CO2モニターやIoT開発クラウド提供などの「cynaps」がきのこ栽培遠隔管理システム「Mushview」をリリース

tips

2021年7月6日、cynaps株式会社は、「Mushview」を開発し、顧客農家に納入し稼働開始済みであることを発表しました。

「Mushview」は、きのこ栽培施設向けの遠隔管理システムです。

きのこを栽培しているハウス内の環境(温度・湿度・大気中成分・明るさ・換気状況・排水状況など)を常時モニタリングすることができます。

複数ハウスの状況を遠隔で一元管理できるほか、主要な設備の稼働も制御することができます。

センサーの選定・配置の最適化や、データ処理とUI/UX制作にcynapsの他プロダクトを転用することにより、低コスト化を実現しています。

今後「Mushview」を全国のきのこ栽培事業者向けに販売を強化していくほか、「Mushview」の技術・ノウハウをきのこ以外の農作物に展開するため研究開発を推進していく予定です。

cynapsはほかに、二酸化炭素濃度計「hazaview」や、CO2センサー「CO2みるみる」、IoT開発クラウド「Limzero(リムゼロ)」を展開しています。

従来、農業にIoTを導入できるのはそれなりの設備投資ができる中・大規模農家だけでした。

しかし、センシング技術の進展による測定対象・範囲の広がりや、センサーの小型化・低価格化・低消費電力化などの実現により、小規模な事業者でもIoTを導入できるようになってきました。

日本の農業は長期にわたって衰退傾向にあります。

そのためひとつの農家あたりの生産性・収益性の向上が必要です。

IoTやテクノロジーを活用したスマート農業は生産性・収益性の課題を解決するものであるため、今後もさらに市場が拡大していくことでしょう。

IoTは農業だけでなく、様々な領域で活用され、人手不足の改善や生産性・収益性の向上に役立っています。。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ CO2 cynaps hazaview IoT Limzero Mushview アグリテック きのこ クラウド システム スマート農業 センサー モニタリング リムゼロ 一元管理 株式会社 栽培 管理 農家 遠隔 開発
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ビジネス界におけるプロ契約サービス「CARRY ME」運営の「Piece to Peace」が資金調達
2020年3月16日、株式会社Piece to Peaceは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サッカー選手である本田圭佑氏が創業したHONDA ESTILO株式会社です。 Piece…
「第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」でナレッジ共有ツール「Qast」が「新型コロナ対応賞」を受賞
2020年12月1日、any株式会社は、2020年11月17日に開催された「第4回 社会課題の解決を支えるICTサービス大賞」において、「Qast」が「新型コロナ対応賞」を受賞したことを発表しました。…
養豚経営支援システムの「Eco-Pork」が資金調達
2019年8月8日、株式会社Eco-Porkは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、リアルテックファンド、株式会社田中衡機工業所、株式会社リバネスです。 モバイル養豚経営支援システム「P…
建築学生向けサービス「BEAVER」運営の「ArchiTech」が3,500万円調達
2021年5月24日、ArchiTech株式会社は、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 建築学生向けに、設計作品共有サービス・建築ソフト学習サービス・就活支援サービスなどを提供…
​ITフリーランスの独立支援サービス「テックビズ」とバーチャル・オフィス「Karigo」がサービス提携
2020年10月20日、株式会社NKC ASIAは、提供する「テックビズPointClub」・「テックビズカード」において、株式会社Karigoが提供する「Karigo」とのサービスの提携を開始するこ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ