注目のスタートアップ

届けたい情報を必要とする人のもとに届けるための自動化プラットフォーム「Ecomedia」開発の「Scalably」が資金調達

company

2022年3月2日、Scalably株式会社は、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

誰かが発信するエコシステム情報を、届けたい人々に伝え続けるための自動化プラットフォーム「Ecomedia(エコメディア)」を開発しています。

情報を発信したい側は、公式アカウント(ブログ、Telegram、Discord公式アナウンス)から情報発信することで自動的に翻訳され配信されます。これにより世界各国へのPR・IR活動のコストの削減とスピーディな情報発信を実現します。

情報を得たい側は、産業分野や特定企業などを選択することで、特定の情報がニュースメディアのように一斉表示され、自身の言語に翻訳された状態で読むことができます。

一次情報を収集できる国際的なコミュニティの形成だけでなく、個人が情報発信のみで生計を立てていくためのエコシステムの構築も目的としています。

「Ecomedia」のローンチは2022年3月を予定しています。

今回の資金は、人材採用や、プロダクト開発に充当されます。

インターネットには膨大な量の情報が眠っており、企業活動における情報収集では必要不可欠なものとなっています。また、多種多様な人びとをつなぐものでもあり、情報発信の手段としてもなくてはならないものです。

一方で、インターネットのあまりの広大さは、望んだ情報を見つけることが難しいという課題を生んでいます。また得られた情報が信頼できるものであるかどうかも見極める必要があるため、企業や組織では一次ソースにあたることが重要であるという考えが浸透しています。

しかし一次情報は、SNS、公式ホームページ、ブログ、プレスリリースサイトなどに分散しており、情報収集に負荷がかかっています。また、海外発の一次情報にあたる際はさらに負担が大きく、これが効率化・最適化されれば多くの企業・組織が助かることはいうまでもありません。

「Ecomedia」は、企業・組織・個人の様々なチャネルからの情報発信を一元化し自動で翻訳して配信することで、国境を超えた情報発信/収集を効率化することを目的としています。

また、コミュニティで収入を得たり、資産を構築する人を増やすことができるプラットフォームとして成長させることも目指しています。実現されれば既存のネットメディアを完全に代替する可能性もあり、今後の動向に注目が必要です。

信頼できる情報は起業においても武器となります。「冊子版創業手帳」では、起業家・専門家の生の声から情報を精査し、本当に使える起業ノウハウだけを掲載しています。無料で入手できますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IR PR エコシステム コミュニティ プラットフォーム メディア 情報 情報収集 情報発信 株式会社 翻訳 自動化 自動翻訳 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

需要者と供給者を直接マッチングする木材プラットフォーム「eTREE」運営の「森未来」が8,000万円調達
2021年10月6日、株式会社森未来は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 いつでも簡単に適正価格の木材を購入できるプラットフォーム「eTREE(イーツリー)」を運営しています…
電力卸売スタートアップ「エナジーグリッド」が18億円調達
2022年3月7日、エナジーグリッド株式会社は、総額約18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 旧一般電力電気事業者や商社から、電力をまとまったボリュームで調達し、新電力会社に小分けにして販売…
スタートアップ企業向けグロース支援プログラム「RAPID GROWTH PROGRAM」が提供開始
2021年11月11日、株式会社Bloom&Co.は、「RAPID GROWTH PROGRAM」を本格的に提供開始することを発表しました。 「RAPID GROWTH PROGRAM」は、ジャフコグ…
専門知識を持つ有識者をマッチングし時間単位で知見を提供する「アーチーズ」が1.8億円調達
2021年12月16日、アーチーズ株式会社は、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 専門知見を有する有識者を探し出し時間単位で知見提供を行うサービス「エキスパートナレッジシェ…
IT・デジタル領域でクリエイティブやデジタル・マーケティング事業を展開する「monomode」が資金調達
2020年11月2日、株式会社monomodeは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社北海道二十一世紀総合研究所が運営する「北洋SDGs推進ファンド(北洋SDGs推進投資事業有限…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ