注目のスタートアップ

つけっぱなしが可能な配管減肉モニタリングシステム展開の「CAST」が4,000万円調達

company

2022年4月4日、株式会社CASTは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

CASTは、熊本大学の研究成果である「ゾルゲル複合体圧電デバイス」技術を活用した耐熱性とフレキシブル性を有する独自の薄型圧電センサーにより、製造業の課題解決を目指す熊本大学認定ベンチャーです。工場向け配管減肉モニタリングシステムや、超音波センサーを開発・提供しています。

工場向け配管減肉モニタリングシステムは、工場の配管に超音波センサーを取りつけることで、工場配管の厚み変化をモニタリングし、腐食などによる管の減肉を検知するシステムです。高温環境下でも壊れないため、常時設置できることを特徴としています。

高温部・狭所などアクセスが困難な箇所のセンシングにより、点検作業のコスト削減、配管やタンクなどの安全確保・交換頻度の減少を実現します。

配管減肉モニタリングシステムは2022年4月より販売開始を予定しています。

今回の資金は、常時モニタリング実証先の確保によるモニタリングシステム開発・設置・運用に充当されます。

設備保全は、設備の故障や性能低下を予防するための業務です。設備によっては1カ所でも不全に陥ってしまうと全体に影響してしまう場合もあるため、設備保全は非常な重要な業務です。

たとえば工場には配管が張り巡らされていますが、漏洩・爆発事故を防ぐためには、検査員による点検が欠かせません。しかし、配管は高温・高所・狭所などの過酷な環境であることも多いため、半年から1年程度の定期検査が主となっています。近年は工場の老朽化や人手不足もあるため、常時モニタリングできるシステムの構築が求められています。

CASTの超音波センサーは薄型であり高温の環境にも耐えうるという特性を持っています。このセンサーを活用した、工場配管など過酷な環境でも常時監視できるモニタリングシステムの提供により、製造業などにおける設備保全業務の課題を解決することを目指しています。

工場ではアナログの計器しか搭載していない機器も多いのですが、リモートセンシングの需要の高まりにより、アナログ計器を自動で読み取りデジタル化するようなIoT製品なども提供され、工場全体のデジタル化に関する取り組みがどんどんと進んでいます。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT インフラ センサー センシング モニタリング リモート・センシング 工場 株式会社 点検 資金調達 配管
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

民泊支援の「matsuri technologies」が資金調達
2021年2月26日、matsuri technologies株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業などを展開しています。 ・民泊向けPMS「m2m Systems」 ・無人チ…
独自開発IoTデバイスを活用したOMOマーケティングなど展開の「アドインテ」が21.25億円調達
2020年6月8日、株式会社アドインテは、総額21億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発したIoT端末「AIBeacon」を活用したOMOマーケティングや、リテール・メディ…
AIでマーケット・インサイトを分析「AIQ」が11億円調達
2020年3月9日、AIQ株式会社は、総額約11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 プロファイリングAIでマーケット・インサイトを分析し、LTVが高い潜在顧客の獲得を実現するサービスを提供し…
VR酔いを防ぐ技術を保有する「UNIVRS」が7,000万円調達
2019年10月8日、株式会社UNIVRSは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 特許出願中の、VR酔いを防止する移動技術を保有しています。 従来のVRコンテンツでは、VR酔…
自然言語AI搭載アド・ネットワーク「CANDY」運営の「スリーアイズ」が資金調達
2020年1月17日、株式会社スリーアイズは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ディノス・セシールです。 自然言語AIを搭載するアド・ネットワーク「CANDY」を開発・運営して…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ