注目のスタートアップ

PRと顧客体験を基軸としたマーケティング支援の「マテリアルグループ」とスタートアップ広報の専門家集団「PRAS」が資本業務提携

company

2022年11月1日、マテリアルグループ株式会社は、株式会社PRASと、資本業務提携契約を締結し、株式を取得したことを発表しました。

マテリアルグループは、グループ会社を通じ、主にマーケティングに関連する各種事業を展開しています。

「グループ企業」
・株式会社マテリアル:ストーリーテリングを基軸としたマーケティングコミュニケーションの提供
・株式会社CONNECTED MATERIAL:PR情報検索サイト「CLOUD PRESS ROOM」の運営や広報支援人材紹介事業
・株式会社フリップデスク:Web接客ツール「Flipdesk」、チャットボット「Cross Talk」、CDP「Data Union」の提供を中心としたマーケティング支援事業
・株式会社ルームズ:映像コンテンツ中に商品・サービスのブランドイメージを露出させるプロダクトプレイスメント事業

PRASは、スタートアップを中心とした広報・PR支援事業を展開しています。

PRASがグループにおける部門連携のハブとして機能することで、スタートアップ企業の領域の拡充・シェア向上が期待されます。

スタートアップは革新的なプロダクト・サービス・技術を携え、世界を変えるために奮闘しています。

プロダクト・サービス・技術は事業の根幹ではありますが、世に認知され利用されなくてはビジネスとして成り立つことはありません。

起業したてのスタートアップはまだ知名度も実績もなくゼロからのスタートになります。そのため積極的に広報を行い、事業のことを知ってもらう必要があります。

一方でスタートアップはさまざまなリソースが不足しており、広報・PR人材を十分に採用できなかったり、十分な予算を出すことができなかったりすることもあります。

そのためスタートアップの広報・PRでは、もっとも効果が高いと考えられる施策に絞って実行することが必要になります。

もちろんスタートアップは多くの場合、広報・PRに関するノウハウが不足しているため、広報・PRを専門とする企業に依頼することが重要となってきます。

中小企業やスタートアップは、社会的認知度を向上させることや、特定のターゲットに情報を届けることが非常に重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「広報手帳」では、少人数・低予算でも実施できる、効果的な広報のノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CONNECTED MATERIAL PR スタートアップ ストーリーテリング フリップデスク プロモーション マーケティング マーケティング支援 マテリアル ルームズ 広報 株式会社 資本業務提携 顧客体験
広報手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

荷物預かりサービス「ecbo cloak」や宅配物受け取りサービス「ecbo pickup」を運営する「ecbo」が資金調達
2023年6月2日、ecbo株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ecboは、荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」や、宅配物受け取りサービス「ecbo picku…
オーディオブックサービス「audiobook.jp」を運営する「オトバンク」と「日本出版販売」が資本業務提携に合意
2023年4月25日、株式会社オトバンクは、日本出版販売株式会社は、資本業務提携について合意したことを発表しました。 オトバンクは、オーディオブック配信サービス「audiobook.jp(オーディオブ…
中小企業向けシステム受託開発事業などを展開する「みんなシステムズ」が3,500万円調達
2022年9月1日、株式会社みんなシステムズは、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 みんなシステムズは、中小企業向けシステム受託開発事業や、CtoC向け手紙サービス「eiffe…
「i-nest capital」が知的財産権を可視化・収益化するインテリジェンスデータプロバイダー「IPDefine」に出資
2022年12月5日、i-nest capital株式会社は、IPDefine株式会社への投資を実行したことを発表しました。 IPDefineは、知的財産権の本来価値の可視化と有効活用のための技術開発…
独自の免疫測定技術を活用したPOCT向け免疫センサーデバイスを開発する「イムノセンス」が5億円調達
2023年2月2日、株式会社イムノセンスは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 イムノセンスは、大阪大学産業科学研究所・民谷特任教授が開発した、免疫反応と電気化学反応を組み合わせた免疫…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】