注目のスタートアップ

土木業界向け建設DXサービスを提供する「Malme」が1.7億円調達

company

2024年3月13日、株式会社Malmeは、総額1億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Malmeは、土木業界向け建設DXサービスを提供しています。

設計思想や現場作業性を理解した技術者によるBIM/CIMのトータルソリューション、BIM/CIM内製化支援、建設DXコンサルティングなどを行っています。

今後、基盤であるBIM/CIMの技術をより進化させつつ、構造解析・設計の3次元化や、技術継承を目的としたAI活用に注力していく方針です。

現在、土木設計を自動化するアプリケーション「Structural Engine」や、AIを活用した技術継承システムを開発しています。

今回の資金は、これらDX事業の拡大・深化や、新規事業の加速に充当します。


土木は工事やインフラ整備において必要不可欠な存在です。

とくに日本は自然災害が多い国であることから、防災に資するインフラ整備だけでなく、災害からの復興といった意味でも重要性の高い業界であり、今後も継続的な需要が見込まれています。

一方で土木業界は、人手不足、高齢化、後継者不足、老朽化したインフラといった課題に直面しています。

土木業界は就職率が低く、さらに退職率も高いというデータがあります。そのためせっかく人材を確保できたとしても退職によって人材を失ってしまっているという現状があります。

また、若年層が定着せず、後継者不足に陥っていることも深刻な問題です。土木業界は技術の重要性が高い業界です。したがってベテラン技術者の技術を次世代につなげていくことが求められます。後継者不足は土木業界全体の技術水準の低下につながる問題として対策が求められています。

こうした中、土木・建設業界では積極的なテクノロジーの活用やデジタル化による業務の変革、いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)が進められています。

とくに注目されている技術がBIM/CIMです。BIM/CIMとは、コンピューター上に現実と同じ建物などの3次元モデルを立ち上げ、各部材の仕様・サイズをはじめ、設計から施工までの各工程において必要な情報を可視化・管理するシステムです。

Malmeは、土木業界におけるBIM/CIMの導入・活用やソリューションの提供を行い、業界の課題解決に貢献しています。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BIM BtoB CIM DX DXコンサルティング Malme ソリューション デジタルトランスフォーメーション デジタル化 内製化 土木 建設 株式会社 業界 設計思想 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

完全会員制ショッピングサイト「SECRET MALL」や法人向けギフトカードECサービス「AOYAMA GIFT SALON」を展開する「AoyamaLab」が資金調達
2023年7月26日、株式会社AoyamaLabは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、コンサルティング事業、フリーランスのエンジニアやコンサルタント向けプロジェクト案件紹介事業などを⾏…
士業・管理部門特化型の転職支援サービス「最速転職 HUPRO」を運営する「ヒュープロ」が3億円調達
2022年11月9日、株式会社ヒュープロは、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ヒュープロは、士業・管理部門特化型の転職支援サービス「最速転職 HUPRO」を運営しています。 自社開…
美容従事者向け複合型シェアサロン「SALON VILLAGE」運営の「WBP」が資金調達
2021年11月15日、株式会社WBPは、資金調達を実施したことを発表しました。 美容従事者(美容師、ネイリスト、アイリスト、エステティシャン)向けの複合型ビューティーシェアサロン「SALON VIL…
AIを活用した次世代電話カスタマーサポートツールを開発する「StyleAI」が2,000万円調達
2023年10月27日、StyleAI株式会社は、総額2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 StyleAIは、AIを活用した次世代の電話カスタマーサポートツール「CSNext」を開発…
体重測定できるバスマット「スマートバスマット」を展開する「issin」が5.3億円調達
2023年1月19日、issin株式会社は、総額5億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 issinは、体重測定できるバスマット「スマートバスマット」を開発・販売しています。 見た目…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】