注目のスタートアップ

ロボティクスを活用した小売業向け自動化ソリューションを提供する「ROMS」が12億円調達

company

2022年9月14日、株式会社ROMSは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ROMSは、ロボティクスを活用した小売業向け自動化ソリューションを提供しています。

具体的には、次世代ネットスーパーの店舗併設型自動倉庫であるNFC(Nano-Fulfillment Center)と、超小型無人店舗であるRCS(Robotics Convenience Store)を提供しています。

これらは、ピッキングロボットと自動倉庫により、顧客が注文した商品を自動で搬送・ピッキングし、顧客・店舗スタッフまで届ける仕組みです。

備えつけているタッチパネルから商品を選択し、その場で商品を注文することも可能であるため、無人店舗のシステムとしても活用できます。

すでに都内においてRCSのモデル店舗を展開しており、2022年9月からはKDDI株式会社が運営するau Style SHIBUYA MODI店の併設店舗としてRCSを導入し、フードデリバリープラットフォームの「menu」から注文できるクイックコマースサービスを開始しています。

今後スーパーマーケットを展開する複数の企業へのNFCの導入を予定しています。

今回の資金は、ハードウェア・ソフトウェアエンジニア、事業開発、コーポレートなど、幅広い領域の人材採用、組織拡大、既存モデルの改良や次世代モデルの開発などに充当します。

コロナ以前から小売業では、ECの拡大を背景として、モノが売れないという課題が大きくなっていくことが見込まれています。

またコロナ禍によってさらに消費者の購買行動はオンラインへとシフトしており、小売業は大きなピンチに陥っています。

そのため小売業では、効率化や、新規顧客開拓、ブランドロイヤルティの向上などを実現する必要性が高まっています。

こうしたオンラインシフトに伴い、とくにスーパーマーケットなどの小売業では、マイクロフルフィルメントセンター(MFC)が注目されています。

MFCは、スーパーマーケットなどの店舗・敷地内に、自動化された小型のフルフィルメントセンター(物流拠点)を構築し、オンラインでの注文に対応するという仕組みです。

コロナ禍ではフードデリバリーサービスが普及しましたが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、こうしたフードデリバリーサービスに商品を登録し、デリバリーに対応するという取り組みの例もあります。

一方でこの取り組みは、既存の業務に加えてデリバリー対応業務が増加するため、負担の増加につながっていました。

MFCはこうしたデリバリー・ネットスーパー対応を自動化するため、今後の小売業は重要な設備になっていくと考えられます。

ROMSは、このMFCよりもより小型で柔軟性のあるNFC・RCSを展開しています。

人手不足やコロナ禍による消費行動の変化に対応するため、さまざまな業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ KDDI Nano-Fulfillment Center NFC RCS Robotics Convenience Store ROMS クイックコマース システム スーパーマーケット ソリューション ネットスーパー ロボット ロボティクス 倉庫 商品 小型 小売業 店舗 搬送 株式会社 注文 無人店舗 自動 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

VRイベント「バーチャルマーケット」の開催やVRエンジン提供などXR事業を展開する「HIKKY」が5億円調達
2022年2月8日、株式会社HIKKYは、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社メディアドゥです。また、2021年11月15日に65億円の資金調達を発表しています。 HIK…
保険テックの「justInCase」が10億円調達
2019年12月9日、株式会社justInCaseと、株式会社justInCaseTechnologiesは、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 デジタル・プラットフォームを主戦場…
10代のためのEdTechプログラム運営の「Inspire High」が1.5億円調達
2021年8月31日、株式会社Inspire Highは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 世界中の創造力とつなぐ、10代のためのEdTechプログラム「Inspire …
ホームセキュリティサービスやスマートタウン向け統合サービスなどを展開する「Secual」が資金調達
2022年7月20日、株式会社Secualは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社横浜銀行と株式会社デジタルガレージが共同で設立した投資ファンド「Hamagin DG Innov…
複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」運営の「LX DESIGN」が資金調達
2021年12月1日、株式会社LX DESIGNは、資金調達を実施したことを発表しました。 複業で先生をしたい人と学校をつなぐ「複業先生」を運営しています。 学校や教育施設が、教育に関わりたい多様な民…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ