環境を構築することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ ICT ICTイノベーションフォーラム2022 フォーラム 総務省
詳細はこちら

ICTイノベーションフォーラム2022

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

孫の動画・写真をテレビで見られる「まごチャンネル」提供の「チカク」が5億円調達
2021年4月6日、株式会社チカクは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートフォン・アプリで撮影した動画・写真をテレビに直接送信し、離れた家族と共有できるサービス「まごチャンネル…
【12/21開催】「全国中小企業クラウド実践大賞」
2022年12月21日に、総務省共催の「全国中小企業クラウド実践大賞」が開催されます。 「全国中小企業クラウド実践大賞」とは、新規事業創造、収益力向上、経営効率化を実現する中小企業のクラウド活用・DX…
AIシステムのトータル開発を手掛ける「Archaic」とICTサービス・プロバイダーの「ファンリード」が業務提携
2020年10月13日、株式会社Archaicは、株式会社ファンリードと、2020年10月1日に業務提携したことを発表しました。 Archaicは、AIシステムのトータル開発や、様々な領域へのAI応用…
介護ソフト・システムの検索・比較プラットフォーム「介護のコミミ」を運営する「Giver Link」が2.5億円調達
2022年12月7日、株式会社Giver Linkは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Giver Linkは、介護ソフト・システムの検索・比較プラットフォーム「介護のコ…
医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」など医療ICT事業を展開する「アルム」が247億円調達
2022年7月5日、株式会社アルムは、247億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ディー・エヌ・エーと、株式会社西武リアルティソリューションズです。 アルムは、以下のサービス…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ