注目のスタートアップ

企業間海外決済プラットフォームを展開する「RemitAid」が6,000万円調達

company

2022年9月13日、株式会社RemitAidは、6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

RemitAidは、法人用クレジットカードを用いた国際決済プラットフォーム「RemitAid」(β版)を提供しています。

請求書と連携することで支払いの情報をオンライン化し、海外取引先への振込をノーリスク・簡単に実行できるようにする決済プラットフォームです。

法人カードを利用することでキャッシュフローの課題を解決し、さらに未回収リスク・商品不着リスクを排除します。

今回の資金は、開発リソースの強化、販売・マーケティングの強化に充当します。

海外との取引では買い付けた商品が実際に手元までくるまでに時間がかかります。

代金の決済と商品の引き渡しにタイムラグが生じるため、前払いだと輸入者が商品を受け取れない可能性、後払いだと輸出者が代金を受け取れない可能性といったリスクにさらされます。

このリスクを防ぐため、輸出者と輸入者が初めて契約する取引ではL/C(Letter of Credit:信用状)という決済手段を利用することが一般的です。

L/C取引では、輸入者と輸出者の間に、国内の銀行と現地の銀行の2行が介し、それぞれの銀行が輸出品の代金の支払い、商品の輸送を確約することで安全な取引を実現します。

しかしL/C取引は、取引に時間がかかる、銀行への手数料がかかるといったデメリットを抱えています。

RemitAidは、この海外取引の課題を解決するため、法人カードを利用した海外決済プラットフォーム「RemitAid」を提供しています。

株式会社RemitAidのコメント

このニュースを受けまして、株式会社RemitAid 代表取締役 小川裕大氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

プロダクトの開発・改善の速度をあげるため。

・今後の展望を教えてください。

まずは、目の前のお客様の課題解決に注力します。

海外企業とのお取引において最も利用しやすいサービスを目指し、プロダクトの改善を続けて参ります。

改善のプロセスの中では、周辺領域で事業を展開している企業様とも連携も必須になってくると考えています。

お客様への価値提供の結果として得られれた信用情報を活用し、今後事業を拡大していければと考えております。

・読者へのメッセージをお願いします。

日本経済の今後の成長のため、海外企業との取引は必要不可欠です。

私たちは決済の領域で、海外企業との取引のハードルを下げる努力を続けて参ります。

輸出入や海外決済のことでお困りの企業様はぜひお気軽にお声がけいただけますと幸いです。

法人カードは決済に使えるだけでなく、会計ソフトと連携することで仕訳の効率化を実現するなど業務効率化に役立つものでもあるため、リソースの足りない創業期では大きな助けとなってくれるかもしれません。「冊子版創業手帳」では、法人カードの活用法や、おすすめのカードについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ RemitAid キャッシュフロー クレジットカード プラットフォーム リスク 取引 支払い 株式会社 決済 法人 法人カード 海外 海外取引 海外決済 請求書 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データ分析・可視化のコンサルティングサービス提供の「データビズラボ」が1.5億円調達
2021年6月1日、データビズラボ株式会社は、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 顧客企業の、デジタル戦略設計フェーズから、データ分析・可視化、社内推進までを伴走支援する…
人の心と思考を探索する並走型・探索型リサーチ「Insight Research」が提供開始
2022年6月15日、株式会社グッドパッチは、「Insight Research(インサイトリサーチ)」の提供を本格的に開始することを発表しました。 「Insight Research」は、人を起点と…
自動動画編集AIを開発する「レイワセダ」が法人化
2022年6月13日、レイワセダ株式会社は、2022年6月10日に法人化したことを発表しました。 レイワセダは、2019年に立ち上げたグループ「レイワセダ」が前身で、動画編集を自動化するソフトウェアを…
建設・土木の生産支援クラウド提供の「フォトラクション」が7.6億円調達
2021年8月25日、株式会社フォトラクションは、総額7億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フォトラクションは、建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラク…
「Lbose」運営の新規事業開発チーム「ATTEND biz」が「ヒトバデザイン」と共同で働く場所の記録共有サービスをスタート
2021年1月18日、株式会社Lboseは、運営する新規事業開発チーム「ATTEND biz(アテンドビズ)」と、株式会社ヒトバデザインが共同で、「SMART WORK KIT(スマートワークキット)…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ