「KANSAI DX AWARD 2024」 DX推進に取り組む関西企業を表彰(7/19締切)

event

2024年5月7日、近畿経産局は「KANSAI DX AWARD 2024」の開催を発表しました。

DX推進に先進的に取り組む関西企業を表彰するイベントです。

総合的に最も評価の高い企業に対してグランプリを授与するほか、総合的に評価の高い企業については、大企業部門と中堅・中小企業部門にそれぞれ金賞を授与します。

また、ICTを利活用し、地域の魅力向上・活性化につながるDXの取り組みに対し、近畿総合通信局長賞、地域経済の活性化に貢献し、地域のモデルとなるようなDXの取り組み対して、近畿経済産業局長賞を授与します。

2024年10月下旬、大阪市内での開催を予定しております関西デジタル・マンスイベント内において、表彰式および取り組み事例紹介を実施する予定です。

概要

募集対象:DXの取り組みを行う関西の企業(自薦・他薦含め募集)
表彰の種類:
・グランプリ
・金賞(大企業部門)
・金賞(中堅・中小企業部門)
・近畿総合通信局長賞
・近畿経済産業局長賞
募集期間2024年5月20日(月)~2024年7月19日(金)


DXは、データとテクノロジーの巧みな活用によって、企業や組織を根本から変革し、競争優位性を確立する革新的な取り組みです。

近年、AI、IoT、ロボットなどの先進技術が急速に進化しています。これらのテクノロジーを採用することで産業界では革新が生まれています。そしてこの動きは、先端技術のさらなるは点に伴い、加速していくことが見込まれています。

このようにDXは世界的な潮流となっており、その対応の遅れは国際競争力の低下につながるものとして認識されています。

日本はDXの遅れが経済界の課題として指摘されていましたが、経済産業省の「DXレポート2.2(概要)」によれば、近年は着実にDXが進展しているとされています。

しかしながら、DXは単なる業務効率化や生産性向上を目指すものではなく、デジタル産業の確立に向けた根本的な変革が求められています。近年のデジタル投資の内訳においては、「既存ビジネスの維持・運営」に約8割が割り当てられており、企業成長にDX投資が十分に反映されていないとの指摘があります。

このような状況の中で、優れたDXの取り組みを広く知らしめることは、多くの企業にとって模範となり、企業成長につながる重要な要素となっています。

近年のテクノロジーの発展は、業務に革新をもたらしています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

また、設備投資には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ DX ICT KANSAI DX AWARD 2024 イベント グランプリ デジタルトランスフォーメーション 中小企業 企業 利活用 地域 地域経済 大企業 活性化 表彰 関西
詳細はこちら

KANSAI DX AWARD

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

2024年度「新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」(新エネ中小・スタートアップ支援制度)公募
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2024年度「新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」(新エネ中小・スタートアップ支援制度)の公募について発表しま…
【東京都】「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業」補助金
東京都中小企業団体中央会は、令和6年度「明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業」の第1回募集について発表しました。 都内産業の活性化に向け、受注型中小企業(下請企業)の技術・経営基盤の強化を図るため、中…
【3/16開催】JIPDECセミナー「クラウド時代のセキュリティ認証・インボイス制度・DXへの取組み~企業IT利活用動向調査2023報告~」
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、「クラウド時代のセキュリティ認証・インボイス制度・DXへの取組み~企業IT利活用動向調査2023報告~」の開催を発表しました。 JIPDECと株…
地域ビジネスのための顧客データ収集・連携・活用プラットフォーム「Horai」提供の「scheme verge」が資金調達
2022年5月10日、scheme verge株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社サンケイビルと、三菱UFJキャピタル株式会社が運営するファンド(三菱UFJキャピタル…
近鉄グループが20億円規模のコーポレートベンチャーキャピタル設立へ
平成30年6月26日、近鉄グループホールディングス株式会社は、近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社を設立することを発表しました。 ベンチャー企業に対する投資や協創推進を行うコーポレートベンチャーキャピタ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】