注目のスタートアップ

ライバー(配信者)プロダクション事業の「PRIME」が資金調達

company

2021年12月8日、株式会社PRIMEは、資金調達を実施したことを発表しました。

ライバーマネジメント事業を展開しています。

ライブプラットフォームから得られるデータを解析し、その結果をもとにライバーの発掘・育成フェーズから支援を行っています。

2021年11月時点で、6,000人を超えるライバーが所属しています。

今回の資金は、ライバープロダクション事業のさらなる拡大のための人材採用・組織拡大に充当されます。

2020年のライブ配信市場の市場規模は140億円と推定されており、2023年には700億円を超えると予測されています。

特に新型コロナウイルス感染症の流行による巣篭もり需要は大きく、YouTubeなどの動画コンテンツの伸びと連動するようにライブ配信も新調しています。

ライブエンターテイメントでは新型コロナの影響により、リアルの会場でイベントの開催が難しくなったため、オンラインでのイベントの開催が目立ちました。

VRなど最新技術を利用したものもあるほか、観客のアクションがステージに反映されるものなど、新たなライブ体験を提示しています。

また、中国におけるライブコマース市場の拡大は目をみはるものがあり、2017年にはほぼ存在しなかった市場が、2021年には約2兆元(約35.7兆円)というとんでもない市場規模になっています。

ライブコマースとは、ライブ配信によってモノ・コトを売る新たなECの形です。

日本においてもその可能性が注目されメルカリや楽天などが試していましたが、あまり奮わずにサービスが終了してしまいました。

一方、YouTubeにおけるライブ配信のスーパーチャット(投げ銭)については日本は盛況であり、ライブ配信ではコミュニケーションやエンターテインメントにおいて可能性が示されています。

株式会社PRIME 取締役 角田氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社PRIME 取締役 角田氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的はなんですか?

事業成長に向けた人材採用、テクノロジーの開発強化、広告代理店として確固たる博報堂グループとのシナジー

・今後の展望を教えください。

国内ライブ配信マーケットを最大手のプロダクションとして創っていきたいと考えています。
ライバーの方の活躍を支援するより良いサービス、プロダクト開発を目指します。

・読者へのメッセージをお願いします

ライブ配信業界は市場規模もここ数年で2000億以上まで伸びると言われており、実際に4年間事業をやってきてここ最近市場が更に盛り上がっていると感じています。

ユーザーに向き合うことを大事にしており、共感してくださるパートナー企業や・社員の方を募集しています。
本気でユーザーに向き合ったサービス・プロダクト開発をしたい方はぜひご連絡お待ちしています。

動画だけでなくSNSを活用したマーケティングもスタンダードな手法となってきています。「冊子版創業手帳」では、創業期・今後の展望を教えください。におけるSNSやインターネットを活用したマーケティングのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ プロダクション マネジメント ライバー ライブ ライブ動画 ライブ配信 俺の動画 動画 株式会社 資金調達 配信 配信者
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

お金のトレーニング・スタジオ「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が9.5億円調達
2020年10月16日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約9億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ミレニアル世代の女性向けのファイナンス・トレーニング・スタジ…
「かんざし」がオンライン商談・面談サービス「クラウド商談どこでもSHOWBY」をリリース
2021年1月12日、株式会社かんざしは、「クラウド商談どこでもSHOWBY」を2021年1月12日から提供開始することを発表しました。 「クラウド商談どこでもSHOWBY」は、初期費用0円・月額利用…
金融サービス技術・ライセンス基盤「BaaS」提供の「Kipp Financial Technologies」が5億円調達
2021年4月13日、Kipp Financial Technologies株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 金融サービスを開発・運用するための技術・ライセンス基盤「Ba…
「ワンメディア」が4.2億円調達 クリエイター・ネットワーク事業を開始
2019年7月16日、ワンメディア株式会社は、総額4億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、動画クリエイターがデジタル・スクリーンで活躍することができ、評価される仕組み作りに特…
分散型台帳ソフトウェア開発の「Scalar」が資金調達
2020年2月14日、株式会社Scalarは、資金調達を実施したことを発表しました。 分散型台帳ソフトウェア「Scalar DLT」を開発しています。 分散データベース・ソフトウェア「Scalar D…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ